カテゴリ:自転車とヨシダ( 738 )

機材を選ぶということ

想いがつけば実行。
値段はおいくら?
このへんから先ずはじまる。
フレームの送料。
これがねー。
まぁいい。
送るだけなら保険も要らぬ。
c0093101_1554838.jpg
c0093101_15541119.jpg
c0093101_15541485.jpg
c0093101_15541623.jpg
c0093101_15541959.jpg
塗装はもう。
日本でしよう。
アメリカのツヤ消しは汚れが溜まりすぎてチョットな感じになった。
なんせ融通が利いたほうがいい。
プロジェクトとしては年明けくらいだろうか。
其れまでに出来てれば。
出来るかな。
いいだろう。









.
by astronautics | 2017-05-26 23:50 | 自転車とヨシダ

機材を選ぶということ

色は難しい。
もちろんオーナーの好み。
というわけでこの自転車の場合はわたしの好みになるだろう。
しかし、其の好みを具体化して創造しなければならないとなるとハナシは別。
千夜一夜のときがながれて夢にまで出る。
うつつのときの鼻歌しらべ。
これが楽しい時間と云うヒトも居るが。
これは熱心にまかせて考えるのではなく。
自然と。
欲しい。
そういうときを待つものであるとわたしは思った。
そこにリスペクトがある。
c0093101_15441883.jpg
c0093101_15442459.jpg
c0093101_15442633.jpg
c0093101_15443440.jpg
c0093101_15444534.jpg
c0093101_15444818.jpg

たかが自転車。
されど。
ナントヤラ。
そこにリスペクトがある。










.
by astronautics | 2017-05-22 23:50 | 自転車とヨシダ

機材を選ぶということ

どうせ使うなら美しいパーツがいい。
c0093101_181189.jpg











.
by astronautics | 2017-05-16 23:50 | 自転車とヨシダ

機材を選ぶということ

VYNLのあまりの出来の良さに驚かされたもので。
チタンの行き場はどうなるかといったら。
これで終わりの左様ならというわけにはいかない。
そこにリスペクトがある。
わたしは悟った。
同時並行的運用はカラダがひとつで難しい。
でるならば。
この機にさらなる改装をすることになるだろう。
c0093101_1537399.jpg









.
by astronautics | 2017-05-13 23:50 | 自転車とヨシダ

アルミも進化している件

自転車のフレーム素材のなかでアルミはある意味ではナメられていた存在になっていたのではないだろうか。
カーボン以外の量産フレーム。
安価でエントリー向け。
おそらくそういうポジションを確立しているのではないだろうか。
だからフレーム販売のモデルを探す事が難しいし。
各社ラインナップに見つけることも珍しい。
かつてはアメリカンフレームの象徴的存在の素材だったのに。
アメリカの大ブランドたちが生産地をアジアに転換するようになってHand made in USAは過去のモノになり。
いつの間にか廃れていってしまったように思える。
c0093101_1927322.jpg
c0093101_19271339.jpg
c0093101_19272747.jpg
c0093101_1927859.jpg
c0093101_19274160.jpg
c0093101_19294141.jpg
わたしは知った。
アルミがリバイバルしていることを。
其れはまたしてもアメリカからだ。
いつの間にやら勃興してきたスチールやチタンのビルダーたちの影にかくれてアルミの波が確実に届いた。
そんなアルミは進化していた。
脚にクルとか。
進まない硬さとは無縁。
スイスイ進んで軽快。
其れが進化したアルミだった。
VYNLが教えてくれた。
リスペクトがある。








.
by astronautics | 2017-05-09 23:50 | 自転車とヨシダ

VYNL Bikes

VYNL Bikesのためにシートポストに貼るポジション記憶シールを作りました。
c0093101_2049467.jpg









.
by astronautics | 2017-05-06 23:50 | 自転車とヨシダ

自転車の素材

其のムカシ。
自転車雑誌にあった記事をおぼえている。
スチールの素材も年々進化しているから将来的にはカーボンを凌駕するようなパイプも出てくるのではないだろうか。
其れから10年しないうちに記事は当たりの予言になった。
そこにリスペクトがある。
c0093101_196830.jpg
c0093101_1961075.jpg
c0093101_1961393.jpg
c0093101_1961956.jpg
c0093101_1963829.jpg
確かに。
未だカーボンを凌駕するほどの素材ではないのかもしれない。
けれども、もう其の存在感は完全にカーボンを凌駕しているといってもいいのかもしれない。
だからといってカーボンがまったくダメとか魅力が無いというわけではなくて。
フォークは間違い無くカーボンでないと駄目だろうと思う。








.
by astronautics | 2017-05-04 23:50 | 自転車とヨシダ

境界線というルール

Di2に進化系パーツ登場。
巷の注目はシンクロシフトのほうに集まりがちに見えるものの。
わたしはコチラに注目してしまった。
其れがジャンクションAがバーエンドに来るというヤツ。
ステムの下やらメーターマウントの下やらに隠れるように控えていたあのジャンクションAがさらに隠れた。
洞窟に入ってしまったというに近い。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1553915.jpg
c0093101_1553788.png
c0093101_15531393.jpg
c0093101_15531621.jpg
c0093101_15531869.jpg
c0093101_1553203.jpg
しかし、カスタムの喜びの最中にわたしは気付いてしまった。
シマノしかパーツが出ていない。
其れは当たり前だ。
LEGOがLEGOでしか組み立てられないように。
シマノもシマノのパーツでしか組むことができないのだ。
そして、其れは電動になって色濃く映る。
サードパーティーの電動パーツってそういえば無い?よなぁ。









.
by astronautics | 2017-04-20 23:50 | 自転車とヨシダ

ミニマリスト

シンプルライフを実践。
そんなミニマリストという単語がもてはやされた最近。
かくいうわたしはモノ好きなのでモノにあふれる日常をおくってはいるのだけれど、モノの取捨選択はミニマムだよ。
と、云わんばかりに厳選しているつもり。
自転車はロードかクロス。
コンポはSRAM。
車輪はENVE。
シューズはGIRO。
サングラスはXLのみ。
たくさん持ってるけど其れらのみ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1616753.jpg
c0093101_1616993.jpg
c0093101_16161198.jpg
c0093101_16161613.jpg
c0093101_16161840.jpg
c0093101_16162182.jpg
とくに自転車で複数台数所有するのならば。
ハンドル。
サドル。
ペダル。
このあたりはすべて統一させる派。
もちろん、いろいろ乗りたいという向きもあるのでバラバラのヒトも居るでしょう。









.
by astronautics | 2017-04-11 23:50 | 自転車とヨシダ

チェーンリング

えー。
このスラムのチェーンリングなに?
c0093101_1956393.jpg
欲しい。









.
by astronautics | 2017-03-25 23:50 | 自転車とヨシダ