カテゴリ:XL振興会( 157 )

XL振興会

気付けばたまに出てくるカモフラ。
はっきり言ってこのサイズのカモフラなだけに。
離れてみるとカモフラであることすらわからず。
ああ、なんだ。
そういうことでしたか。
ということになる。
そんなカモフラのフレームは忘れた頃にやってくるということで。
このフレームも。
もしかしたら販売があるのかもしれない。
c0093101_17203736.jpg
c0093101_17204621.jpg
c0093101_1723848.jpg
c0093101_17213981.jpg
キングカモはすでに持ってる。
出番の機会はやはりあまり無い。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-07-02 17:20 | XL振興会

XL振興会

サードウェーブが出たというのに。
わたしはセカンドに留まる。
進塁はいない。
選択肢は増えた。
合うモノを選べば良いのだ。
合うモノを見抜くチカラが試されるというワケだ。
c0093101_20395843.jpg
c0093101_2040192.jpg
c0093101_2040213.jpg
c0093101_2040571.jpg
c0093101_20405050.png
時流にながされるのもよいでしょう。
ながされないのもよいでしょう。
お好きなものをお選びなさい。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-06-12 23:50 | XL振興会

XL振興会

クヴィアートはアムステルで勝利した。
ロックのXLで勝利した。
一時はブレイクも試した事があったように見えたが。
さいきんではロックに落ち着いたらしい。
愛ウェアーもウェアーで。
全部が万人にフィットするとは限らない。
合うと思うモノを選べ。
自分で選べ。
サイの角のようにただ独り歩め。
c0093101_16135477.jpg
c0093101_16134993.jpg
c0093101_16135289.jpg
c0093101_16143343.jpg
c0093101_16143794.jpg
c0093101_16152319.jpg
c0093101_16245232.jpg
このあいだ。
時間があったので業界のマガジンでも立ち読みしてみた。
ブレイクをかけてみたけど鑑を見たら似合わなかったらしい。
そんなブログでも読めそうなインプレがインプレコーナーにある。
そうか、そういう意見は少なくないが。
そんなに自分に関心があるのは自分だけだ。
そう思って。
一番使いやすいモノを選ぶと良いだろう。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-05-21 23:50 | XL振興会

XL振興会

もう手にしたか?
サードウェーブ。
JawBreaker。
わたしもテキトーに、まさかブルーボトルにかけてサードウェーブなんて云っているわけではない。
サードというからには三番目。
1番目と2番目があってからこそ成立する呼び名。
ついでだから振り返ってみよう。
c0093101_14194271.jpg
ファーストウェーブはEyeShade。
80年代の中盤だったらしいアイウェア。
紛れも無くXL。
いま見ても、素っ頓狂なデザインは個性的なサングラスの筆頭だと思う。
XLな視界はもちろんかと思いきや。
上方視界が広いというよりは下方に広く、主にデザイン優先のXLだったという個人的な理解。
c0093101_14194492.jpg
ただし初代の宿命。
まさかファーストウェーブなんて云われやしない。
気付いたら。
思い返してみれば。
そうだったというワケ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_14194748.jpg
続くセカンドウェーブは、Radar XLとRadarlLock XL。
XLという呼称が登場したアイウェア。
Radar XL。
しかし、これは通常モデルのRadarのXLサイズ版として登場したということで。
サイクルシーンでは主にタイムトライアルで用いられていて。
日本にも導入されたけれど売り上げはさっぱりだったらしい。
この悲劇がRadarLock XLの日本未導入に続くわけだが。
このときはこのアイウェアの良さに誰も気付いていなかったはず。
c0093101_14195796.jpg
c0093101_1419556.jpg
登場から数年を経たあたり。
ちょうどRadarLockXLが発売される頃になると。
プロトンでも通常のロードレースでXLを装着した姿が見られるようになる。
ここでジワジワとXL熱がヒートアップ。
わたしは風前の灯になりつつあったこのセカンドウェーブXLシリーズをDigし続ける事になる。
新しいRadarLock XLが標準かと思いきや。
選手によってはRadar XLも装着しているし。
フィット感の好みなのか、何か他に理由があるのか。
そういう違いが出るところがおもしろい。
c0093101_14311986.jpg
c0093101_14312136.jpg
こんなRapha FocusカラーのXLもありました。
激レアでしたねぇ。
これはチャリティオークションだけの販売モデルでした。
Raphaのサイモン氏にねだりにねだったけれど譲ってもらえなかったもんなぁ。
そしたら、ジョーボーンを贈ってくださいました。
気を使わせてしまってすいません。
c0093101_1420465.jpg
そして、2015。
サードウェーブのJawBreakerは。
デゲンコルプによる勝利で。
Paris Roubaixも勝ってしまいました。
ウラニウムカラーはプロトンのなかでも目立っていましたね。
インプレッションを聞くと上方視界の良さはもちろんのこと。
プリズムレンズの路面インフォメーションの良さにリスペクトがあります。
c0093101_14201472.jpg
c0093101_14201477.jpg
c0093101_14292970.jpg
レンズの種類。
フレームのカラーヴァリエーション。
JawBreakerはこれからも進化をしてくれることでしょう。
by astronautics | 2015-05-18 23:50 | XL振興会

XL振興会

XLではないが。
春先の前に一寸だけ盛り上がったアレ。
ゴールド。
景気回復の気配。
わたしは思った。
ちょっとテカテカ過ぎやしないか、と。
c0093101_18232472.jpg
c0093101_18232610.jpg
c0093101_18232193.jpg
c0093101_18232897.jpg
c0093101_18233180.jpg
c0093101_18233450.jpg
いわく、百式のようなゴールド。
金は金でも。
ゴールドの種類はさまざまである。
密度に濃度。
光り方。
テカテカは品が無く思えていたが。
もしかすると近年の気分なのかもしれない。
ファッションサイクリスト的に。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-05-05 23:50 | XL振興会

XL振興会

サングラスのフレームのなかでは。
亜種や珍種と呼んでもいいのかもしれない。
其れは柄物。
わたしも持っていないわけではないが。
思えば、Radarのカモフラだけだった。
c0093101_17372081.jpg
c0093101_17372259.jpg
c0093101_17372475.jpg
c0093101_1737263.jpg
c0093101_17373011.jpg
c0093101_17373131.jpg
c0093101_17373474.jpg
デパンヌの3日間の表彰台でのウィギンズに。
ケガから復帰したボーネン。
どちらも柄物だ。
気になる。
とくにウィギンズのあの模様はナンだ?
by astronautics | 2015-04-24 23:50 | XL振興会

XL振興会

純正には無い色。
販売されているモデルでは見ない色。
塗ればナントカ作れるモノでも。
其れがゴムとか、そういう類いのモノになると事情が異なる。
わたしは手を伸ばした。
モノは試しと云うけれど。
色も試そうかと云う盆栽屋。
そしたらどうだ。
単純にゴムはゴムでも違うゴム。
やはり純正が良いね。
というわけになるのである。
c0093101_19114716.jpg

c0093101_19114977.jpg

c0093101_19115199.jpg

c0093101_19115334.jpg

c0093101_19115983.jpg
さてサードウェーブ。
コチラはゴムというよりは樹脂パーツに貼付けてあるゴム。
これでパチモノメーカーの隙間なくなり。
駆逐されることだろう。
by astronautics | 2015-04-20 23:50 | XL振興会

XL振興会

超常現象に遭遇。
こういうものは何気なく出会うものだ。
もしかしたら出会ったことにすら気付いていないのが超常現象なのかもしれない。
見つめる先。
目線はどこか。
其れによる。
ある日、見つけたXLにはいくつかの変哲があった。
c0093101_182566.jpg
まずはフレームのカラーリング。
これは特別なモノ以外になく。
さらに見落としてしまっていたのはレンズのベンチレーション。
加工したのだろうか。
Radar XLなのに。
Radar Lock XLと同じ穴が空いている。
これはなぜ。
加工したのか。
もしかすると純正でこういう仕様が過去に存在していたのか。
とりあえず、現状では入手できないコレ。
手にするにはカスタムしかない。
レンズの加工。
度を入れる以外にもこんな作業があるとはな。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-04-14 23:50 | XL振興会

XL振興会

XLのサードウェーブ。
Jaw Breaker。
手元にあったので比較してみた。
セカンドウェーブのRadar XLと、RadarLock XLと、である。
c0093101_3151984.jpg
c0093101_3152226.jpg
気になったのはレンズの大きさ。
レンズが同等サイズでなければ。
XLの称号は獲られない。
果たして、Jaw BreakerはXLなのか。
c0093101_3152560.jpg
c0093101_3152720.jpg
c0093101_3152877.jpg
答え。
XLでした。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-04-09 23:50 | XL振興会

XL振興会

わたしはスペアーを必要とする。
スペアーがないと心配で生活ができない。
XLにも必要だ。
フレームにレンズ。
レンズなんて。
いつ傷がついてしまうかわからない。
レンズはキズがあったら使い物にならない。
落車すればキズつくし。
ウッカリ落としてしまうことのほうが多い。
スペアーは必要だ。
c0093101_22415244.jpg
c0093101_2241502.jpg
c0093101_22414914.jpg
c0093101_22414988.jpg
c0093101_22414963.jpg
c0093101_2241589.jpg
c0093101_22415856.jpg
c0093101_2241593.jpg
絶滅危惧種か。
絶滅種か。
Radar XLは市中には無し。
姿を消した。
レンズも。
フレームも。
しかし、あるところにはあるということで。
虫眼鏡を使って探したよ。
スペアーを。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-04-03 23:50 | XL振興会