カテゴリ:盆栽実況中継( 419 )

カレは勝ったのだ

カレは勝った。
グランツアー。
こうした3週間規模の長さにもなると。
思いもよらぬ勝因を見つけたくもなるのであるが。
カレの勝ち方はシンプルだった。
非常にシンプルにタイム差を積み上げて行った。
一番強かった。
何をやっても。
どう走っても。
強かった。
結果を見て。
元チームメートで仲が悪かったと云われる大先輩は故障により欠場。
ディフェンディングチャンピオンもツールのチャンピオンも悪天候によってイタリアから追い出した。
其れでもライバルに不足は無かったし。
エヴァンスを期待して見ていたが。
今のニバリには及ばなかった。
そして、悪天候によるステージキャンセルが、そういった逆転の機会すら閉ざしてしまったのである。
c0093101_18493617.jpg
c0093101_18491964.jpg
c0093101_1849249.jpg
c0093101_18491689.jpg
c0093101_18491488.jpg
c0093101_1849737.jpg
こうしてカレは勝った。
グランツアーはヴェルタに続いて2勝目である。
わたしはワンデーレースのほうが見ていておもしろいと思えるが。
やはり、グランツアーこそが自転車競技の頂点であると思う。
偉大なカンピオーネには完全さが求められる。
今回のジロ。
悪天候やテクニカル、特異なコースレイアウトで弱点を晒してしまったライバルたちは少なくない。
其の点、ニバリには弱点が少ない。
勝負の世界だから、弱点を見せてしまうと、あとあとの勝負に影響しないわけがない。
ニバリは元々、上りも登れて、TTも走れるオールラウンダーだった。
其の平均点が上昇して、下りは相変わらずのキレ味。
だから、将来を嘱望されて、カレは其れに応えたというわけだ。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-05-29 23:50 | 盆栽実況中継

ヘジダルを見ている

ライダー・ヘジダル。
去年のジロのチャンピオン。
元はと云えば大柄な体格を活かした平坦向きのパワーレーサーだった。
2010年のツールでは、パリルーベのコースを一部取入れたレイアウトであわやステージ優勝の動きを見せたのが記憶に新しいところ。
そんななかでも最初の山岳では総合の集団に居続けたあたりから、こうしたグランツアーでの輝きもそう遠いものではなかったということなのかもしれない。
才能は去年のジロで開花。
ホアキン・ロドリゲスを下しての勝利。
けれども今年のジロといったら。
そんなディフェンディングチャンピオンを差し置いて、今年のジロはニバリ対ウィギンズだとか。
去年は居なかった二人が注目されている傾向がある。
そんななか。
前半の第三ステージ。
昨夜のことだ。
ヘジダルがまさかのアタック。
下りがカーブが多く、ピーキーなのを狙ってのことか。
もちろん、単独逃げは成功しないわけだが。
総合優勝争いの絞り込みに成功。
被害者はスカルポーニ。
途中で落車の餌食になった。
c0093101_1155233.jpg
c0093101_1155264.jpg
c0093101_115533.jpg
c0093101_1155383.jpg
ヘジダル。
この変則的とも思える動き。
トリックスターか。
何を考えている。
志向はどこを向いている。
とりあえずは、積極的なのはよくわかった。
by astronautics | 2013-05-07 23:50 | 盆栽実況中継

リエージュを見ていた

わたしは見ていた。
リエージュ・バストーニュ・リエージュ。
ここ10年は後半の30kmまでには小集団化していた展開が、今年は違っていた。
40人は超えるのではないかというほどの集団を維持する。
其れはルドウトを越えても。
サンニコラを過ぎても。
小さなアタックはあるが。
長続きしない。
この現象に、近年のロードレース界の浄化を見るのは考え過ぎなのだろうか。
c0093101_0145592.jpg
c0093101_015539.jpg
c0093101_015575.jpg
マーティンが勝てたのは。
ヘシェダルの積極性があったからに違いない。
ジロのチャンピオン。
少人数の逃げ集団の皆が積極性が高いわけではないと思い知らされたヘシェダルの走り。
これは現実にも行かせるのではないかと。
まずは妄想を走らせてみる。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-04-26 23:30 | 盆栽実況中継

パリ・ルーベを見ていた

パリ・ルーベ。
中世から残る石畳をコースに加えたクラシックレース。
ここ数年は晴れて泥だらけの様相になることはなく。
泥だらけにならない晴れは酔狂さが減るのかというとそんなこともない。
乾いた砂埃の中を進むペロトンは戦場を駆ける戦車のようだ。
そして。
今年も晴れだった。
c0093101_1142058.jpg
c0093101_1639105.jpg
ボーネンの不調、落車による欠場のなか。
世間の評価ではカンチェッラーラが大優勢なわけだが。
わたしの見方は違っていた。
ボーネンがおらずとも。
クイックステップは、パトリック・ルフェーブルのチームである。
MAPEI時代からのパリ・ルーベにおける輝かしい戦歴。
表彰台独占も2回も含め近年の優勝多数。
だから、ボーネンが居なくとも、残った精鋭で戦術の限りを尽くしてくるのでは。
というふうに見ていた。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1142063.jpg
c0093101_114198.jpg
事実。
セオリーの通り、前半からの逃げにはステーグマンスが居たし。
クイックステップが終盤に残した人数は最多だった。
しかし、パリ・ルーベの女神は残酷。
この日のクイックステップチームは不運がつきまとった。
エースのシャバネルはバイク交換で遅れ。
このクラシックシーズンで好調を維持していたヴァンデンベルグは観客に引っかかり。
カンチェッラーラにマークしていたステイバーはカメラに当たってペースダウン。
唯一、テルプストラが3位に入って名門チームの面目躍如といったところだろうか。
c0093101_1627427.jpg
ツール・デ・フランドルが昨年からコース変更になってスペクタクル性が低くなったせいで。
パリ・ルーベのドラマチックな展開はワンデーレースでも随一と云える。
来年はどんなドラマを見せてくれるだろうか。
物語の主役は誰かは見当もつかないが。
シナリオのほとんどはルフェーブルが書き上げてしまうに違いないだろう。
ルフェーブルのチームがそうしてくるに違いないのである。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-04-10 23:50 | 盆栽実況中継

フランドルを見ていた

フランドルを見ていた。
一年に一度。
このレースを見なくては…。
そんなレース。
究極のレース。
まさにクラシックの王様。
そこにリスペクトがある。
c0093101_11275460.jpg
c0093101_11275459.jpg
c0093101_11275317.jpg
大味なレースだった。
其れはずいぶんと。
ただでさえ厳しいコースレイアウト。
伏兵の起こす意外性の確率は元来より低めとはいえ。
新しいコースになって、其れはより増したと思える。
クラシックの王様。
常に変化する王様。
by astronautics | 2013-04-03 23:50 | 盆栽実況中継

フランドルの予想屋

明日はフランドルである。
クラシックの王様。
ツール・デ・フランドル。
去年から後半のコースが変更されて、ゴールのレイアウトはやや残念であるものの。
レースが厳しくなっているのは間違いない。
今年は誰だ?
c0093101_0413654.jpg
c0093101_0412674.jpg
ジルベールか?
ボーネンか?
サガンか?
ノーノー。
上記のスターだと好調なのはサガンだけ。
今年は相撲で云うところの関脇から小結力士が注目だ。
アーベルマートにヴァンデンベルグ。
スタナードも調子よいし。
SKYであれば、トーマスにボアッソン、アイゼルと顔が揃う。
オスカルガットーにパオリーニもいいよ。
あとはハウスラーも揺さぶりかけてきそうだ。
c0093101_0414190.jpg
c0093101_0413245.jpg
c0093101_0412917.jpg
c0093101_0413929.jpg
個人的にはフィニーが大穴。
と、思ったらフィニーもジルベールも出ないんだって?
ああ。
まあ、でも。
優勝はシャバネル!
そこに期待しようではないか。
c0093101_0423185.jpg
c0093101_0411538.jpg
ゴール。
明日はどっちだ?
一年の楽しみがこのフランドルにはある。
早くCycleClubが東京にも出来て、そこで観戦したいものだ。
独りのファッションサイクリストとしてこの瞬間を楽しませてもらう。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-03-30 23:50 | 盆栽実況中継

ヘントウェベルヘムを見ていた

フレチャ。
カレは本気だった。
失礼。
カレはいつも本気だ。
今日はいつにも増してゴールを一番目に駆け抜けることを望んでいたように思える。
クラシックを得意とするスペイン人。
この時点で珍しい。
生粋のアタッカーだが。
スプリントはない。
非常に積極的な走りをするが。
いつもゴールが遠い。
勝利数が多い選手ではないけれど。
応援したくなる選手。
そこにリスペクトがある。
c0093101_21573426.jpg
c0093101_21573467.jpg
c0093101_21573525.jpg
c0093101_21535175.jpg
カレは逃げを造った。
いつもの積極的な走りで。
其の逃げが追走を含む集団に膨れたときからカレは冷静さを取り戻した。
つまり、積極的ではなくなってしまったんだな。
ゴールが迫って。
付き位置のバンデンベルグの満を持したアタック。
その他、もろもろのアタックに良い位置で反応したフレチャ。
カウンターにいくかと思ったら、其れは無かった。
其の隙にサガンが駆けて。
差は決定的になる。
積極的なフレチャが消極性を見せてサガンとの差がひらいてしまった。
なんという皮肉。
でも、レースってそういうものなんだ。
そこにリスペクトがある。
リザルトと今夜の思い出はレースノートに書いておやすみ。
by astronautics | 2013-03-26 23:50 | 盆栽実況中継

E3を見ていた

E3を見ていた。
海沿いのレース、イタリアのサンレモが終わり。
レースカレンダーは雨や雪、寒さに疲弊した選手たちに休む暇を与えない。
クラシックシーズンの真っ最中。
水曜日にレース。
金曜日にレース。
日曜日にレース。
そういった具合である。
c0093101_1972918.jpg
c0093101_1972989.jpg
c0093101_1972964.jpg
c0093101_1972863.jpg
今年のE3はカンチェッラーラが抜け出した。
残り30km以上を残して。
いつもの見慣れた勝利パターンに持ち込んだと思われたが。
思えば久々だった。
だから、もしかしたら追いつかれるかも。
そう心配したシーンも確かにあったが。
カンチェッラーラはやはり強かった。
フランドルもやってくれるか?
リスペクトがある。
by astronautics | 2013-03-24 23:50 | 盆栽実況中継

ジルベールの奥さんがファンキーな件で

世界チャンピオン。
ジルベールは結婚いている。
妻子持ちである。
そんなジルベールの奥様はけっこう派手である。
上着はヒョウで?
ストッキングはトラかしら?
ファンキーなファッション。
そこにリスペクトがある。
c0093101_21194463.jpg
c0093101_21194470.jpg
c0093101_21194564.jpg
遠目から見守る奥様。
リスペクトがあります。
by astronautics | 2013-03-22 23:40 | 盆栽実況中継

サンレモを見ていた

今年のサンレモは異例だった。
悪天候。
雪が降った。
途中の峠はキャンセルされ。
距離は50km以上短縮された。
時間も遅れてゴール。
そして、勝ったのはチオレックである。
アンダー23の世界選手権を勝ったことがある逸材であるのだが。
ここ数年は満足のいく成績をおさめられなくてビッグチームを追われた選手だったからだ。
c0093101_233838.jpg
c0093101_2338522.jpg
c0093101_2338893.jpg
今年のレースも最後の峠ポッジオでフィナーレを迎える。
上りのアタックで数名の追走ができて。
下り終えての平坦路で牽制とアタックの緊迫した領域にはいる。
ここでのチオレックの動きを見て欲しい。
無駄脚をまったく使っていない。
誰もチオレックに警戒をしているようには見えない。
ここまでの不振がそうさせたのか。
結果。
勝ったのはワイルドカードのチームの選手。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-03-19 23:50 | 盆栽実況中継