カテゴリ:XL振興会( 161 )

XL振興会

どうせ塗るなら好みがあったほうがいいだろうし。
好みがあればそこにストーリーがあるということなんだろう。
c0093101_1737476.jpg
c0093101_1737642.jpg










.
by astronautics | 2017-05-23 23:50 | XL振興会

XL振興会

まったく新しい乾燥方法を思いついた。
c0093101_23435552.jpg








.

by astronautics | 2017-05-18 23:50 | XL振興会

XL振興会

世にも驚くフィンガー好き。
フィンガーは。
フィンガーでも。
柄になればフィンガー感は薄く。
アニマル柄にも見えて来るけれど。
ヒトのフィンガーもまさかのアニマル柄か。
そう気付かされる。
自然に帰れ。
帰るのだ。
野生の走り。
そこにリスオペクトがある。
c0093101_23202752.jpg
c0093101_23202418.jpg
c0093101_23201933.jpg







.


by astronautics | 2017-05-14 23:50 | XL振興会

XL振興会

絶滅寸前のXLと指紋の掛け合わせ。
c0093101_13415321.jpg
c0093101_13415498.jpg









.
by astronautics | 2017-05-07 23:50 | XL振興会

XL振興会

XLに歴史あり。
すべてはここから。
JD尊士にリスペクトがある。
Radar XLの登場時はキワモノ扱い。
プロでもTTでしか使用されないというレベルだったものに通常使用というヒカリを当てた。
これが2009年頃。
c0093101_22302567.jpg
そして、わたしがXLを装備するよりもずっと以前にXLをこの日本で通常使用していたサイクリストが身近に居たのも驚きだった。
ヤマノハ。
ネットで購入したらしい。
カレはまだ当時チーム員ではなかった。
そして、其の当時から希少なサングラスはハイエナヨシダに狙われてジョーボーンと物物交換になってしまうのだった。
レンズはキズモノだったけれど…。
これが2012年。
ここからXL振興会がスタート。
c0093101_22303460.jpg
そして、2013年。
チームサングラスをXLで揃えてRapha Gentlemen's Race Kyotoに出場。
もう4年も前になるのか。
c0093101_22333220.jpg



c0093101_22333584.jpg
c0093101_2233454.jpg
c0093101_22335257.jpg
c0093101_2233576.jpg
c0093101_22402694.jpg
c0093101_2234189.jpg
c0093101_22341490.jpg
c0093101_2234185.jpg
c0093101_22342119.jpg
c0093101_22342421.jpg
c0093101_22343380.jpg










.
by astronautics | 2017-04-18 23:50 | XL振興会

XL振興会

テイラーフィニーと云えば。
アメリカンサイクリング業界のサラブレッドであり。
XL界の貴公子でもある。
そこにリスペクトがある。
そんなフィニーもBMCからキャノンデールに移籍してしまった。
つまり、OakleyからPOCに移ってしまったわけ。
c0093101_1933146.jpg
c0093101_1933477.jpg
c0093101_1933724.jpg
c0093101_19331051.jpg
c0093101_19331274.jpg
これはLockのXL調光。
c0093101_19331488.jpg
そして、これはRadarXLの調光?
そんなのあったっけ?
c0093101_19331682.jpg
オフバイクでもこのスマートさ。
こんなプロサイクリスト見た事無い。
c0093101_19331966.jpg
そして、POCに移籍したと思ったらこのサングラスチョイス。
え?プロサイクリストですか?みたいな風貌。
フランドルは落車で残念だったけれど。
今後の活躍にも期待だ。
リスペクトがある。










.
by astronautics | 2017-04-15 23:50 | XL振興会

XL振興会

コレだ。
今更ながらで申し訳ないが。
XL振興会はフェーズをRadarlockに戻す。
現行モデルを無視してディスコンに走る。
後ろ向きに走るなんて。
なかなかオススメする向きではないわけなんだけど。
良いモノは良いということで仕方ない。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1540191.jpg
c0093101_15402165.jpg
c0093101_15402426.jpg
c0093101_15403297.jpg
c0093101_15402819.jpg
さいきんになって。
わたしの眼の前で展開された。
XLをはじめて知るヒト。
そして、XLの視界をモノにするヒト。
各人が皆。
反応は上々どころか革命が起きた程度の盛り上がりを見せたのだが。
しかし。
其れは哀しみのはじまりでもある。
そう。
XLはすでに絶滅種であるからに他ならない。
そこにリスペクトがある。








.
by astronautics | 2017-04-04 23:50 | XL振興会

XL振興会

悲報。
いよいよ時が迫ってしまった。
こうして悲しみも共有しなければならなくなる。
悲しいことも。
其れは運命。
または宿命と云えるのではないか。
ヒトが集えば。
喜びもあれば。
悲しみもある。
そこにリスペクトがある。
c0093101_0383149.jpg
c0093101_0384311.jpg
c0093101_0384674.jpg
c0093101_0384891.jpg
c0093101_0385032.jpg
XLはいよいよ絶滅種への道を突き進んでいる。
もう最後のトビラの寸前に居る。
そして、思い出そう。
物語の始まりを。
そうだな。
XLと云えば。
カリスマ。
JDから伝導されたもの。
あのころが懐かしい。
ポートランドに実際に行ったときもXLだったし。
野辺山に来たときもXLだった。
そこにリスペクトがある。









.
by astronautics | 2017-03-31 23:50 | XL振興会

XL振興会

Radarにもあった迷彩が。
Radarlockにもある。
だからわたしは実現させた。
このテで。
配合を繰り返し。
XLに昇華させた。
そして、其のXLは森に、林に、フィールドに。
消えていってしまった。
c0093101_14515037.jpg
c0093101_14533975.jpg
c0093101_14572742.jpg
c0093101_14572924.jpg
c0093101_1457313.jpg










.
by astronautics | 2017-03-27 23:50 | XL振興会

XL振興会

XLは新たなフェーズに突入をした。
我々はいつだって過去の歴史に学ぶ事が出来る。
この今の段階が何をあらわすのか。
其れはRadar XLの運命を見ればあきらかである。

絶賛販売中 しかし一般には不人気

メーカー生産終了 ディスコン

在庫品投げ売り

投げ売りが終わり今度は価格高騰 新品は希少品に

オークションサイトにて中古品しか出回らなくなる

いよいよスペアレンズも入手困難に

中古品ですら姿を見なくなる

ハゲ山と焼け野原が残る

という具合。
c0093101_1127944.jpg
c0093101_11253853.jpg
c0093101_11251386.jpg
c0093101_1125548.jpg
c0093101_1127790.jpg
c0093101_11252723.jpg
相性が合えばかなりの高性能かつ高機能なXL。
今までこんなに良いモノ使った事が無いとまでの好評もあった。
しかし、もう数が少ない。
将来的に資源が追加されることはない。
もしかしたら結果的に不幸にさせてしまうだけかもしれぬ。
これは悩みのタネだ。
勇敢な者だけを募って集わせないといけない。
これは群れではない。
集団である。
ここでは人間の覚悟が試される。
薄っぺらはもう要らないし。
居るべきではない。
そもそも薄っぺらでは残れない。
そういうXLのハードコアーな現状というのが今深まっているのである。









.
by astronautics | 2017-03-23 23:50 | XL振興会