2017年 05月 22日 ( 1 )

機材を選ぶということ

色は難しい。
もちろんオーナーの好み。
というわけでこの自転車の場合はわたしの好みになるだろう。
しかし、其の好みを具体化して創造しなければならないとなるとハナシは別。
千夜一夜のときがながれて夢にまで出る。
うつつのときの鼻歌しらべ。
これが楽しい時間と云うヒトも居るが。
これは熱心にまかせて考えるのではなく。
自然と。
欲しい。
そういうときを待つものであるとわたしは思った。
そこにリスペクトがある。
c0093101_15441883.jpg
c0093101_15442459.jpg
c0093101_15442633.jpg
c0093101_15443440.jpg
c0093101_15444534.jpg
c0093101_15444818.jpg

たかが自転車。
されど。
ナントヤラ。
そこにリスペクトがある。










.
by astronautics | 2017-05-22 23:50 | 自転車とヨシダ