2017年 08月 31日 ( 1 )

最近の担々麺事情

流行の担々麺の門を叩くといつもコレだ。
山椒効き過ぎ。
気のせいだろうか。
其れはうま味というよりは刺激を求めているような料理。
食後感に幸福な満腹感というよりは劇物を食したあとのなんとも悪い気分が支配する。
きっと合わないのだろう。
心からそう思った。
そこにリスペクトがある。
c0093101_18104468.jpg
c0093101_18104720.png
c0093101_1810424.jpg
c0093101_18103973.jpg
スパイスや香草類。
イマドキはなんでもドカ盛り、バカ盛り、マシマシというような過剰なくらいがウケが善いのだろう。
外食とはエンターテイメント性も否定できないわけだから。
美味くなくともそういう刺激の多いモノのほうがおもしろみはあるのかもしれない。
しかし、其れはやはり王道では無し。
そう思うわけです。









.
by astronautics | 2017-08-31 23:50 | グルマンヨシダ