<   2011年 05月 ( 97 )   > この月の画像一覧

彼方からの手紙








by astronautics | 2011-05-31 23:59 | DJ BONSAI

衣はこゝろを語る

衣はこゝろを語る。
云うまでもなく。
語ることもなく。
文字列にあらわさず。
印象。
良いか。
悪いか。
趣味次第。
好みの具合。
気持ちのテンション。
其の緊張の間合い。
c0093101_23391356.jpg

c0093101_23391454.jpg

c0093101_23391416.jpg

c0093101_23391422.jpg
目指すところは最エッジ。
エッジもエッジ。
最エッジ。
これからは自由だ。
自由に描けばいい。
カンバスに思いのたけを。
あまたの既製概念。
足元の鎖やしがらみ。
何も無い。
恐ろしいほどに何も無い。
恐怖生活はここからはじまる。
衣は傾斜し。
起伏なき生地。
明暗のコントラスト。
リスペクトはあるのか。
わからない。
まだできあがってもいない。
だから売っていない。
こゝろのなかの衣類。
by astronautics | 2011-05-31 23:50 | ヨーリーを探せ

GEOX TMCはなぜに地味なのか

ジロ開催中。
ひときわ地味に映ったGEOX TMC。
メンチョフとサストレというグランツールのチャンプを擁しているというのに。
其の地味さといったら異常なほどで。
プロツアーなのにツールや他のメジャーレースからは干されて出場できない。
観る機会が無い。
ジロには出場したけれど。
コンタドールが先に駆けていってしまった。
あぁ。
c0093101_1752446.jpg

c0093101_17524576.jpg

c0093101_17524563.jpg
日本の中継では忍者走法とか云われていたが。
そんなノンキなことでいいのだろうか。
そんなはずはない。
見た目はあきらかにド派手の線である。
ウェアーもロードレーサーも蛍光色まではいっているのに。
ブレーキまで蛍光になっているのに。
ホィールもおかしなくらいにロゴ入りなのに。
其のセンスが古いということが思いを加速させるのか。
ロードはFUJIで。
TTバイクはケストレルだった。
そんな新鮮な違いも、皆が皆スルーしている。
なぜ?
ヘルメットが黒いせいなのか。
なんだか地味だ。
なんかヘンだ。
気になるけれど。
深くは詮索しない。
そんな仲だよ。
結局のところ。
行き着くところ。
たどり着くリスペクトは。
地味だな〜って。
GEOX TMC。
by astronautics | 2011-05-31 23:40 | 盆栽実況中継

またしてもジルベールの自転車

ジロの裏開催レースのツールドベルギーにスペヒャル好きのCANYONはまたしてもスペヒャルバイクを投入。
実際の販売はないにせよ。
こういったスペヒャルバイクの投入はスポンサードしている広告媒体を存分に活かしていると云える。
乗っているのがジルベールなだけに。
注目の視線もひときわ集るというわけである。
c0093101_17441037.jpg

c0093101_17441044.jpg

c0093101_17441183.jpg
c0093101_17494563.jpg
さて、今度のスペヒャルは。
まるで、Team SKYのようなカラーリング。
このブルーはベルギー代表のイメージというわけか?
よくわからないけれど。
UCIランキング1位を祝うスペヒャルということなのか。


ソース:http://blog.canyon.com/?p=4588&lang=en
by astronautics | 2011-05-31 23:30 | 自転車とヨシダ

現場の花にはトゲがあるぜよ?

今日の天候。
雨しらず。
遅く起きた朝に。
ホィールを交換した。
雨の日用から。
晴れの日。
ステルスように翼断面。
俗に云う深いヤツを。
ディープ。
68mmの渓谷。
否。
其の高さの山頂。
切り立った崖。
最エッジ。
翼を求めるステルス。
翼をさずけるはRED BULL。
用意周到。
準備万端。
ステルスは離陸。
c0093101_1647198.jpg

c0093101_1647186.jpg

c0093101_16471813.jpg

c0093101_16471819.jpg
飽きが早い盆栽屋的に新ルートの開拓。
そういったフロンティアスピリットはまだ湧き出るのか。
この道路張り巡らされたメトロポリストーキョーの網目を綱渡りするかのようなアンバランス。
二輪走行のバランス。
ジャイロ効果で抑揚の気運。
過ぎていく景色。
トウキョーの街場の空気感に工事現場。
気付けば一輪の花。
ステルスのスピード。
制限時速めいっぱいに減速のスピードはしばらく。
ステルスの旋回性能を探る。
この狭い道。
しかも、盆栽屋。
自転車上のひと。
戻って缶コーヒーなぞの差し入れ。
思いもよらず。
気運巡らず。
自転車は前にしか進むことができない。
過ぎていく景色。
ときにリスペクトもある。

本日の走行距離 59km

今月の走行距離 1522km
by astronautics | 2011-05-31 12:00 | 犀の角のようにただ独り走れ

喜怒哀楽








by astronautics | 2011-05-30 23:59 | DJ BONSAI

ピンクのリレーは5人で  

ジロ終了。
映像の粗さが目立つものの。
風光明媚な景色ではイタリアは別格?
最後の表彰台の景色も様になります。
歴史があるというか。
いつかは旅行に訪れたいものです。
ジロも見たい。
c0093101_23395986.jpg

c0093101_23395911.jpg
c0093101_914180.jpg
c0093101_23395955.jpg

c0093101_2340055.jpg
とにかくコンタドールが強過ぎた。
ヤマも圧倒的に速く。
TTでも死角無し。
完璧なオールラウンダー。
この強さを見るかぎりシュレックに代表されるほかのライバルたちに勝てる余地はあるのかと思うくらい。
ツールはどうなるのでしょうか。
総合のほうはコンタドールが出れば堅いだろうけれど。
今年はジルベールが久々にツールに出るみたいなのでステージ優勝にも期待です。
by astronautics | 2011-05-30 23:50 | 盆栽実況中継

びびんばびんびんびんびびん

ビビン丼を食べた。
もうオマヘを食べることはないだろう。
残すことはしない。
出されたものは綺麗に食べよう。
其れが礼儀。
羊肉は食べない。
だからジンギスカンには行かない。
c0093101_230505.jpg

c0093101_2305064.jpg

c0093101_2305183.jpg

c0093101_2305134.jpg
次に来るときはキムカル丼。
まだ食べたことが無い。
それなのに一週間連続で食べるという。
安くなるというのだから仕方ない。
キムカル丼。
なるし〜出勤日も、あと7日を残すのみ。
あっという間。
松屋でのランチタイムともお別れ。
by astronautics | 2011-05-30 23:40 | グルマンヨシダ

Rainy Day

雨降りは酷だ。
あらゆる意味で。
機材的にも消耗がハゲしい。
ブレーキシューに。
リム。
パンクもしやすく。
砂利はフレームを汚し。
グリスを流し。
乾けばイオンを発生させる。
しかし、レースは止むことが無く。
走る続ける。
リスペクト。
c0093101_2316812.jpg

c0093101_23162496.jpg
c0093101_2316915.jpg
わたしは雨のレースを苦手としていた。
雨のレースではまともに走れた記憶がなく。
雨へのモチベーションはとにかく低い。
昨日まで開催されたツールド熊野は全ステージ雨なんていう惨事。
あの第2ステージで雨。
わたしも走ったことがないわけではない。
想像できる記憶にあるだけに黙る。
だからこの数日。
通勤だけでも自転車で走ることにした。
走っている選手たちと同じ雨にうたれている。
なんて言ってみたりするクチはまだある。
by astronautics | 2011-05-30 23:30 | 自転車とヨシダ

After do be noon








by astronautics | 2011-05-29 23:59 | DJ BONSAI