機材を選ぶということ

わたしは気付いた。
気付いてしまったからには組み替えの手の進行速度を抑えることができない。
其れは思いか。
はたまた実際の行動か。
ワイヤーの類いは消耗の前に廃棄の憂き目に遭おうとも。
其れはやむなし。
サイの角のようにただ独り歩め。
c0093101_18281276.jpg
c0093101_18265354.jpg
c0093101_18264819.jpg
c0093101_18271238.jpg
c0093101_18281225.jpg
eTAPははじめは旗艦に装備させた。
ロングツーリング巡航艦に電気システム導入でハイテクと牧歌的な雰囲気を同時に両立させようとしたものの。
どうやらミスマッチだったようだ。
eTAPは完全にレース機材のレース用。
使ってみて其れを確信したからにはレースバイクに組み替えるしかない。
そこにリスペクトがある。







.
by astronautics | 2016-12-19 23:50 | 自転車とヨシダ
<< なにをいまさら、ミーのカー 解決の糸口 >>