カテゴリ:スリーピースヨシダ( 335 )

ズボンビリビリの刑に処す

ある日、ズボンがビリビリに破ける。
柔軟性を失った繊維は諦めるように破断した。
オー。
ツイード。
どうしたんだ。
30年着れるかと思いきや。
2年とは。
c0093101_18315728.jpg
c0093101_18311512.jpg
c0093101_18313014.jpg
c0093101_18322011.jpg
ヘリンボーンは魚の骨。
どうやらスペアーの重要性を知る。
一張羅から二張羅に倍増したものの。
それだけだ。
もっともっと。
もう買うモノが無いと思ったゴール地点でとたんに起きるメンテナンス事案。
そこにリスペクトがある。
そして、ズボンを追加注文をする。







.

by astronautics | 2018-02-01 23:50 | スリーピースヨシダ

テニス

おお〜。
これはいい。
久々に気に入った感じ。
今までは動物が多かったけど、なんと人。
テニスプレイヤーがデザインされている。
これでネクタイ締めて、ジャケット着て、ボタンを締めたら。
いったい何人のテニスプレイヤーが確認ねきるだろうか?
まさかの0人なんてこともあるだろうから。
そういう着こなしになってしまうのかも。
c0093101_20355320.jpg
c0093101_20355806.jpg
c0093101_20354382.jpg
c0093101_20354401.jpg










.

by astronautics | 2017-12-24 23:50 | スリーピースヨシダ

物欲リスト

狙っていたモノを静かに入手して。
わたしの物欲リストもそっと閉じた。
人生における洋服とは?
何着あれば良いのだろうか。
外に出ないというのであれば部屋着だけでもよかろう。
ただし大人のセレモニーがそうはさせない。
必ず必要になる。
そのときに慌てふためくよりは準備しているということはやはり良いのだと思う。
c0093101_19284063.jpg
c0093101_19285537.jpg
c0093101_19290130.jpg
c0093101_19291091.jpg
c0093101_19291605.jpg
こんどは新しいバッグだろうか。
おぼろげなリスト。
ハッキリとした空想が無いうちは。
実現可能性もまた少ない。









.

by astronautics | 2017-12-23 23:50 | スリーピースヨシダ

海老のネクタイ

盆栽屋は海老のネクタイを手に入れた。
これは若干の因縁と御縁があった。
買えるチャンスを何度となくフイにしたことがある。
買おうとしたらなかなか買えなかった。
もはやコレクターの領域。
衝動買いはしてないか?
昔はムシに見えたロブスターも。
いまではなんとなくかわいらしく見える。
否定的から肯定的へ。
わたしは過去の産物を拾い上げて入手することにより未来に進むことが出来たのだ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_22394459.jpg
c0093101_22394511.jpg
c0093101_22394595.png
c0093101_22394570.jpg
それにしてもどういうことだろうか。
過去のモノのほうが良く見えてしまう。
あの頃が良かったなんて、オッサンがクチにしてはいけないセリフのトップ1なのかもしれないが。
思ってしまうものは仕方なし。
クルマだって、自転車フレームのブランドも。
なぜかそういうことになっている。
自分の視点がマニア視点の堕ちたのか。
もはや昔のモノにしか魅力を感じることがない。
もう何だってそうななのだろうか。
数年前は良かった。
数モデル前は良かった。
数シーズン前は良かった。
そういう言葉はマニア世界の戯れ事なのだろうか。






.

by astronautics | 2017-12-01 23:50 | スリーピースヨシダ

Aldenとわたし

AldenのDがいちばん合うことを今更知る。
そして、これはいつもながらにして。
このいちばんは今のいちばんだということである。
この先の保証なんて無い。
c0093101_15511872.jpg









.
by astronautics | 2017-05-20 23:50 | スリーピースヨシダ

革靴の運命

いやぁ。
革靴。
個人的にウイングチップが好み。
別名オカメ靴。
ある意味では野暮ったさがあるシューズと見える向きもあるかもしれない。
でも、このごつい感じだ大好き。
この黒いシューズを側面から見ると。
其の重厚感たるや潜水艦のような迫力すら感じてしまうのである。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1144858.jpg
c0093101_1141216.jpg
c0093101_1141784.jpg
c0093101_1141935.jpg
c0093101_1142285.jpg
彷徨ってたら。
またしても謎にぶち当たる。
あぁ。
これは別注モデルだろうか。
いい色をしている。
NAVYと表示にはあるが、ターコイズというか、ときおりグリーンにも見える。
もう購入はできないようなので。
デッドストックに当たればラッキーなのかもしれない。
けれどもこういう色のシューズは持っていてもあまり履く機会が無いというのはわかっている。
衝動買いはしてないか?
つまりそういうことなんだろう。









.
by astronautics | 2017-02-24 23:50 | スリーピースヨシダ

ゆるふわ

ヘースブックを見れば。
とある選手の髪型がゆるふわの二郎ラーメンみたいな盛りあがりになっていたのが眼に飛び込んで来た。
スポーツ選手の髪型ってどうだろうか。
自転車選手はヘルメットが前提にある競技のために短髪が多いように思うけれど。
例外も少なくない。
強い選手が個性的な髪型のぶんには、ときに其れが憧れになってしまうこともあるだろうけど。
弱い選手の場合だと揚げ足取りの材料にもなりかねぬ。
そして、其れはわたしにも其の選手の抱える雑念に見えたのだが。
これはわたしのオッサン化が進んでしまっているだけなのだろうか。
老害。
そういう杞憂に終わればいいのだけれど。
c0093101_2025102.jpg
c0093101_20251361.jpg
c0093101_20251596.jpg
c0093101_20251751.jpg
c0093101_2025404.jpg
わたしが実業団を走っているときから。
日本の自転車のプロってなぜかホストみたいな髪型が多かった。
ヘルメットを被る競技なのに。
なぜだろうか。
世界にはそんな髪型のプロ選手なんて居なかったのに。
なにに影響されてそうなったのか。
当時から不思議でたまらなかったものだ。
あの髪型では過酷なクラシックなんて走れるわけも無く。
走る必要が無いから良かったのか。
謎だけが残る。










.
by astronautics | 2017-02-21 23:50 | スリーピースヨシダ

中古の艦に手を出す

古着。
中古。
着るには履くも含まれるのか。
シューズの類いは御法度としていた盆栽屋であるが、しかし。
眼の前に転がって来たモノの輝きを見逃さなかった。
よく云えば目利き。
悪く云えば衝動買い。
なぜだかそいつはラバーソールのカジュアル野郎だったので。
直ぐに修理屋さんに直行のオールソールの儀式。
さて、結果はどうなることだろう。
其れは月末の予定。
c0093101_1812495.jpg
c0093101_1812688.jpg
c0093101_1811724.jpg
c0093101_182437.jpg
c0093101_182574.jpg
c0093101_1861438.jpg
c0093101_1861719.jpg
昭和の街に背を向けて。
平成に歩み出す。
足元のシューズは三勤交代。
つつましやかに。
かなりの揃いになった。
旗艦を含める充実のラインナップ。
コンビにブラウン。
ヌバックに牛のブラックは2つ。
夏にはホワイトバックス。
充分過ぎる布陣が敷けていると云えるだろう。











.
by astronautics | 2017-01-16 23:50 | スリーピースヨシダ

プランテーションの学び

わたしは学んだ。
其れはついに靴の類いにまで古着を手に出したときだ。
サイズが合うが。
汚れたアッパー。
シューツリーを入れてなかったであろう反った見た目。
其れらは磨けばどうにかなるだろうし。
破れてもないし、キレもナイから。
極端に臭いとか。
そういうこともなければ良いだろう。
もしかしたら最高のスペアー。
旗艦にたいするところの影武者的ポジションになるのではないか。
牛革だし。
それにしても、ナンだ。
このきったないソールは。
ラバーソールなんて、あたしゃ履きやしませんよ、と盆栽屋。
カジュアルブランドとのダブるネームでソールがこんなことになってしまったのだろうか。
そしたら、調べてみるとオールデン特有の歴史あるソールらしい。
其の名をプランテーションソール。
まさにハードコアーということだった。
そこにリスペクトがある。
c0093101_0231564.jpg
c0093101_0241628.jpg
c0093101_023471.jpg
c0093101_0234371.jpg
c0093101_023585.png
c0093101_0235477.jpg
プランテーションソールとは。
ラバーソールの優しさと滑りにくさを持ち。
つま先だけは革になっていてカジュアル過ぎないソールなんだとか。
たしかにパッと見は誰もが普通の黒いソールだと思うかもしれないけれど。
ラバーソールはゴムのせいで経年劣化や使用でヨボヨボで、しかも毛やなんかのゴミを拾いやすい。
そんな見た目の目の前のソールはやはり。
そのまま使い続けるアタマは先ず無し。
買っていきなりのオールソール。
其れでもかなりお買い得だったと思えるモノにこれから育てていく必要があるだろう。
もちろん、この靴には其の期待を乗せられるだけの器があると思っているのである。
そこにリスペクトがある。








.
by astronautics | 2017-01-12 23:50 | スリーピースヨシダ

シューズもOEMの世界

わたしはBlack Fleeceのコードヴァンを持っている。
これはけっこうなレアモノだ。
すでにブランドとして消滅してしまったBlack Fleece。
其のBlack Fleeceのシューズ製作を引き受けていたAlden。
AldenのBlackFleeceシューズと云えば。
Black Fleeceマニアのなかでは垂涎の品で伝説のアイテムと云える。
其れがもう買えなくなってしばらくした後にバッタリ見つけることができて、あれは独立前の貯金体質の時代だったけれどナケナシの手持ちを絞り出して買ったなぁ。
コードヴァン。
同時にカーフのほうも同じ値段で買えたわけだけど。
どちらかで迷ってコードヴァンにしたのは良かったと思っている。
今の手持ちで一番足に合うシューズになっているし、手持ちのシューズのなかでは完全に旗艦のポジションに居るわけだから。
そこにリスペクトがある。
c0093101_23424591.jpg
c0093101_23425041.jpg
そして、ある日。
Aldenのコードヴァンを検索してみたら。
あら、ほぼいっしょ。
なんか違いあるのかな?ってくらいに似てますね。
っていうか、カカト上部のロッカーループが無いくらいか?これは。
なーんだ。
Alden製であれば普通に現行モデルでいつでも購入できるってわけだ。
c0093101_2342552.jpg
このAlden以外の手持ちBlack FleeceシューズはすべてCrocket & Jones製。
Aldenのあとに製造元になったところ。
其れよりはAldenのほうが合うんだよなぁ。
c0093101_23485638.jpg
c0093101_23485770.jpg
でも、どうせ買うんだったら同じコードヴァンではなくてカーフがいいな。
やっぱりコードヴァンはなんとなく気を使うし。
そういったシューズは1足あれば良いわけで。
其れにコードヴァンで見た目も質もそっくりなモノ。
むしろ同じモノとなれば現在の旗艦のポジションも揺らいでしまうのではないか。
サイクリングホラーがあっても。
シューズホラーは聞いたことが無いがあるのかもしれない。
そこにリスオペクとがある。









.
by astronautics | 2017-01-06 23:50 | スリーピースヨシダ