XL振興会

斜陽と落日。
崩壊と決壊。
どこを見てもそう映る。
しかし。
けれども。
XLは失墜にあらず。
ひと足お先にディスコンになったことが生死を別けたか。
死んだように見せて。
死なない。
まだ死んでない。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1323181.jpg
c0093101_1324119.jpg
c0093101_1324633.jpg
c0093101_1325440.jpg
c0093101_1345642.jpg
c0093101_135017.jpg
XLはディスコン。
プリズムレンズは存在しない。
実際古い。
Radarに至っては何年前のサングラスなんだ。
という具合。
しかし。
装着していてどうだろう。
古さはあるだろうか。
そこがRadar系のシンプル系の定番感が成せる業。
左様。
ディスコンであってオワコンではない。
そして、ディスコンなので。
新しいモノの価値が下がる一方のいま。
古いモノの価値は下がることを知らず。
そこにリスペクトがある。








.
by astronautics | 2016-11-15 23:50 | XL振興会
<< つけめんと云う食べ物 パクリとパロディにおける冷静と... >>