カテゴリ:自転車とヨシダ( 755 )

これはマグロの820

はじめは冗談かと思った。
わたしが手にした820はタッチパネルの感度が悪い。
はじめの設定のときにはあまり気にならなかったものの。
使い出すとページのスクロールすらおぼつかない。
820は地図にするとオートで拡大したりするから、オイオイと思い元の縮尺に戻そうとするとタッチパネルが反応せずにメーターと格闘。
こ、これは、マグロの820。
最終的には電源すら切れなくなってしまうなんて。
以前に購入していただいたカスタマーの820と念のため比較してこれは不良品と断定すると直ぐに送り返した。
しばらくして交換品が届いたわけだけど、使い慣れた810ばかり使っていたのだけど八戸で水没。
充電はできるけれど電源を入れることができなくなって?820の出番が来た。
交換品が来て2か月は経過していたかもしれない。
c0093101_1864035.jpg
c0093101_1863825.jpg
820。
今度はマグロではない。
これをマグロというならば其れは海の中のマグロだろう。
比較的、スイスイと行く。
タッチパネルの感度も調整できるようになっているのだけど感度はマックスに。
そして地図の勝手な縮尺調整はオフにして。
このメーターは快適になった。
地図の表示が変わっていて、これまた慣れるのに時間がかかりそうだけれど。








.
by astronautics | 2017-08-04 23:50 | 自転車とヨシダ

仕様

ロードにもディスクブレーキ仕様という決定的な違いが出てきたものの。
其れ以外の種類で云えばあまり差は無い。
許容するタイヤ幅とか。
ブレーキの位置。
FDの付き方とか。
ジオメトリー。
ほんとうに細かいハナシになると思うんだけれど。
シクロクロスはそういう意味では種類が多い。
c0093101_1627964.jpg
c0093101_1627762.jpg
c0093101_1627484.jpg
c0093101_1627237.jpg
c0093101_1627017.jpg
カンチブレーキに。
ディスクブレーキ。
ディスクブレーキであればポストマウントとフラットマウント。
スルーアクスルにクイックリリース。
ポストマウントとフラットマウントは単純にブレーキキャリパーの形状違いかと思いきや。
ブレーキキャリパーが付く位置が違うことがあるためにブレーキホースの取り回しまで変わって来るので注意が必要だ。
そうでなくともダウンチューブを通るのか、トップチューブを通るのか。
個人的にはシクロクロスのケーブル類はやはりトップチューブからで統一したほうが美しいと思う。
多分、ダウンチューブに統一すると若干短くなって軽量化に寄与できると思うのだけれども。
けども。








.
by astronautics | 2017-08-03 23:50 | 自転車とヨシダ

QXL

QXLなんて。
OakleyのXLは好きだけど。
こっちのXLはちょっとね。
なんて思ってたけど。
オモシロ半分。
在庫余り半分で使ってみたところがピッタリ。
XLのクセの強さとOCPポジションのセッティングがピッタリきて。
気ままでに無い感触に。
あーこれはヤヴァイな〜。
c0093101_18485366.jpg
そこにリスペクトがある。








.
by astronautics | 2017-07-17 23:50 | 自転車とヨシダ

モダンスチールといふ言い方

とあるカスタマーに聞いたら。
雑誌にそう書いてあったよ、と云う。
なるほどな。
いままでのレトロスチールとは。
なにかと時代性を合わせると云うか。
知るb−パーツで組むというのが常識的だったのだが。
レトロではない近代の金属フレームがちょっと違うマナー。
c0093101_1874813.jpg
c0093101_18104211.jpg
c0093101_1810438.jpg
モダンスチールとは?
いまどきのパーツのほうが似合っており。
カーボンリムを選ぶ事で全体の重量感も気にならない。
そういう存在だろうか。
そこにリスペクトがある。









.
by astronautics | 2017-07-08 23:50 | 自転車とヨシダ

機材を選ぶということ

もはや病気だ。
ボンバイエ。
病んでいる。
20gを軽量化するのにいったい幾らのゼニカネを費やそうと云う?
世間で云うところのコスパとはかけ離れた考え方。
しかし、コスパ?
其の方法でしか実現できないなら高コストも致し方無し止むなしという捉え方もある。
そこにリスペクトがある。
c0093101_2049472.jpg
c0093101_2049771.jpg
c0093101_2049914.jpg
c0093101_20491265.png
c0093101_2049201.jpg
フルアウターから。
よくみるケーブルストップに。
これでアウター分量が減るので20gは軽くなるという試算。
そして小物類も換わるからもしかしたら数字の前後があるのかもしれない。
こうなってしまうのなら。
はじめから普通にオーダーしていればよかったとは後の祭り。
未来のことは誰にもわからない。
其れは自分のことすら。
ということになっている。










.
by astronautics | 2017-07-07 23:50 | 自転車とヨシダ

機材を選ぶということ

なにごとも原価を推し量るのは無粋とはいえ。
なにかと話題のタネにはなりがち。
じつはフレーム材料にももちろんのことで原価があり。
覗けば其れを知る事もできる。
そこで知ったのはプレスフィットよりもネジが切ってあるほうが安い?
なんで?
量の問題か。
c0093101_1436334.jpg










.
by astronautics | 2017-07-04 23:50 | 自転車とヨシダ

オーダーバイクの悦び

製作途中のフレームが制作側からこぼれるように公開されて目撃できるのもオーダーフレームのオーダーフレームたる楽しみのひとつ。
自分のオーダーしたフレームが先方の都合で勝手に公開されてしまうことを嫌う向きもあるかもしれないが。
オーダーしたフレームのすべてが全部公開されるわけではないし。
ある意味では選りすぐりの一台ということも云えるから栄誉があるということなんだ。
c0093101_1905690.jpg
そこにリスペクトがある。









.
by astronautics | 2017-06-30 23:50 | 自転車とヨシダ

機材を選ぶということ

改装。
戦艦や空母において。
装備を換えることも其の時代合わせるということでママある。
戦艦として用意されていたものが空母に建て替えられたり。
対空装備を強化したり。
c0093101_19472682.jpg
c0093101_19472674.jpg
そして、シャーク号においての改装がなにを意味するのかというと。
ブラッシュアップ。
単純強化。
近代装備に合わせたフレームの軽量化。
活動範囲を変えることによる塗装のお色直しという具合である。
そこにリスペクトがある。









.
by astronautics | 2017-06-22 23:50 | 自転車とヨシダ

雑な営業

雑な営業を展開。
c0093101_209156.jpg











.
by astronautics | 2017-06-20 23:50 | 自転車とヨシダ

機材を選ぶということ

思った。
わたしの持ってるロードフレームって珍しい素材ばかりなのかもしれない。
時代から忘れられたアルミニウム、高級素材の代名詞のチタニウム、新顔のステンレス。
チタニウムに至ってはカーボンとのハイブリッド。
端から見てもかなり珍しいラインナップなのでは。
なかろうか。
c0093101_19404868.jpg










.
by astronautics | 2017-06-19 23:50 | 自転車とヨシダ