カテゴリ:ナチュラルヨシダ( 48 )

模型

呉の大和ミュージアムで感激した展示といえば立派な艦船模型たち。
これは自分の家にも飾りたい。
熱帯魚の水槽を置くくらいのスペースがあるなら、今のテンションでは模型が優先されるのではないか。
そこで何の艦船を置くかといえば、空母であり。
其れは赤城である。
そこにリスペクトがある。
c0093101_17363786.jpg
c0093101_17363825.jpg
c0093101_17363807.jpg
c0093101_17363815.jpg









.

by astronautics | 2017-11-27 23:50 | ナチュラルヨシダ

タトー

俗物のレビューを見ると入れ墨の店員が、、、タトゥーの店員が、、、とかを見る。
個人的にはそんなに気になる事か?と思うけれど。
これも世相のひとつであり、まだまだ入れ墨=アウトサイダーのイメージが強いということなんだろうと思う。
c0093101_15585887.jpg
c0093101_1559071.jpg
c0093101_1559320.jpg
c0093101_1559711.jpg
c0093101_1559920.jpg
個人主義的観念でいけば気にならないと思うのだが。









.
by astronautics | 2017-09-14 23:50 | ナチュラルヨシダ

ナチュラルネイチャーの世界

生物の神秘。
生き物たちが持つ特殊能力。
其れらを前にするとニンゲンはあまりにも無力だ。
森にでかければクマに襲われ。
クマが生息できないようなジャングルでは毒を持ったムシたちやヘビなどに噛まれる。
海を泳げば肉食巨大魚の餌食になるかもしれないし。
そうでなくともクラゲに刺されてしまう。
c0093101_165313.jpg
c0093101_165456.jpg
ニンゲンは生き物のように空を飛べないし。
深海に棲むこともできない。
海に長時間潜っていることすら危うい。
けれども、道具を使うことで総てを代用できるようになっていると思う。
素早く移動する事も。
空を飛ぶ事も。
海に潜り続けることも。
すべて、其れがニンゲンの特殊能力。
そこにリスペクトがある。











.
by astronautics | 2017-09-12 23:50 | ナチュラルヨシダ

誰も居ない海

ほんとうに久々に海方面に行ったら、けっこう海にヒト居るんだなって感心した。
冬の人気の無い海しかここ数年見てこなかったので。
c0093101_20524077.jpg
c0093101_20525437.jpg









.
by astronautics | 2017-08-10 23:50 | ナチュラルヨシダ

ルートを引いてみよう

転勤してきたカスタマーから。
滝沢牧場に自走で行きたいけど道はどれくらいですか?
と聞かれて、あー130とかじゃないですかね。
そう答えて実際にルートを引いてみると187kmあった。
20号ルートでも。
299号ルートでも。
c0093101_18191169.jpg
c0093101_1819133.jpg
c0093101_18191552.jpg
c0093101_18191813.jpg
c0093101_18192139.jpg
個人的には交通量が少ない299号ルートがオススメだ。
さらに秩父スタートであればかなり快適に違いない。
山はキツいけれど。










.
by astronautics | 2017-07-27 23:50 | ナチュラルヨシダ

残酷

今まで都度ミスがあったので送る前に画像を撮って見せてくれと云うと。
届いてから確認しろ、云われるのが世界。
c0093101_17222022.jpg








.
by astronautics | 2017-07-18 23:50 | ナチュラルヨシダ

チベタンタイガー

タイガー。
タイガー。
じれっタイガー。
其れはムカシあったテレビドラマで。
このタイガーは守り神。
高僧にしか許されなかったトラのラグ。
其れをリアルトラではなく。
フェイクで。
そして手作り。
だからひとつひとつが表情が変わり、見比べると色も違ったりして。
c0093101_1262223.jpg
c0093101_126198.jpg
c0093101_1262691.jpg
c0093101_1263754.jpg
c0093101_1264021.jpg
c0093101_22421314.jpg
c0093101_22421127.jpg
わたしはこのラグをとあるラーメン屋さんで見つけてしまった。
まさかのこのタイガー。
まるでぬいぐるみのような敷物に一発で惚れた。
衝動買いはしてないか。
わたしのインテリア熱が沸騰。
そして、探し当てた。
意外にも其れは民芸品という位置づけだったわけだが。
其れもいいじゃないか。
気に入った。
リスペクトがある。










.
by astronautics | 2017-02-16 23:50 | ナチュラルヨシダ

動物キャラは魔法のアイコン

惹き付けられてしまいます。
ますます。
コチラの動物。
オオカミ?
キツネ?
いえいえ。
有識者の方にうかがいましたらコヨーテなんだそうですよ。
c0093101_19124363.jpg
さいきん気付きましたけど。
コチラ。
尻尾がちぎれちゃってるんですね。









.
by astronautics | 2016-09-03 23:50 | ナチュラルヨシダ

たまにはダイエットを

ダイエットを試みてみる。
なんてことはない。
自転車乗りの日常は毎日がダイエットのようなものだ。
相当なカロリーを消費する自転車上においては。
フツーにしてさへいれば常識的なダイエットの範疇に入る。
しかし、どうしてだろう。
乗る量が減ったり。
加齢による代謝の減少。
そういった色々を含めて。
太るというよりも。
痩せなくなっていくのかもしれない。
c0093101_2046778.jpg
c0093101_2046825.jpg
c0093101_20462424.jpg
c0093101_20463269.jpg
c0093101_20465642.jpg
c0093101_2046106.jpg
ダイエットに無理は禁物だ。
無理なダイエットは精神を追い込み、そしてリバウンドとして跳ね返る。
有効なのはリズムを作ることなのかもしれない。
乗る量を徐々に増やして。
食べる量と質を変えて行く。
其れは少しずつ。
そこにリスペクトがある。









.
by astronautics | 2016-05-22 23:50 | ナチュラルヨシダ

バーバーに行く男

「男子たるもの、髪を切りたてか、いい加減切るべき、と思われてはいけない」
とは「エスクワイア」編集長のハロルド・ヘイズ
この格言ではじまったPOPEYEの連載コラム「HOW TO BE A MAN」。
そこに強烈なリスペクトがあった。
グレン・オブライエン氏が解説する男のスタイル哲学。
今号では、バーバーの衰退や男の髪型の変遷までが語られている。
c0093101_21404679.jpg
このコラムにおおいに影響され。
まぁ、其の前から気の利いた床屋を探していた盆栽屋。
ほぼ10年のセルフカットを終え。
ようやくヒトに切ってもらう。
プロに髪を切ってもらいに行く気になった。
そこにおける床屋探しは順調ではなかったのだけれど。
c0093101_21411879.jpg
床屋で髪を切ってもらうというのも、ほんとうに久々だったのだけど。
少年時代の記憶は確実に残っているようで。
あらゆる記憶が鮮明になった。
あの蒸したタオルの温かさや、シェービングクリームの熱さ。
ハサミのリズム感。
職人との他愛のない会話。
カミソリが頬を滑る緊張感。
髪を切ったあとに街を歩くときの耳のあたりの妙な涼しさなど。
まるで奇跡体験でもしたような。
つまり上機嫌になった。
そこにリスペクトがある。
c0093101_21411911.jpg
c0093101_2142834.jpg
「髪はパーソナルなもので秘密がある
呪術師は髪で人を殺し、科学者も髪からクローンを作り、麻薬や重金属症もわかってしまう
髪を触らせることは他人に身を委ねることだ」
「それは男の世界だ
熱いタオルをかぶり、鋭い剃刀でヒゲを剃られる男の儀式だ」
c0093101_21404950.jpg
さらに整髪料まで買ってきた。
なんとポマードである。
ポマードはおやじの特権か。
スペヒャル整髪料を手に入れた。
わたしもおっさんの仲間入りを果たしたのである。
c0093101_21412051.jpg
さて。
そろそろ切ってもらって3週間が経つ。
どうやら4週間でも大丈夫そうか。
そうか。
そしたら、またバーバーに行くとしようか。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-07-25 23:50 | ナチュラルヨシダ