カテゴリ:グルマンヨシダ( 483 )

マニアは居る、確実に

ちょっと凝った店に行くとどの世界にでもマニアが居るということを教えてくれる。
c0093101_14375573.jpg








.
by astronautics | 2017-05-15 23:50 | グルマンヨシダ

グルマンヨシダの中にひとつの一風堂

一風堂と云えば。
福岡出身であるわたしのなかのトンコツスタンダードであり。
ラーメンのスタンダードである。
いまみたいにいろいろなラーメンに触手を伸ばす前から。
一風堂には定期的に通っていた。
福岡時代はたしか高校生時分から食べていた一風堂。
あのころで一風堂チェーンは既に東京への出店を果たしており。
福岡で食べる其の味も既に工場一括生産のものだったと思うのだが。
なぜだろう。
個人店のような雰囲気がまだあったし。
チェーン店のラーメンという感覚はあまり感じることがなかった。
しかし、さいきんの其の雲行きがアヤシくなる。
世界的な名声を得たせいなのか。
国内でも店舗が次々と出来ていくなか。
なにか食後に違和感が残るようになってきた。
いよいよ折り目が来たのか。
そこにもリスペクトがあるのかもしれない。
c0093101_22505611.jpg
c0093101_22505693.jpg
c0093101_22505643.jpg
かつてのTVチャンピオンが華やかりし頃に。
河原社長はラーメン職人選手権で2連覇を果たす。
ラーメン屋さんと云えば同じラーメンを常に作り続けるというイメージがあったなか、創作ラーメン一発勝負で勝ち続けた河原社長は一流の料理人に見えた。
実際、そうなんだと思う。
五行などの新しいジャンルの開拓もしているし。
一風堂でも限定のラーメンがある。
同郷の会社、もといラーメン屋としてこうして大きくなっていく姿は誇らしい。
まさにリスペクトがある。
しかし、大きくなってくるとさらなるマニュアル化が進み。
ラーメンは誰でも作れるオペレーション化が進むんだろう。
そうしてラーメン屋からファミレスのようになり。
はてはマクドのようになってしまうのか。
今の一風堂がどのへんに居るのかはわからないけれど。










.
by astronautics | 2017-02-27 23:50 | グルマンヨシダ

天ぷら蕎麦はビジュアル系

詰まるところ。
わたしの海老天蕎麦に求めるのはビジュアルである。
ともすると味は二の次。
まずはこのりりしいピンとした海老の天ぷらが載った。
そして、艶やかに澄んだダシに浸かったやわらかさのなかにも芯があるお蕎麦。
其れを求めて彷徨っているようだ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_0432393.jpg
c0093101_043421.jpg
c0093101_0453315.jpg
c0093101_0452944.jpg
c0093101_0433050.jpg
ある日。
検索の海に潜る。
詮索の検索をしたところで闇雲。
キーワードは?
天ぷら蕎麦。
そして、立派。
そんな具合で入力してみると観光地のお店が軒並み閲覧できる状況に。
観光地の店にリスペクトは無しとはわたしの教訓であるが。
行ってみようかホトトギス。
なにせ求めるものはビジュアルが優先されるわけだから。
そこにリスペクトがある。








.
by astronautics | 2017-02-14 23:50 | グルマンヨシダ

てんぷらそばというものは

ある日のティーヴィー。
大晦日の蕎麦屋をフィーチャー。
おお、おお、なんか美味そうだ。
とくにあの大きなエビ天の載ったお蕎麦は印象的だねぇ、とばかりに真面目なわたしは足を運びましたよ。
正月もとっくに過ぎた頃に。
空いているかと思いきや名店なんでしょうか。
込み合ってました。
まぁ、昼時。
其れも仕方のないことですね。
相席問答無用かと思いきや座敷に案内されまして。
無言のままメニューで探しました。
蕎麦と云えばざるそばが江戸っ子のスタンダードなのかもしれませんが。
ティーヴィーに染色されたわたしの今日のめあてはエビ天の載ったそば。
そしたらビックリ。
たまげましたよ。
わたしはラーメン通いで金銭感覚がまた狂い出したか。
否、この大都会東京の価格偏差値にビビる。
其の蕎麦は、2,8oo円也。
c0093101_17313021.jpg
c0093101_17313592.jpg
c0093101_17312990.jpg
c0093101_17313826.jpg
c0093101_17314026.jpg
ビビったけどオーダーしました。
他も軒並み高いわけ。
それにしてもきっとエビが高いんでしょうね。
国産の車エビだったら立派ですし、其れであって欲しい価格ですけど。
どうなんでしょうか。
食べてみたところわかるかって、うーん、そんな気もしないでもない。
そして思ったんです。
これって他のお店ではどうなんだろう。
そういえばわたしはてんぷら蕎麦を食べる事ってあまりありませんでした。
加齢とともに趣向の変化。
今は天ぷら蕎麦に興味あり。
けれども、蕎麦屋における天ぷら蕎麦は数あるなかのひとつのメニュー。
其れだけを引っこ抜いて自分のなかの好みで優劣つけようというわけですから探すことからしても難しい。
これもしかすると、担々麺よりも極めつけを探すのが難しいと。
思ったんです。








.
by astronautics | 2017-02-05 23:50 | グルマンヨシダ

グルマンと旅

旅に出ると欠かせない土地のグルメ。
食べるべきものというのはよく聞くが。
食べるべきではないものというのはもしかするとあまり聞かない。
正月に福岡界隈をうろついて気付いたことがある。
福岡に行けばいつもサカナを求めていた。
実際、東京のサカナよりも格別に美味いと思ったから。
けれども、今回は酉年ということで鶏にターゲットを決めた。
実際に福岡では鶏は「かしわ」と云われており牛豚よりもメインの位置に存在しているかもしれない。
そういう考えを深めていくうちに福岡での牛。
もしかしたらこの部分は福岡は苦手としているのではないかと思ったのだ。
c0093101_23281082.jpg
c0093101_23282122.jpg
c0093101_23281931.jpg
c0093101_23282110.jpg
c0093101_23281764.jpg
焼き肉はまだいいだろう。
市内にもいくつか焼き肉屋を見つけたから人気なんだろう。
味もそんなに外れないような気がする。
福岡まで来てわざわざ食べるほどのことはないだろうけれど。
では、ステーキはどうなんだろう。
最終日の昼間に母に連れられていったレストランで食べたステーキが、とても外食のシロモノではなく驚かされた。
この部分においてはまだ肉がブームの東京で食べたほうが満足が得られるのかもしれない。
はやくリベラで口直しをしておかねばと思っている。
そこにリスペクトがある。








.
by astronautics | 2017-01-30 23:50 | グルマンヨシダ

検証

うっかりハードコアーを知ってしまうと。
同じメニューを他所でいただくたびにハードコアーを思い出されるの刑に処される。
そうして、結局のところ。
新規の他所で失敗して。
ハードコアーで口直し。
また、新規の他所で失敗して。
ハードコアーで口直し。
という具合だ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_23175983.jpg
c0093101_2318281.jpg
今回は年末休みでハードコアーがうっかり閉まっていたために代わりを探して求めてしまったがために起きてしまった失敗。
其れは起きるべくして起きた。
なぜならハードコアーに代わりなぞ居ない。
いまさらそんなことに気付かされてしまうのだが。
そこにリスペクトがある。









.
by astronautics | 2017-01-27 23:50 | グルマンヨシダ

グルマンヨシダの澄んだこゝろ

澄んだトンコツがあると云う。
もはや珍味扱い。
というくらいに白濁のトンコツラーメンのほうが一般的である。
グルマンの行き着く所は珍味にあり。
これは平然たるところ。
しかし、このラーメン。
まったく注目されていないように見えた。
いわく有名ではない?
福岡県民のどれくらいが知っているだろう。
あるカフェ店員はもちろん知らなかったし。
食べた事があるヒトも鶏ガラじゃないの、と云ってたし。
となりでスープをすすった男は、塩ラーメンと云っていた。
否。
この店にじゅうまんするかおり。
まさにトンコツであるのは間違い無い。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1911516.jpg
其れはある意味では神秘体験と云えた。
あれほどまでに
ほどなくして昼時をむかえ店は満員になった。
ラーメンオタクに重宝されることもなく。
メディアが騒ぎたてることもなく。
人知れず。
静かに。
味を繋いで来た結果。
いつもの味にいつもの店、いつものお客。
このままであって欲しい。
そう思ってしまうような歴史遺産をクチにして。
そのまま胃袋を掴まれた感じだ。
そこにリスペクトがある。











.
by astronautics | 2017-01-21 23:50 | グルマンヨシダ

つけめんと云う食べ物

つけめんとラーメンを同時に提供する店が当然かと思っていたら。
つけめんしか提供しない、もはやつけめん専門店なるものが存在するんだな。
ついこのあいだに其れに当たる。
まぁ、専門店だと云うからそれなりに期待できるだろう。
週末にはそれこそ大勢が行列を成している。
わたしは隙を突いて滑り込んだ。
セーフ。
並びは無いがほぼ満席。
基本的なメニューをオーダー。
結果的に自分はつけめんよりもラーメンだと思い至ることになる。
そこにリスペクトがある。
c0093101_039945.jpg
c0093101_039072.jpg
それにしてもつけめん。
ラーメンとはまた勝手が異なる。
スープ割りやあつもり。
初心者には聞き慣れない単語がある。
しかも、其の店はスープのおかわりが出来た。
どこでも可能なのだろうか。
つけめんはだいたい麺が多い。
あれを丁寧につけて食べていたらつけ汁はスープ割りするほど残らないのでは?
麺をつけるほどに汁は冷めるし。
そのためのあつもりというのが選択肢らしいが。
もうラーメンにしましょうということになるでしょう。
そこにリスペクトがある。








.
by astronautics | 2016-11-17 23:50 | グルマンヨシダ

ハンバーガーストリート

ある日から突然。
ハンバーガーがリストから消える。
どこに行ったのだろう。
あれはマイブームだったのか。
ということであればブームは過ぎた。
もしくはバブルははじけた。
いまはラーメンストリートを邁進。
わたしはワンメニュー追求型なのか。
c0093101_20474026.jpg
c0093101_2049187.jpg
c0093101_2049616.jpg
c0093101_20492167.jpg
c0093101_20472567.jpg
自分のなかでひとつの強烈な星が消えてしまったから?
ハードコアー。
其れがハードではなくなったから。
引力が効かなくなったとか。
分析はできても行かない気持ちの解明は定かではないわけだ。
そこにリスペクトがある。










.
by astronautics | 2016-11-07 23:50 | グルマンヨシダ

グルマン混迷の旅路

そういえば先日こんなことがあった。
茨城クロス開幕戦の帰り。
せっかくだから地元グルメをと思いラーメン屋で食べて帰ろう。
そういうわけで首尾よく前日から地図上にメモしていたわけだが。
目的地に到着してもラーメン屋らしい建物はなく。
今度は車のナビで住所を打ち込んでみると違う場所に行ってまた見つからない。
ついに電話してみるかとつながったら「今日は売り切れです」と告げられて終了。
そこにリスペクトがある。
c0093101_20424799.png
c0093101_2043333.jpg
c0093101_20424978.jpg
c0093101_20425514.jpg
c0093101_20425864.jpg
結局は場所がわからず仕舞。
こんなことがあるだろうか。
近代化の恩恵を受けてネット情報をたより現地に向かうも其の情報自体に疑いあるため見つけられずに終わるという。
便利さのアダ。
便利さに全権委任のアダ。
其れを思い知ったお昼時だった。







.
by astronautics | 2016-10-08 23:50 | グルマンヨシダ