<   2010年 11月 ( 93 )   > この月の画像一覧

Different Story







by astronautics | 2010-11-30 23:59 | DJ BONSAI

盆栽屋柿喰う男にあらず

母の姉。
つまり伯母。
其の伯母から柿が送られてきた。
子供のころはトラックおばちゃんの相性よろしく。
慣れ親しんだ仲である。
いまでもこうして贈り物を送って頂けるのはありがたいが、しかし。
わたしは柿喰わぬということで。
柿が好物のナツキがムシャムシャ食べてくれる事になった。
こうして妻が嬉しそうに食べている笑顔を見る事ができただけでもありがたい。
リスペクトがある。
c0093101_0331239.jpg

c0093101_033946.jpg

c0093101_0331523.jpg
ところで柿は英語ではPersimmonっていうのご存知でした?
Persimmonといえばオークリーのレンズの色でありますね。
ジョーのボーンでもあるレンズカラーですが持っていないレンズです。
やはり柿とは相性合わぬのか…。
by astronautics | 2010-11-30 23:50 | グルマンヨシダ

ガーミンサーベロの正体

まさに合体。


c0093101_0273724.jpg

c0093101_0273842.jpg

c0093101_0273781.jpg


でも、アーガイルは忘れない。

ソーズ:http://www.cyclingnews.com/news/slipstream-gives-sneak-preview-of-garmin-cervelo-jersey
by astronautics | 2010-11-30 23:40 | 盆栽実況中継

夜の潮目

棚卸し首尾よく。
徹頭徹尾。
半分の行程を終えたわけであるが。
きっと、半分以上は過ぎたと思う。
だから心配はしていない。
明日はまた来る。
電車で行くことになる。
サイの角のようにただ独り。










いつもよりも早い時間に帰路に出るとどうだろう。
街道には流れの鋭いクルマたちが先を急ぐ。
身の危険を感じたわたしはタマサイを帰ることにした。
夜のタマサイは暗い。
けれどもヒトが居ないわけではない。
たすかったのは其の歩いたり走ったりしているヒトたちも発光体を身につけていたこと。
でなければ暗くて、見えないとなればアウト。
おかげで街道を通るよりは少し安全に帰る事ができたと思う。
夜のタマサイからは聖蹟桜ヶ丘の夜景ですら。
キレイに見える。
by astronautics | 2010-11-30 23:30 | 犀の角のようにただ独り走れ

Doors








by astronautics | 2010-11-29 23:59 | DJ BONSAI

妻が自転車に乗りたいと云うので 44

妻が自転車に乗りたいと云うので。

冬にも乗ってもらいたいと思う。
どうせなら。
長袖は夏前に手に入れた。
鳥籠のジャージ。
妻は籠のなかではないものの。
リスペクトがある。
其の上から羽織るStowawayも買ったし。
キャップのたぐいも用意よろしく。
あとはタイツとグローブ。
というわけで今日は要塞まで来てもらう事にした。
リスペクトがある。
c0093101_0573621.jpg

c0093101_0573790.jpg

c0093101_0573797.jpg
たまに乗る妻の場合。
ひと揃えあれば事足りてしまうのが善い。
わたしのように通勤まで自転車。
休みの日も自転車。
とかいうことになると。
決戦をするとかしないに関わらず。
決戦用の具も出てきたりする。
そうして、要と不要の様をかき分けることに。
衝動買いはしてないか?
取捨選択はしているか?
自らに問いかける事が多くなっていく。

つづく
by astronautics | 2010-11-29 23:50 | ある愛ある話

甘さは優しさか優しさは苦いか

もう止した。
陳腐なこだわりは聞き飽きた。
底には実が無い。
ハードコアーとは正反対。
其れを甘んじて受け入れるというのは。
諸兄先輩方のようには上手くいかないね。
其れはできないね。
わたしは取捨選択をした。
これも狭量の成せるワザである。
もう止そう。
これ以上は無駄。
優しさとか云う事象が。
無いはずの後ろ髪を引きずる。
自転車乗りは前にしか進めない。
サイの角のようにただ独り歩め。
サイの角にはクチが無い。
だからもう語るべき単語は無い。











ファーンデーション。
厚く塗ったか。
塗りたくったか?
熱く。
ぶ厚く。
噎せ返るほどに。
ツラの皮は厚い。
とにかく。
ベェースが大事だということ。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2010-11-29 23:40 | ヨーリーを探せ

Every Last One of Us








by astronautics | 2010-11-28 23:59 | DJ BONSAI

衣はこゝろを語る

まさかまた着る事になるとはな。
気持ちばかりは離れ。
いまや外野の守備位置からベンチを見ている。
其れがどうだろう。
衣類はまさにこゝろを模様を語る。
其の真実をあらわす。
籠の中の鳥。
つまり然う云う事だ。
盆栽屋。
オマヘのこゝろは勝手きままに旅しているようだが。
しかし。
身柄はこちらにあるのだよ。
籠の中。
c0093101_028127.jpg

c0093101_0281297.jpg

c0093101_028128.jpg
むかしの名前で出ています。
そんなわけでして。
むかしのジャージで出ています。
そういった次第でございます。
むかしの画像で盆栽更新しています。
そういうこともあります。
by astronautics | 2010-11-28 23:50 | サイクルモードヨシダ

グリーンラインの独り言

グリーンラインに萌えた。
燃えるこゝろは落ち葉にあふれる乾燥の冬山に火事を呼び込むが。
萌えるこゝろはたいしたことない。
トレーニングとはほど遠い。
たのしみに行っているだけ。
森林浴のつもりが。
黙々と走るがあまりに。
無言のため息。
自問自答。
これ以上は根付く。
涙は枯れた。
砂漠に住んだから。
夷狄は来たか。
もう敗けか。
攘夷のこゝろ。
皮膚を剥げばドロドロの野心。
AとBのあいだに入る新しいアルファベットは何か?
繰り返し。
そこにリスペクトはあるのか?
c0093101_037698.jpg

c0093101_037711.jpg

c0093101_037785.jpg

c0093101_037841.jpg
いつかは歯を喰いしばり。
今度は歯ぎしりを繰り返して。
歯はボロボロになった。
気分はバサバサのささくれ模様。
毛先は天然パーマとくるり。
円形脱毛症どころか。
円が大きくすべてにズルむけ。
布団にはいれば拾い要も無い寝言を繰り返す。
左様。
繰り返す。
by astronautics | 2010-11-28 23:40 | ヨーリーを探せ