カテゴリ:XL振興会( 162 )

XL振興会

なんかグラデーション推し。
そういう視点。
必然的にいろいろなモノがグラデーションしたくなってくる。
そこでサングラスはどうか。
いよいよサングラスも塗装屋さんにお願いするか。
さすがにこのキレイなフェードは個人的に不可能だと思えるわけで。
c0093101_20273039.jpg
c0093101_20272665.jpg
c0093101_2027364.jpg
c0093101_20273860.jpg
c0093101_20274633.jpg
c0093101_2027213.jpg
こ、こ、これだぁ。
見つけたレインボー。
ん、でも冷静に見るとインコみたいだな。
それでもリスペクトがある。











.
by astronautics | 2017-01-20 23:50 | XL振興会

XL振興会

あ、
やっぱり、
RadarLock XLみたいですよ。
c0093101_0526100.jpg
c0093101_052917.jpg
c0093101_05495.jpg
c0093101_05948.jpg
c0093101_051670.jpg
c0093101_052016.jpg
c0093101_053873.jpg
c0093101_054645.jpg
あ、
やっぱり、
RadarLock XLみたいですよ。











.
by astronautics | 2016-12-27 23:50 | XL振興会

XL振興会

Oakleyのサングラスに星の数ほど存在している限定カラー。
其れはオリンピックのたびに出るということも定番で。
ソチは販売なかったと思うし。
ロンドンは日本に入って来なかったと思う。
c0093101_0164182.jpg

c0093101_23345973.jpg

c0093101_0164582.jpg

c0093101_0182898.jpg

c0093101_23343956.jpg

c0093101_23345376.jpg
そして。
探せば探すほど。
色の迷宮に引きずられるようだ。
オリンピックモデルと名前が付いてればいいものの。
何の色かもわからぬ。
出身不明。
出自わからぬ色も続々。
どこかのカスタムも紛れているのだろうし。
サイアクなのはそこにニセモノが紛れ込んでいるかもしれないということだ。









.
by astronautics | 2016-12-04 23:50 | XL振興会

XL振興会

あれは忘れもしない。
3年前の信州クロス。
朝霧高原ステージのレースでサングラスのレンズが曇って苦しんだ。
霜がバリバリの低音レースで超低速まで落ち込んだ自分が最大の影響なのだが。
あの環境だったら誰でもなっちゃうでしょうという具合。
そのときの装備はRadar XL。
Radar XLにはベンチレーションが無い。
其れ以降は、ほとんどのレースでRadarLock XLを使用するようになった。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1934217.jpg

c0093101_19341346.jpg

c0093101_1934746.jpg

c0093101_19341538.jpg

c0093101_1934412.jpg
レンズは決まってパーシモン。
いつかけても見える景色を夕方にしてしまう魔法のレンズ。
柿色。
いままでは柿喰わぬ客の盆栽屋だったのだが。
オフロード使用での良さに気付いてしまった。
そこにリスペクトがある。
オフロード使用になるとかなり見やすい。
これの進化版がプリズムトレイルではないかと。
そう気付く事になる。










.
by astronautics | 2016-12-02 23:50 | XL振興会

XL振興会

暗号を解読。
其の暗号に因って。
とくに号令をかけることもなく集まる仲間。
そこにはトモダチだとかフレンドとかの薄っぺらな細枝のような存在は無く。
こうしてサイの角のようにただ独り歩むなかにも確実に仲間が出来て、其の存在によって活きながらえているという現実に直面をする。
そこで視界を広く。
XLの視野で。
サイの角のようにただ独り歩め。
c0093101_19221759.jpg
c0093101_19222182.jpg
c0093101_19215565.jpg
c0093101_1921475.jpg
c0093101_19213316.jpg
c0093101_19204962.jpg
そして、また暗号を出すだろう。
これは号令ではなく。
ましてや呼び鈴でもない。
沈黙のなかに通り過ぎるものになるかもしれない。
しかし、確実に拾い。
そして、確実のままに手にする者があらわれれば。
其れは仲間と呼べるのだろう。
そこにリスペクトがある。









.
by astronautics | 2016-12-01 23:50 | XL振興会

XL振興会

斜陽と落日。
崩壊と決壊。
どこを見てもそう映る。
しかし。
けれども。
XLは失墜にあらず。
ひと足お先にディスコンになったことが生死を別けたか。
死んだように見せて。
死なない。
まだ死んでない。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1323181.jpg
c0093101_1324119.jpg
c0093101_1324633.jpg
c0093101_1325440.jpg
c0093101_1345642.jpg
c0093101_135017.jpg
XLはディスコン。
プリズムレンズは存在しない。
実際古い。
Radarに至っては何年前のサングラスなんだ。
という具合。
しかし。
装着していてどうだろう。
古さはあるだろうか。
そこがRadar系のシンプル系の定番感が成せる業。
左様。
ディスコンであってオワコンではない。
そして、ディスコンなので。
新しいモノの価値が下がる一方のいま。
古いモノの価値は下がることを知らず。
そこにリスペクトがある。








.
by astronautics | 2016-11-15 23:50 | XL振興会

XL振興会

久々の塗装はムラサキ。
目標よりも濃いなと思ったけれど。
まぁ、飽きればまた違う色味もあるだろうからいいか。
と思ったらムラサキ系はこの色だけっぽい。
もうちょい明るくピンクムラサキ的な色はないかなぁ。
自分じゃあ調色できないし。
c0093101_1747278.jpg

c0093101_1747064.jpg











.
by astronautics | 2016-09-10 23:50 | XL振興会

XL振興会

いよいよ来月からシクロクロスのシーズンが開幕するのか。
個人的に機材的な準備は超絶な万全度と云いきってしまおう。
サングラスが特に。
準備に準備を重ねて何個あるのかという状態。
スペアのスペアのスペアー…。
個人的にシクロクロスには明るいレンズを用いたい。
ファッションサイクリスト的には本場ヨーロッパの選手を見れば一目瞭然。
ヨーロッパの暗い冬のなかではミラーレンズなんて使えないということなのだろうか。
みんな透けて見えるレンズばかり。
だからわたしもマネするようにした。
日本の冬とヨーロッパの冬の違いはあるけど。
明るいレンズのほうが見やすい。
路面状況がわかりやすいと云える。
そこにリスペクトがある。
c0093101_19301014.jpg
c0093101_1930879.jpg
c0093101_19301396.jpg
c0093101_19301550.jpg
c0093101_19301751.jpg
c0093101_19301932.jpg
振り返ると。
ほとんどパーシモンしか装備して走っていない。
ナイトクロスのときだけクリアーか。
JawBreakerのときはPrizmトレイル。
シクロクロスは落車もあるし、泥が目に入るととてつもない痛さなのでサングラスというかアイガード的にあったほうが良いと思う。
メーウセンのように始終裸眼の選手も居るけれど。
自分はやっぱり装着しちゃう。
希少なXLのレンズはスペアーのスペアーまで持っておきたいところ。
シクロクロスで使うと一気にキズだらけの世界に突入してしまうからね。
パーシモンは今確認すると未使用状態でまだ4枚保存されている。









.
by astronautics | 2016-08-30 23:50 | XL振興会

XL振興会

このあいだレンズの話題が出たので復習をしておこう。
Radarlock XLのレンズは8種類。
そして、ツール限定モデルにスペアーとして付属していたG40を含めると9種類
これはレンズ販売の無いレアモノ。
c0093101_17161439.jpg
奥にピンボケで写っているレンズが。
まさにレアモノ。
c0093101_17161716.jpg
そして、Radar XLはLockよりも多かった10種類。
これにもなぜかレンズ販売が無いレアレンズが存在していて。
これまた限定のAnti Freezeカラーに付属していたJade Iridiumが其れ。
というわけで11種類もあることになる。
c0093101_17161930.jpg

c0093101_17162199.jpg









.
by astronautics | 2016-08-27 23:50 | XL振興会

XL振興会

オリンピックカラーは。
あー。
カヴェンディッシュが自ら塗ってくれてぇ〜。
c0093101_2244397.jpg
うーん。
仕上がりマンゾク。
カヴェンディッシュが自ら塗ったかはともかくとして。
良い色だと思います。
c0093101_22444288.jpg

c0093101_22444670.jpg

c0093101_22444920.jpg

c0093101_22445127.jpg

c0093101_22445323.jpg
EV ZEROは単眼レンズなのに。
わざわざ複眼仕様。
其のココロとは?









.
by astronautics | 2016-07-26 23:50 | XL振興会