機材を選ぶということ

eTAPを導入して何ヶ月が経ったのだろう。
って、1ヶ月しか経ってないってか。
まだね。
そこでわたしは気付いてしまった。
このコンポーネントはレース機材。
SRAMのなかでも最もレース寄りと傾いていると感じた。
他のヒトはどうか知らないが。
わたしはね。
そう思ったんだよ。
c0093101_18134172.jpg
c0093101_18142812.jpg
c0093101_18131933.jpg
c0093101_18143636.jpg
c0093101_18144337.jpg
c0093101_18145058.jpg
誰に何ヲ云われようと。
何ヲ思われようと。
好きに組んだらいい。
どんな自転車でも。
あらゆるフレームに。
このeTAPは対応してしまう。
どのフレームにも寄生してしまう。
そこで、わたしはレース機材だと思っただけ。
そこにリスペクトがある。










.
by astronautics | 2016-12-13 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 爆発するカスタムシューズの世界 こんな時代だからこそのドメスティック >>