仕様

ロードにもディスクブレーキ仕様という決定的な違いが出てきたものの。
其れ以外の種類で云えばあまり差は無い。
許容するタイヤ幅とか。
ブレーキの位置。
FDの付き方とか。
ジオメトリー。
ほんとうに細かいハナシになると思うんだけれど。
シクロクロスはそういう意味では種類が多い。
c0093101_1627964.jpg
c0093101_1627762.jpg
c0093101_1627484.jpg
c0093101_1627237.jpg
c0093101_1627017.jpg
カンチブレーキに。
ディスクブレーキ。
ディスクブレーキであればポストマウントとフラットマウント。
スルーアクスルにクイックリリース。
ポストマウントとフラットマウントは単純にブレーキキャリパーの形状違いかと思いきや。
ブレーキキャリパーが付く位置が違うことがあるためにブレーキホースの取り回しまで変わって来るので注意が必要だ。
そうでなくともダウンチューブを通るのか、トップチューブを通るのか。
個人的にはシクロクロスのケーブル類はやはりトップチューブからで統一したほうが美しいと思う。
多分、ダウンチューブに統一すると若干短くなって軽量化に寄与できると思うのだけれども。
けども。








.
by astronautics | 2017-08-03 23:50 | 自転車とヨシダ
<< これはマグロの820 数あるお好み星のなかで >>