カテゴリ:ASTNデザインラボ( 375 )

同じイメージ

ちょうど近い感じ。
同じイメージ。
c0093101_14564143.jpg
c0093101_14564010.png
c0093101_14563785.jpg
c0093101_14564425.jpg











.
by astronautics | 2017-08-18 23:50 | ASTNデザインラボ

拡大

ポーリーンのヘルメットには。
頭上にポーリーンって描いてあるように見えるけれど。
自分はしない。
c0093101_15402595.png
c0093101_1540159.png










.
by astronautics | 2017-08-15 23:50 | ASTNデザインラボ

これは闘いの記憶

わたしは闘った。
見つめ続けること数ヶ月。
画像を集めること数ヶ月。
製作手順を妄想に描くこと数ヶ月。
製作期間は丸二日。
もう何度となく自分用にレプリカ製作をしてきたわけだけれど。
このSYNTHEはプラスチック部分にも施工しなければならない。
其れが新しい技術を必要とさせた。
今回の施工が成功だったかはまだ不明。
そして、今回の技術的進歩は「薄造り」。
そこにリスペクトがある。
c0093101_19241462.jpg
c0093101_19241634.jpg
c0093101_19241962.jpg
c0093101_1924209.jpg
c0093101_19242364.jpg
c0093101_19242559.jpg
c0093101_19242787.jpg
c0093101_1924309.jpg
c0093101_19243345.jpg
カッティングシートを何枚も貼ることで為される図柄や色。
其れらを極力重ねないように配慮して薄い。
デカールとしては最大3層までという限度でがんばってみた。
いくら事前に施工段階を妄想していても、実際やってみるといろいろ思っていたことと違う事もあるわけで。
とにかく其の考える時間と、作業している時間がたまらなく楽しいのである。









.
by astronautics | 2017-08-07 23:50 | ASTNデザインラボ

Gator Fadeにリスペクトする

前から見て黄色。
後ろから見て青色。
中間色は緑にグラデーションをしている。
そして、アルマイトはターコイズブルーが合う。
これがGator Fade。
そこにリスペクトがある。
c0093101_0571180.jpg
c0093101_0572232.jpg
c0093101_0572826.jpg
c0093101_0573710.jpg
c0093101_0574355.jpg
c0093101_0575314.jpg
c0093101_058189.jpg
c0093101_05857.jpg
c0093101_0581597.jpg










.
by astronautics | 2017-03-20 23:50 | ASTNデザインラボ

カラフル

c0093101_2003651.jpg

c0093101_2002559.jpg

c0093101_200618.jpg

c0093101_19595681.jpg

c0093101_19594667.jpg

c0093101_19593242.jpg

c0093101_19592462.jpg

c0093101_19592224.jpg










.
by astronautics | 2017-01-14 23:50 | ASTNデザインラボ

グラデーションのペイントスキーム

グラデーション。
90年代の塗装というか。
よのなか的にそういう時代によく見たデザイン。
其のリバイバルの流れ見ると。
今見て新しさを感じる。
グラデーション。
とあるハードコアーなデザイナーの方に聞くと。
さいきんなんでもグラデーションを取り入れたものが多いらしい。
あのInstagramだって。
別の云い方をすればフェード。
c0093101_2112253.jpg
c0093101_21123085.jpg
c0093101_21123382.jpg
c0093101_21123761.jpg
c0093101_21131815.jpg
自転車の塗装で云うと。
見切りがパッキリのモノよりも個体差が出やすく難易度が高いと云えるものの。
マスキングの必要がないので手数が少ないと云える。
そして、かつて使い古された手法も。
こうして現在のセンスで甦らせれば新しくも見えるわけで。
そこにリスペクトがある。








.
by astronautics | 2016-12-06 23:50 | ASTNデザインラボ

RB12

わたしは知った。
スポーツチームは広告塔。
チームの予算は日本円にして600億円ほどらしいから。
自然と広告にあふれることになる。
けれども、まぁ。
このレッドブルの今シーズンのクルマ。
なかなかシンプルにまとまっているなと思えなくもないわけで。
そこにリスペクトがある。
c0093101_20444684.jpg
c0093101_20444914.jpg
c0093101_2045740.jpg
c0093101_2045988.jpg
c0093101_20451235.jpg
c0093101_13404879.jpg
見れば見るほど。
趣が深く。
洗練されている。
これを取り入れない盆栽屋は無し。
そう思えるのだった。









.
by astronautics | 2016-06-06 23:50 | ASTNデザインラボ

ネタとしての観察

ふと見るとF-1のイカす画像が。
Red Bullの2016年バージョンがなかなか良い。
ネイビーにシンプルにRED BULLのロゴが入る。
c0093101_20345336.jpg
c0093101_20345615.jpg
c0093101_20345923.jpg
c0093101_2035150.jpg
c0093101_2035374.jpg
このままヘルメットにカスタムするはどうだろう。
ちょうどネイビーのヘルメットがあってもいいかもと思うようになっていた。
F-1のクルマがネタなので、いつも以上にスポンサーを入れて。
クルマと同じ雰囲気もいいんじゃないか。
タグホイヤーにトータル、ルノー、、、、。
そもそもトータルって何の会社だ?
ルノーもタグホイヤーも今の自分にまったく関連が無いな。
そもそもRed Bull自体もあまり、、、飲まないし。










.
by astronautics | 2016-05-17 23:50 | ASTNデザインラボ

パクリとパロディにおける冷静と情熱のあいだ

わたしは焦った。
気ぜわしくなった。
もともとせっかちなほうではあるけれど。
仕事を焦ったことはあまりない。
待たされるのもあまり堪えない。
だけど、事情が変わればそうはいかない。
重なる影。
パクリではないと自意識は語るが。
明らかなカブリ。
反転が暗転。
さて。
どうなることやら。
c0093101_1945184.jpg
c0093101_19451246.jpg
c0093101_19452013.jpg
c0093101_19454279.jpg
c0093101_194605.jpg
c0093101_19453794.jpg
しかし。
けれども。
なぜなに。
どうして。
あるときから。
こころには平成がよみがえり。
昭和のような気分になった。
ゆっくりした時間が流れ。
つまり、焦っても無駄だよ。
そう時間に教わっているような感覚がする。









.
by astronautics | 2016-04-18 23:50 | ASTNデザインラボ

CAPを考える

年のはじめに振り返ることもある。
キャップ。
いろいろ作ったな。
今までで6型。
不人気かと思われて挑戦的なアイテムだったグリーンも手元には無い。
そろそろ次。
次から次。
そこにリスペクトがある。
c0093101_2011041.jpg

c0093101_2011275.jpg

c0093101_2011488.jpg

c0093101_2011628.jpg

c0093101_2011870.jpg

c0093101_20111369.jpg
ストライプハードコア。
カフェブラック。
ストライプハードコアターコイズブルー。
シャークブラック。
シャークデザート。
カフェグリーン。
by astronautics | 2016-01-03 23:50 | ASTNデザインラボ