<   2010年 04月 ( 102 )   > この月の画像一覧

Somersault








by astronautics | 2010-04-30 23:59 | DJ BONSAI

盆栽人の方のお悩みは盆栽屋の悩みでもある

家に帰ると手紙が届いていた。
玄関のドアを開けると。
ふわりはらりと落ちてくる其れ。
Quarqとかいうパワーメーター。
アメアがコスミックカーボンのリムの在庫を抜群のタイミングで無くしたのは何かの縁か。
運命線を飛び越えた。
スラムのSRMがオシャレなのは知っていた。
Quarqヴァージョンもナカナカ。
しかし。
3Dが輝いて見える。
ヘヴィーでメタル。
楕円のチェーンリングに興味は無いのだが。
衝動買いはしてないか?
c0093101_024054.jpg
c0093101_024757.jpg
c0093101_0241439.jpg
c0093101_0242182.jpg
あー。
もうこれ。
ぜんぜん思考停止状態。
今夜はもう寝ることに候。

衝動買いはしてないか?
by astronautics | 2010-04-30 23:50 | 自転車とヨシダ

ないものねだりのチェリービーンズ

背を伸ばしてみる。
ないものねだりのチェリービーンズ。
善いところは。
其処ではないのに。
思わぬところが輝いているのに。
そこにリスペクトがあるのに。
c0093101_2351084.jpg
c0093101_2351629.jpg
c0093101_23511870.jpg
今が最高と。
このまま続けば満足だと。
ときにクレオパトラのようなことを云う。
永遠は無いというのは歴史書を振り返らずとも。
時を重ねるのが必定であるのならば。
今が最高に幸せなんて。
思わないようにしたい。
by astronautics | 2010-04-30 23:30 | ヨーリーを探せ

Doomsday








by astronautics | 2010-04-29 23:59 | DJ BONSAI

campy only 82

スーパーレコード。
憧れのパーツ。
妻に今まで使っていたコーラスのレバーを譲った優し過ぎる夫は。
自らにはスーパーレコード装着するという試練に向き合った。
発売当時はレバータッチにグレード差を感じられた。
しかし、今は其れが無い。
それでも、スーパーレコードと向き合うのは。
あの空気穴を愛して止まないから。
男の洋服にはポケットが多いとハードコアテーラーは教えてくれた。
つまり、男たちは穴がスキらしい。
胸に手をあてるまでもない。
c0093101_23355029.jpg
c0093101_23355594.jpg
c0093101_2336463.jpg
もちろん。
ステッカーチューンは欠かすことはありません。
3本線だとアディダスになってしまうから。
というわけではなく。
右は「11段変速」。
左は「2段変速」。
というように。
実に機能的なアイコンデザインなのです。
by astronautics | 2010-04-29 23:50 | 自転車とヨシダ

ソルレバンテのケーキ

祭日。
つまり祝祭を祝うべく思い切って奮発した。
だからケーキを買おう。
お持ち帰りにしようではないか。
ソルレバンテはイタリア菓子屋らしいので。
そういったラインナップになる。
其の中で私のリスペクトはといえば。
ズコット。
c0093101_23241216.jpg
c0093101_23241973.jpg
c0093101_23242838.jpg
こちらの其れは。
クリームにピスタチオのクラッシュが豊富に混じって。
まろやかで。
美味しゅうございました。
by astronautics | 2010-04-29 23:40 | グルマンヨシダ

アーユーハッピー?

仕事で使っている帽子。
お気に入りのワークキャップであるが。
かなり古いな。
みっともない気分がしてきた。
というわけで新しいものを買わなくては。
というわけで帽子屋へ。
すると、選べるくらいにヴァリエーション豊富に。
ワークキャップなぞというカテゴリが多種多様に。
もしかして流行っているのかもしれないが。
そんなことはどこ吹く風の盆栽屋。
サイの角のようにただ独り歩め。
男の決断は早い。
ネイビーブルーの帽子にキマリ。
c0093101_2259217.jpg
c0093101_2259990.jpg
c0093101_22591571.jpg
c0093101_22592326.jpg
c0093101_22593228.jpg
近所には羊屋洋品店があるので試着させてもらった。
気になっていたイートンジャケット。
勇んで着てみたら。
ハッピみたいだった。
アーユーハッピー?
コレはないな。
そして、ロングホーズを買った。
あの消えてしまった。
かつて消えかけたバミューダに合わせるつもり。
by astronautics | 2010-04-29 23:30 | スリーピースヨシダ

ただ前を見よ

俺は
振り返って
本当の敵は自分自身であることに気付かないで
俺なんかに眼をとられている時点で
差はいつまで経っても埋まらないよ
そう言い放ち再び前を向く

すなわち
お客と向き合う
進むべき道ははっきりしている
単なるののしり合いでは終わらずに
人と人のあいだの絆にまつわる
さまざまな物語を前向きに
ありのままに歌ってきたいと俺たちは決めたんだ

そうボスは云っている。











そうだな。
かつてリスペクト。
其れが不毛の地帯に居たときに。
どれだけ苦しんだことか。
ただ前を向けよ。
後ろを振り返るなと。
そこにはリスペクトがないと。
教えてくれたのは。
盆栽人の方々をはじめとする。
カスタマーと向き合うことだ。
其のリスペクトだけが。
かつて私を救ってくれたこと。
其れを忘れてはいけない。
だから後ろや内側。
其れらはもう見ない。
気付いても語るのはもう止そう。
自転車は前にしか進むことができないのだから。
by astronautics | 2010-04-29 23:20 | ヨーリーを探せ

本日は晴天なり

用件があった。
自転車はお預け。
昨日をもって妻の自転車が完成をしたので。
自転車でふたり街を周遊するのも善いかもしれないが。
とても停めてはおけないの。
こゝろが落ち着かないのを知っているから。
レールの上を滑る籠に乗り込む。
乗り換えも慣れたものさ。
東京に憧れ這い出てきた田舎者としては。
道行く人の多さに辟易とするが。
仕方ない。
其のおかげで私も生かされているのかもしれない。

丸の内で帽子屋と洋品店で買い物。
外苑前のバーガー屋で舌鼓。
表参道のバールで食後のカフェを。
久々に自転車に乗らない休日。
c0093101_20564625.jpg
c0093101_20565316.jpg
c0093101_2243496.jpg
c0093101_2057029.jpg
バールではバーリスタの手さばきを見つめた。
其の手は数あるドリンクを次々と。
さらに黙々と生産していた。
私も見習わなければ。
優しいが。
手際がよく。
しなやかでいて。
綿密なこだわりを感じさせる其の手つきを。
by astronautics | 2010-04-29 23:00 | ヨーリーを探せ

妻が自転車に乗りたいと云うので 31

妻が自転車に乗りたいと云うので。

私は要塞のひと区画を。
其れは日割りで幾ら?
とかいう計算をしてもらって。
月極契約までは至らないというところで。
間借りして。
工具も貸してもらって。
妻の自転車を組み上げた。
そう。
これは普段とおり。
いつもの仕事と同じ要領。
つまり組むまでが時間がかかり。
いざ!組んでしまえば一瞬の造作。

組み付け作業の最中。
まさに真最中。
妻のデロウザを。
抱きしめるように組み上げたわけだけれども。
そこで、ふと、脳内に響く歌声が。
ああ。
これしかないな。
妻の自転車のテェーマソングは。
これしかないよな。
優しさと愛に溢れ。
ときに優し過ぎるとまで云われてしまう妻。
そんな妻が乗る自転車の。
テェーマソング。
聞いてください。
みなさまのおかげで本日、とりあえずではありますがカタチになりました。
妻の自転車のテェーマソングです。











組んでみると気付くことがある。
レバーの位置は修正が必要だ。
あとはハンドルのカッティングシートも失敗だし。
ボトルゲージのロゴも消さないと。。。

つづく
by astronautics | 2010-04-28 23:50 | ある愛ある話