カテゴリ:盆栽屋ノート( 17 )

盆栽屋ノート CAMPAGNOLO 2010 女神が仕掛けた悪戯

ATHENAはシフトストロークが大きい。
GROWTACのきむらさんが教えてくれました。
リスペクト。
ほぉ〜。
たしかにATHENAだけ一回一回のスウィングが大きいです。
とくに下ハンドルを持ったときの右手シフトダウンに差を感じるのではないでしょうか。
女神が仕掛けた悪戯。
CAMPAGNOLOもそんなに甘くないというところでしょうか。
レース使用前提ですとコーラス以上が有利でしょう。
c0093101_2231574.jpg
c0093101_8553245.jpg
ちなみにATHENA
アテナと呼びますか?
アテネと呼びたいところですか?
先日も超合金と其れでもめたところでした。
立川の小屋では日々自転車についてのエトセトラ真剣な議論が交わされています。
by astronautics | 2009-06-14 23:50 | 盆栽屋ノート

盆栽屋ノート CAMPAGNOLO 2009 ブラケットゴム

新型のレバー。
すでにマイナーチェンジしています。
c0093101_0145642.jpg
右手が旧で。
左手が新。
新型は旧型に比べてワッフル状のクッションの面積が減っていますが使ってみると感じるほどではありません。
ゴムがブラケットに引っかかる凸状突起が増えているのですが無くてもブラケットのゴムはブカブカとズレることはありません。
もちろん旧型ブラケットに装着する場合はこの凸状突起を切り落とします。
そして決定的に違うのは匂い。
新型は異常に臭いのです。
石油臭いというかなんというか。
装着してしまえばなんとなく気にならなくなりましたけど。
by astronautics | 2009-03-31 23:40 | 盆栽屋ノート

盆栽屋ノート CAMPAGNOLO 2009 Fメカは11で

すでに11Sに組み替えて1か月以上。
納期の都合でFメカが間に合わない状況でずっと乗っていたのですが。
盆栽フォンドMIURA直前に入荷したので付け替えてみると。
素晴らしい変速性能を発揮してくれました。
c0093101_05821.jpg
まるでアウターチェーンリングに吸い込まれるように変速します。
Rメカとチェーンリングは10Sでも可。
Fメカは11S専用で。
となります。
by astronautics | 2009-01-07 23:59 | 盆栽屋ノート

盆栽屋ノート CAMPAGNOLO 2009 歯先ははじめからない

11Sのスプロケットをよく見ると歯先がほとんどない部分が一カ所あります。
変速を良くするための理想追求がここまで進んだということでしょうか。
スラムレッドのスプロケットに似た印象を持つのですが。
もとい、スラムレッドの場合は歯が存在しないくらいに欠けてしまっているわけです。
c0093101_13413924.jpg
パクリとパロディ。
冷静と情熱のあいだ。
そうやって進化していきます。
by astronautics | 2008-11-25 23:59 | 盆栽屋ノート

盆栽屋ノート CAMPAGNOLO 2009 BBカップを見る

目立たない部分ですが。
ウルトラトルクのBBカップもしっかり進化?を遂げています。
右は登場時の初期型。
中央はアルマイトの色が銅っぽい艶めいた色の08モデル。
左は09から加わったスーパーレコード。
一見、黒ですが深いダークブラウンといった感じの色をしています。
他に通常のカップは09から深いオリーブ色になっています。
c0093101_22514598.jpg
色でなにが変わってくるのかは錆びにくさとか耐久性の面以外に不可解ですが。
中央の08モデル以降からは付属のシールがよりソフトでシャフトに抵抗を与えないものになっています。
前にも書いたようにスーパーレコードにはそのシールが付属していませんが、あとからシールを付けることは可能になっています。
by astronautics | 2008-11-12 23:59 | 盆栽屋ノート

盆栽屋ノート CAMPAGNOLO 2009 ピンまで高級

11S実現の要はと呼べば細くなったチェーンの挙手が期待されます。
其れをとめるピンはさらに隠れた主役か。
11Sよりチェーンピンがシマニョのようなアンプルピンのような形状になりました。
しかし、そこは〝CAMPAGNOLO〟。
チェーンピンまでも高級感があります。
シマニョの場合は折ってしまう先の部分もリンクのコマに残る部分も同じ素材で溝を入れてあることでそれをきっかけにしてバキッ!と折れるのですが。
Campy11Sの場合は折ってしまう先の部分は異素材でできており。
折るとシマニョのそれと比べると拍子抜けするくらいやわらかに折れてしまいます。
ヘニョ。
フニョ。
ポニョというかんじで折れます。
まさに作業中の癒しになってしまうのです。
c0093101_0221561.jpg
新しくなったチェーンツールはチェーンの外側からピンをかしめるように留める工夫がしてあります。

つづく
by astronautics | 2008-10-19 23:59 | 盆栽屋ノート

盆栽屋ノート CAMPAGNOLO 2009 それはもうしなやかな

一足先に手元にやってきた2009ヴェローチェ&ケンタウル。
10S対応の下級グレードですが、10Sのまま進化したニューレバーを取入れるには絶好の存在。
やっと組み付けをする機会を得たので少しずつレポートします。
2009年モデルはワイヤーセットも進化しており、特にブレーキアウターのしなやかさには驚きと感動をもって受け入れられると思われます。
このしなやかさにより小さなフレームサイズの自転車でも無理なくワイヤーの取り回しが可能になるのではないでしょうか。
c0093101_23415588.jpg
シフトアウターに関してはレバーとのインターフェイスがスラムのレッドを完全に真似たような形状になりレバーから出たアウターワイヤーもすんなりとハンドルに馴染み落ち着きを見せます。

つづく
by astronautics | 2008-08-03 23:59 | 盆栽屋ノート

盆栽屋ノート グレードでみるCAMPAGNOLO2009

カンパニョーロのコンポーネントは、上位グレードに採用された新しい機構や素材が翌年には下位グレードに引き継がれ広がるというのが通例でした。
しかし、今年は逆流現象が起きています。
例えばコーラスの場合はブレーキキャリパーのワイヤーアジャスタが下位グレードのものにコストダウンされています。
それは最上位グレードがスーパーレコードになったせいもあるのか。
そして、ミラージュ、ゼノンというグレードが消滅してしまいました。
価格や重量で一定の都合を図るグレード設定にメーカーの苦悩を感じます。
シマノはそのへんははっきりしています。
グレードが違うと互換がなかったりしますから。
c0093101_0504243.jpg
セット価格は、
コーラス¥226200(08年と同じ)
レコード¥318500(08年よりー2%安)
スーパーレコード¥382100(08年レコードより17%高)
という定価設定になっています。
細かいコストダウンはあるものの、11Sだったりいろいろ変更点はあるので良心的といってもよいのではないでしょうか。

つづく
by astronautics | 2008-07-22 23:59 | 盆栽屋ノート

盆栽屋ノート 重量で見るCAMPAGNOLO2009

レース機材だと気になってみるのが重量。
コンポーネントセットの重量も公開されていましたので比較してみましょう。
コーラス 2145g
レコード 2015g
スーパーレコード 1964g
スラム レッド 1928g
シマノ 7900 2045g
c0093101_01882.jpg
コンポーネントの重量を軽くするよりは軽いホィールに履き替えたほうが重量の変化を感じやすいでしょう。
コンポーネントは軽さよりも操作性や信頼性が先に問われるべきだと思いますが参考までに並べてみました。
軽いもまた楽しということで。


つづく
by astronautics | 2008-07-11 23:59 | 盆栽屋ノート

盆栽屋ノート CULT CAMPAGNOLO2009

数年前からセラミックベアリングがハイスペックなカスタムアイテムとして流行しておりましたが、盆栽屋にはひとつの疑念がありました。
ボールがセラミックでワンがスチールでは硬さが違うので、
やわらかいスチールのほうが削られてしまうのでは?
とくにBBみたいにトルクがかかるところは微妙なのでは?
結局、私はセラミックベアリングはプーリーにしか導入しませんでした。
経済的理由はとりあえず置いておいて。
〝CULT〟はとりあえず、私の疑念を晴らしてくれそうなアイテムです。
個人的にこれは試すしかないと思っています。
c0093101_21423457.jpg
〝CULT〟はカンパニョーロのオフィシャルの説明によるとグリスなどのケミカルがいっさい不要とのことです。
ただし、回転音を静かにするための少量のケミカルは必要とのことでした。

つづく
by astronautics | 2008-07-09 23:59 | 盆栽屋ノート