2017年 05月 04日 ( 1 )

自転車の素材

其のムカシ。
自転車雑誌にあった記事をおぼえている。
スチールの素材も年々進化しているから将来的にはカーボンを凌駕するようなパイプも出てくるのではないだろうか。
其れから10年しないうちに記事は当たりの予言になった。
そこにリスペクトがある。
c0093101_196830.jpg
c0093101_1961075.jpg
c0093101_1961393.jpg
c0093101_1961956.jpg
c0093101_1963829.jpg
確かに。
未だカーボンを凌駕するほどの素材ではないのかもしれない。
けれども、もう其の存在感は完全にカーボンを凌駕しているといってもいいのかもしれない。
だからといってカーボンがまったくダメとか魅力が無いというわけではなくて。
フォークは間違い無くカーボンでないと駄目だろうと思う。








.
by astronautics | 2017-05-04 23:50 | 自転車とヨシダ