<   2011年 07月 ( 93 )   > この月の画像一覧

A Night in Tunisia








by astronautics | 2011-07-31 23:59 | DJ BONSAI

ヨーリーを探せ

あれはメトロポリストーキョー。
渋谷区のはずれにある。
スクランブル発信。
いまのところ秘密基地。
交差点には背を向けた。
T字曲がればどん突き。
向かいはグリーン。
こちらはブルーか。

BUKKENはどこにある?
まだ開店までは時間がある。
内部を改良している。
そのあいだに探し当てたリスペクトには。
プレゼントがある。
c0093101_0443532.jpg

c0093101_0443510.jpg

c0093101_044351.jpg

c0093101_0443696.jpg
見事に盆栽自転車店を見つけてヨーリーに会うことができた先着1名様には、

エスプレッソ半年間タダ券(権)差し上げます

※BUKKEN前に居るヨーリー(盆栽屋ヨシダ)を発見して名乗り声をあげていただいた先着1名様がコチラの券を得る権利があります。
※エスプレッソ以外のドリンクメニューは差額にてお楽しみいただけます。
※タダ期間は盆栽自転車店開店日から半年になります。


あれはメトロポリストーキョー。
渋谷区のはずれにある。
スクランブル発信。
いまのところ秘密基地。
交差点には背を向けた。
T字曲がればどん突き。
向かいはグリーン。
こちらはブルーか。
まさにステルス盆栽。
新世代のレーダーで探してみて下さい。

Project BONSAI CYCLEすでにはじまっています。
by astronautics | 2011-07-31 23:50 | ヨーリーを探せ

雨の日走ったら掃除もね

汚れが気にならないステルスも。
さすがに今日の走りでドロドロである。
こういったときには水洗い。
まさに洗車。
コスミックな後輪にジャブジャブはいった水も取り除き。
ブレーキシューも相当に削れたので交換しなくては。
BBBのカーボンリム用ブレーキシュー。
実際、カーボンリムに使用したのはほんのわずかで。
後半はほとんどをアルミリムを制動する役目を担って退役。
それでもなかなかの制動力だった。
リスペクトがある。
c0093101_059151.jpg

c0093101_059217.jpg

c0093101_059215.jpg

c0093101_059399.jpg
蔵を捜索してくると出てくるパーツ。
赤いコルク。
これはコリマのブレーキシュー。
ここで会ったが何年ぶりか。
旧型の肉厚なタイプ。
とにかくブレーキが効かない。
シューがソフトすぎてスポンジのようにたわむ印象がある。
きっとカーボンリムには優しいと思うが。
しかし、愛用している方も大勢いらっしゃるので。
ブレーキシューは好みでいろいろなんだろうな。
なぜか3つしかなく。
とりあえずならば前後のどちらかで使用できるか。
そう思ってみるだけは思ったりして。
by astronautics | 2011-07-31 23:40 | 自転車とヨシダ

Ronde van Onekan GW special

本日は趣向を変えてオネカンです!
オネカンなんて…。
其れはもうバターになるほど走ったのに。
いまさらどこを走るのだろう。
しかし、其の向こう側。
別世界が広がっていることを知る。
一部走ったことがあったが。
これが伝承に聞いていた牛小屋。
感慨深い。
とある冒険家の足取りをたどる。
自転車乗りはそうこなくては。
リスペクトがある。
c0093101_1614364.jpg

c0093101_1614389.jpg

c0093101_1614283.jpg

c0093101_1614258.jpg

c0093101_1614483.jpg

c0093101_1614517.jpg
雨の中をマンツーマンのプレイベートレッスン状態。
道は複雑であるが。
自転車はシンプルに。
雨のカフェでも席はテラス席。
もうすでにずぶ濡れなのに。
雨がやむまで待ったりして。
肉体は冷えきったが。
リスペクトがないサンデークラクションにすぐに熱くなった。
大丈夫。
カオは笑っているから。
帰りは表のオネカン一直線。
リスペクトがある。

本日の走行距離 65km
by astronautics | 2011-07-31 12:00 | 犀の角のようにただ独り走れ

Moanin'








by astronautics | 2011-07-30 23:59 | DJ BONSAI

日曜日 盆栽ランとリスペクト

さいきんは雨がちである。
インターネット。
メッシュ模様の便利アイテム。
其れが捉えた画像よろしく。
雨雲は散り散りとしていて。
避けようと思えば。
避けることができるかな。
そんなゲーム感覚もよぎる大自然を前に。
c0093101_2030446.jpg

c0093101_20304766.jpg

c0093101_20304775.jpg

日曜日のコースはコチラ↓

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=9530424dc90b0244343c62196f69dbd7


いつものようにわたしが作ったコースではありませんが、おもしろそうなので走ってみましょう。
いつもの尾根幹の裏顔を知ることになるでしょう。
距離が短いですがアップダウンが異常にあるのでソコソコ時間はかかると思います。
前半の川崎街道は省略、後半はすこし距離を足して、最後はジェラートを食べに行きます。
雨の予報ですので集合時に雨が降っていない場合は公式にはランを行いません。
サイの角のようにただ独り走っているかもしれません。
路面がスリッピーだと思いますので落車等にはじゅぶん気をつけましょう。

ローソン稲城鶴川街道店を8時00分出発です。
by astronautics | 2011-07-30 23:50 | 犀の角のようにただ独り走れ

iphoneもケースを買うとき

携帯電話にケース。
もはやこの携帯電話は携帯電話ではなく。
携帯できるケータイ。
電話が出来る便利製品とか云う。
護るにはケースが必要で。
さっそくキズをつけた盆栽屋。
ケースは決まっている。
incase。
知っているデザイナーがふたりともincaseを愛用しているならば。
わたしもincaseを使おう。
そういったミーハー。
盆栽屋であろうともクリエイターを気取る。
さて、売り場に向かいお気に入りの一個をテに取りレジに並ぶと。
ipod touch用だって?
このムラサキのようなブルーのようななんともいえない雰囲気がお気に入りだったのに。
といっても肝心のiphone4用にはカワイイ色がないじゃあない?
どうすりゃいいわけよ。
c0093101_2014863.jpg

c0093101_2014976.jpg

c0093101_2014979.jpg
交換してもらうときに。
ふと思いがよぎった。
其の思いは。
いつも通りの。
普段着のとおり。
其れがルール。
というよりはマナー。
塗るしか無い。
無いものは作れ。
そこにしかリスペクトが無い。
其の思いを思い出したわけだ。
というわけで塗りやすいホワイトを買って帰ったよわたしは。
by astronautics | 2011-07-30 23:40 | エンタメヨシダ

BUKKENを探せ

BUKKENを探せ。
トラさん状態を脱するべくの至上命題。
見つかるか。
掘建て小屋。
Project BONSAI CYCLEの要。
あるひと曰く。
BUKKENとは〝出会い〟だからと。
c0093101_0364338.jpg
c0093101_0364127.jpg
紙をじっと見ていてもはじまらず。
百聞は一見にしかず。
思えば。
電車や徒歩よりも自転車で見に行くことのほうが多かった。
トレーニングをしようと思っても向かうさきは都心方面だった…。
c0093101_0364438.jpg
あるひと曰く。
BUKKENとは〝出会い〟だからと。
はて。
今回の場合はというと。
会うまではそうでもなかったが。
会ってみればなかなかハナシが弾んで。
さらにつき合ってみたら最高だったと。
そう思える存在であってほしい。
そうしていかないといけない。
c0093101_0364256.jpg
c0093101_036454.jpg
場所のほうは今は何も無い単なるBUKKENですので。
追って発表させていただきます。
よろしくお願いいたします。

Project BONSAI CYCLEすでにはじまっています。
by astronautics | 2011-07-30 23:30 | ヨーリーを探せ

Africaine








by astronautics | 2011-07-28 23:59 | DJ BONSAI

屋号は決まっている

そのとき。
云うは突然である。
「〝BONSAI〟ってアルファベット表記にすると、良い感じですよね〜」
RCCTのとあるスタッフに云ってもらった。
彼は仏語が堪能であり、アルファベットが身近な存在。
〝BONSAI〟。
たしかに。
BONは仏語で良いという意味があって。
つまり、〝BONSAI〟は良いサイで。
サイは何かと云うと動物キャラで。
角は一本で。
インドのサイで。
サイの角のようにただ独り歩むというわけで…。
だから、盆栽ジャージには其れはもうデカデカと〝BONSAI〟の文字が刻んである。
盆栽人のみなさまには盆栽人であることをそれはもう堂々とアピールしていただきたい。
そういう思いでジャージは製作&オーダーさせていただきました。
衣はこゝろを語る。
c0093101_2225495.jpg

c0093101_222588.jpg

c0093101_2225539.jpg


ステルス盆栽。


c0093101_2225558.jpg

c0093101_2225693.jpg
今や、フリーマンヨシダ。
変幻自在の身であるが。
トラさん。
実はこゝろとカラダ、ニンゲンのぜんぶはすでに向くべきベクトルが決まっており。
BUKKENが決まる前。
会社を辞める前。
ずっと前から。
屋号は決まっている。
およそ3年ほど前から決めていたこゝろ。
時を経ても変わらないこゝろということは。
其れはブレが無かったということだろう。
聞かれたときには答えている。
野心が下支えの。
其れは本心か。
まぎれも無い。
決めた屋号は、

盆栽自転車店

というわけで、これからもよろしくおねがいいたします。

Project BONSAI CYCLEすでにはじまっています。
by astronautics | 2011-07-28 23:50 | ヨーリーを探せ