カテゴリ:盆栽実況中継( 423 )

Omloop Het Nieuwsbladを見ていた

クラシックシーズン開幕。
特段に待ちこがれていたというわけではないけれど。
いよいよやってきたという具合。
OHNが開幕戦というわけで。
例年にある終盤前の丘区間で抜け出した数名でのスプリントという展開になるかと思いきや。
今年はちょっと中身が違った。
石畳区間で先頭の6名程度が形成されかけたときに。
その先頭形成に一役買ったファンマルケがパンクで脱落。
そしたらクイックステップ勢3名とスタナード1人という。
クイックステップが絶対的な優位だったんだけれど。
そうセオリー通りにレースは運ばずにスタナードが勝利。
そこにリスペクトがある。
c0093101_144202.jpg
c0093101_1442479.jpg
c0093101_1442744.jpg
c0093101_14421145.jpg
c0093101_1442963.jpg
c0093101_14421320.jpg
3対1の駆け引きにはいろいろと考察ができる。
クイックステップの3名は。
ボーネン横綱。
テルプストラ大関。
ヴァンデンデルク幕内。
と、ヒエラルキーがハッキリとしている。
もちろん、スタナードは付き位置。
後ろからはパンクから復帰したファンマルケとアーベルマートが協力して追いすがるのにステイバーがマークした集団が30秒前後で迫る。
もしかすると、クイックステップの3人はスタナードよりもファンマルケを見ていたのかもしれない。
3名は絶対的な優位を維持するべく、ほぼ3名均等に高速で先頭交代をしているように見えた。
付き位置のスタナードへの警戒心が薄かったように思える。
後半の高速区間でスタナードを置き去りにするような動きが。
わたしがわかる範囲で1か所あったくらいだから。
このままいっても交互にアタックすれば勝てるさ、くらいに思っていたのかもしれない。
でも、違った。
スタナードは3人の思っていた以上に脚があったし。
3人は思った以上に脚を使いきっていたのだった。
そこで、均等に引かずに根っからのアシストであるヴァンデンべルクが主に牽引をすればどうだっただろうか。
もしかするとファンマルケに追いつかれてしまったかもしれない。
そしてスタナードにとってはボーネンか、もしかするとテルプストラを見ておけばいいとマークを絞りやすくさせてしまう。
均等に引いていたのは、誰でもイケるという自信と、かく乱の意味もあって良かったと見ていたのだが。

終盤のボーネンのアタックに追いついた際にテルプストラがカウンターするのは定石だけど。
それをヴァンデンベルクが追いかけるのはなぜか。
追いかけるスピードが失速気味になっていたので、あそこで待てればよかったのにと思ったり。
あとは、最後のスプリントでしっかりテルプストラは前に出ているというか。
きっとスタナードに前に出されてしまったのではないかと思われる。
最後まで後ろに付ければ付いたほうが良かったのではないかと思うわけで。

野球で云えば配球。
サッカーのPK戦での蹴り方。
そんな細かい心理の動きが勝敗を左右したように見ているんだ。



by astronautics | 2015-03-01 23:50 | 盆栽実況中継

ENVEを使うチームがあるよ

見れば南アフリカのプロコンチネンタルチーム。
ENVEを装備。
ホィールに。
ハブはなんだろうか。
キングだったら選手も幸せだろう。
c0093101_18303616.jpg
c0093101_18303467.jpg
c0093101_18304026.jpg
c0093101_18304656.png
c0093101_18304628.png
c0093101_18303835.jpg
チオレックがミラノサンレモを勝ったとき。
来季はきっとビッグチームに返り咲くであろうと云われて2年。
まだ居るが。
居心地が良いのか。
もしくは他のファクターか。
by astronautics | 2015-02-10 23:50 | 盆栽実況中継

やはりウィギンズはカッコいい

ツアーオブブリテンの個人タイムトライアルに登場したウィギンズは歌舞伎者の雰囲気。
そこにリスペクトがある。
まさにチャンピオンの風格。
チャンピオンのなかのチャンピオン。
装いも違えば。
自転車にチームキットも違う。
サイの角のようにただ独りだけ違う。
リスペクトがある。
c0093101_15291273.jpg
c0093101_15291769.jpg
c0093101_15292074.jpg
c0093101_15292762.jpg
c0093101_15292349.jpg
c0093101_15291458.jpg
そして。
この装いを創り上げたのは。
これまでの戦歴と。
いくつものカスタムの跡。
そのどちらも無視できない。
無視してはならない。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2014-09-25 23:50 | 盆栽実況中継

ニバリを見つめる

今ツールではニバリを見つめたい。
思えばデビュウしたくらいからずっと見てきている。
ずっと期待されていて。
衰退期にはいってしまったイタリアの唯一のエースとしてグランツールから世界選まで活躍。
これはまさにブーニョのようではないか。
c0093101_1901698.jpg
c0093101_1901563.jpg
c0093101_1901765.jpg
c0093101_191051.jpg
c0093101_1901875.jpg
c0093101_1901446.jpg
ニバリは下りが得意。
アグレッシブな走りが身上。
レースをかきまわしておもしろおかしくしてくれるに違いない。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2014-07-08 23:40 | 盆栽実況中継

クイックステップは今

北のクラシックは終わった。
成果はどうだったのか。
はじまりは良かったけれど。
フィナーレでつまずいた。
これは未来日記だから。
パリ〜ルーベの結果は知らないママ書いている。
でも、どうだろうか。
たぶん、クイックステップは勝っていないのではないだろうか。
リスペクトはあるのだけど。
c0093101_21254053.jpg
c0093101_21253952.jpg
c0093101_21254034.jpg
c0093101_21253965.jpg
北のクラシックのエリート集団であるクイックステップ。
終盤まではレースを完全に支配できている。
そうだ。
終盤まで。
でもどうだろう。
最後のほうになると。
必ず先を取られてしまっている。
ゴールを1番で割ることができない。
なぜだ。
其れが悩みだ。
終盤までは圧倒的なのに。
by astronautics | 2014-04-21 23:50 | 盆栽実況中継

パリとルーベの出窓から

今年のパリルーベは本当にいいレースでした。
其れはクイックステップの選手が勝利したから。
という単純な理由ではなく。
フランドルがコースを変えてからというもの。
失ってしまったスペクタクル性を総て引き受けたかのようなパリルーベのドキドキ感はほかのレースではなかなか味わえるものではありません。
c0093101_2140650.jpg
c0093101_21393657.jpg
パリルーベはほかの石畳レースとは違い、中世時代からの荒れた石畳区間を走るレース。
全編がこの石畳区間であれば、圧倒的な実力差により。
ある種の山岳レースのようなはっきりさっぱりしたリザルトになるでしょう。
しかし、パリルーベの石畳区間は厳しいといっても全行程の一部。
あいだのアスファルトの舗装路区間ではアシストによる献身的な牽引と風避けが機能しています。
そういう意味で、今年のレースではクイックステップとベルキンは終盤までチーム人数を多く揃えてこのレースに賭ける並々ならぬ決意を走りで表明してくれました。
BMCのチーム力も良かったですが、終盤には誰独りも残りませんでしたね。
トレックは途中でアシスト落車があったりして、カンチェッラーラの孤軍奮闘感が濃かったです。
サガンはカンチェッラーラよりは少しマシだったかな。
c0093101_21392344.jpg
c0093101_21401217.jpg
SKYのウィギンスはまさかの活躍ぶりでした。
思えば。
テルプストラの勝利はウィギンスの牽引無しには有り得ませんでしたし。
まさかあそこまで石畳の走破性を身につけているとは。
元々はトラック上がりのスピードマンとしてフランスチームでデビューしたウィギンス。
パリルーベへのリスペクトとステージレーサーとして完成されたあとでも走れてしまう今の状態もそこから来るものなのでしょう。
c0093101_21395174.jpg
c0093101_21392278.jpg
今回のレースでチーム力を見せつけたクイックステップとベルキン。
カンチェッラーラをしぶとくマークして終盤の局面の5人にまで残ったスティバルでしたが。
そこからの自由はまったく許されていなかったようですね。
その後もマークを続けていましたし。
後方からはボーネンとテルプストラが全力で追走していました。
あの状況下ではスティバルでは勝てない、勝つ可能性が低いとチームの首脳とチームメートは考えていたのでしょう。
完全に統制されているチームと云えますね。
しかし、もう1人多く人数を残していたベルキンはどうだったか?
こちらはいまいち誰がエースなのかがわかりずらかった。
みんなが勝手に走っていた感じを受けましたがいかがだったでしょう。
ファンマルケがエースなのはわかるけど、ボームもイケるし、でも途中でコケちゃうし。
c0093101_2140474.jpg
c0093101_21395227.jpg
テルプストラの最後の独走は凄まじいものでした。
まさか、石畳区間で一度ちぎれた選手とは思えないくらいに。
あの状況で追う事ができるチームはジャイアントとスカイくらい?
カンチェッラーラもサガンもファンマルケですら、もう独りになっていました。
そんな最終版でのクイックステップのメンツは3人。
しかも、全員が一枚看板クラス。
クイックステップの選手の走力の高さがなせるわざです。
リスペクトがあります。
c0093101_21401230.jpg
c0093101_2140492.jpg
わたしはボーネンの勝利を願っていましたが、今回はアシストのテルプストラが獲得しました。
クイックステップというチームが来年もクラシックの中心を担って行くと思いますが。
他のチームも掻き回してこのチームを打倒するところが見たいと思います。
でも、今回のようにクイックステップが最終的に勝ってくれるのが最高の締め方。
これだけクラシックシーズンを盛り上げてくれたクイックステップなのですから。
そこにリスペクトがあります。


by astronautics | 2014-04-17 23:50 | 盆栽実況中継

RVVを見ていた

クラシックの王様は突如としてやってきた。
カレンダーの日めくりスピードが加速した今。
ゆとりのあるレースはここにない。
わたしも予想をしてみたが。
ボーネン。
衰えは隠す事ができないのだろうか。
もちろん、カンチェッラーラも全盛期よりも衰えを感じさせてくれたものの。
ボーネンのほうが其れを見せたということだ。
c0093101_16212045.jpg
c0093101_16212032.jpg
c0093101_1621216.jpg
c0093101_1621217.jpg
c0093101_16212226.jpg
c0093101_1621228.jpg
勝負はゴール勝負だった。
スプリントも残り2,300メートルを切ったゴール目前。
駆け引きか。
本能か。
勝利への嗅覚というのか。
とにかくこの日のカンチェッラーラは其れが研ぎすまされていたのは間違いない。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2014-04-08 23:50 | 盆栽実況中継

トルネードトムは大丈夫なのか?

昨シーズンがダメダメだったので。
今期にかける思いはひとしおなはずのボーネン。
どうやらE3では落車があったらしく得意のスプリントもヘントウェベルヘムでも不発。
位置取りからして微妙だった。
どうした?
フランドルでは活躍してくれるのか。
c0093101_14443533.jpg
c0093101_1444323.jpg
c0093101_14443221.jpg
c0093101_14443310.jpg
c0093101_14443322.jpg
2位では全然シーンとしてるステルスとペータースの監督車コンビにリスペクトです。
まさに、勝ちだけを狙うチーム。


by astronautics | 2014-04-02 23:40 | 盆栽実況中継

E3ハーヘルベッケを見ていた

E3を見ていた。
去年はサガンがお尻をさわったことで有名になってしまったセミクラシック。
やはりフランドルまでの前哨戦であるのは間違いないのだが。
これはこれでおもしろい。
c0093101_19235164.jpg
c0093101_19234038.jpg
c0093101_19235154.jpg
c0093101_1924176.jpg
c0093101_1924351.jpg
最後の逃げは。
サガン、トーマス、テルプストラにヴァンデンベルフ。
クイックステップが2人居るので有利に見えるが。
彼らには決定的なスプリントがない。
このメンツだとダントツでサガンに分があるわけだが。
トーマスも団抜きの金メダリストなのでスピードはある。
終盤にアタックを続けるヴァンデンベルフ。
スプリントがない選手の常套手段であるわけだが。
2人居ればテルプストラと交互にアタックをくり返したいところ。
しかし、ヴァンデンベルフが取り憑かれたようにアタックをくり返すのみ。
テルプストラは疲れているのか。
クラシック最強チームのクイックステップの走りに謎が残ったレースだった。


by astronautics | 2014-03-29 23:40 | 盆栽実況中継

ドワーズドアーを見ていた

ドワーズドアーを見ていた。
ベルギーのセミクラシックレース。
フランドルにも登場するような坂に。
基本的に平坦と石畳。
レースはテルプストラが残り30kmで逃げて。
そのまま走りきって勝った。
後半は協力な追走もあったし。
さらには大集団も追い込んで来たのだが。
ものともしなかった。
ワントラブルあれば終わったギリギリの差だったので。
決して安心はできなかった。
c0093101_1122249.jpg
c0093101_1121918.jpg
c0093101_1122085.jpg
c0093101_1122156.jpg
c0093101_1121724.jpg
c0093101_1121891.jpg
これぞ逃げ。
これが独走力という走りだった。
追走がかかっても追いつかれることがない。
上りがあってもそこでタレない。
盆栽人のみんなはぜひとも参考にしてほしいよ。


by astronautics | 2014-03-28 23:50 | 盆栽実況中継