<   2008年 03月 ( 81 )   > この月の画像一覧

デズニーは縁遠い我が家にもプーさんが居ることになるのかと思っていたら流石げんきもんはそうなりません

プーさんにはならず。
母曰く、げんきもんの妻は結果を出しました。
いつも妻のげんきもんぶりには励まされるということで。
こんなにも身近にげんきもんがいるのだと。
リスペクト。
c0093101_013597.jpg
これでもう休みの日が合いません。
木曜日はスフレとピッツァで楽しみにしていたのですが。
妻はげんきもん。
夫はなまけもん?
のんきなもんだと。
グルマンヨシダ&ファッションツウシンの更新が格段に減ることをここに予言しておきましょう。
by astronautics | 2008-03-31 23:59 | ある愛ある話

ついに発症かと眼には見えない敵この時期だとヒノキじゃあないかといふ人もいます

春の北風。
花散らしの雨。
季節の変わり目にくしゃみと鼻水が息をつきません。
嗚呼、ついに発症かと。
人生の変わり目。
しかし、土俵際で往生際の悪さを発揮したいと思います。
男はマスクなぞはしない。
c0093101_235548.jpg
帰りの自転車上の私は夢心地。
おハナすぅーすぅー。
気持ちが良い。
もうこれは自転車にずっと乗っていろということなのでしょう。
by astronautics | 2008-03-31 23:50 | ナチュラルヨシダ

ミーのカー182

暫定なのに35年。
下がったり上がったり。
ミーのカーがある盆栽屋にも関連ある事象です。
考える良い機会です。
c0093101_0101522.jpg
万が一、下がったままだとハイオクのロメスに追い風が吹きます。
by astronautics | 2008-03-31 23:40 | シェーのカー

突如として思い出したグリム童話それはハーメルンの笛吹き

客観的目線を感じないのが共通項。
リスペクトがない。
勝手気まま。
伊達と酔狂。
ルールがなければ暴走といいます。
笛は吹けるか。
笛を吹いたらネズミ退治はできるのか、子供達はついてくるのか。
どうだ?
c0093101_22534690.jpg
フォローザリーダー。
ノーサンキュー。
by astronautics | 2008-03-30 23:59 | ヨーリーを探せ

パクりとパロりと冷静と情熱のあいだ

パクってもいないのにパクったと言われる。
パロってるつもりないのにパロディでしょなんて負のリスペクト。
弱い存在がそうさせてしまうのか。
となれば、パクってやろうかホトトギス。
ということにもなります。
c0093101_2318384.jpg
誰だかわかります?
わかった方先着一名様に盆栽Tシャツ差し上げます。
by astronautics | 2008-03-30 23:50 | ASTNデザインラボ

おいしいお水を与えすぎたか肥料を与えすぎると腐ってしまうぞと警告もむなしく空に

丈夫に思えた木も水のやりすぎで育たず。
熱帯の植物はシベリアでは発育しないのと同じで。
私は流れゆく河をながめる。
石を投げる。
跳ね返る。
何回跳ねたかを見るだけ。
c0093101_23252742.jpg
オアシスの貴重な水で緑を広げることはなく。
by astronautics | 2008-03-30 23:40 | ヨーリーを探せ

ミーのカー181

今日の通勤は2時間ほど遠回りをしたのですが、
未来のミーのカーとたくさんすれちがいました。
c0093101_23114065.jpg
中原街道では何台の147を見たことか。
五反田では156。
広尾ではGT。
青山ではスパイダー3台。
そんなこともあるさ。
by astronautics | 2008-03-30 23:00 | シェーのカー

いや〜通じるもんだねなんて感心してましたけど通じていなかったようでまた明日のリベンヂです

共通の言語があっても相互理解を得るには多くの苦労がつきまとうのに。
共通の言語すらなかったら、それはもうほんとうに大変ですね。
c0093101_0403827.jpg
もう、すこし勉強しなければいけないのか。
人間力とはコミュニケーション能力。
その前に知力も。
by astronautics | 2008-03-29 23:59 | ナチュラルヨシダ

グルマンヨシダの非日常を押し上げてくれる非凡なる日常の盆栽

平然と運ばれてきた夕食の有様にリスペクトがある。
平然と並んだおかず三品の盛りに一際のリスペクトも見つける。
ごく普通に焼きが入った鮭も何か違う。
その塩味はあなたの汗なの?
そのツヤめいた輝きは涙だったの?
あのときは御免。
でも、粗末な扱いを受けた食材達の気持ちを代弁してみせたのだよと。
今もうそのカケラすらない。
それはそこにリスペクトがあるから。
前を振り返ると途方も無い連鎖があり、
最後に食卓で待ち構えるのはこの盆栽屋。
c0093101_0311798.jpg
さあ、言おう。
いただきます。
リスペクト。
by astronautics | 2008-03-28 23:50 | ある愛ある話

数日後かはたまた数ヶ月後か変身メモに健康体になったと書き込む日が来ると確信それは希望的観測ではない

まるで浮き雲。
風が吹くまま。
意思がないのか、そうではないぶれない。
その様。
大切にしたい。
その先。
見据えたい。
c0093101_026231.jpg
う〜ん。
とりあえず浮世離れ。
by astronautics | 2008-03-28 23:40 | ヨーリーを探せ