<   2011年 11月 ( 71 )   > この月の画像一覧

LOVE THEME FROM SPARTACUS








by astronautics | 2011-11-30 23:59 | DJ BONSAI

Lottoのチームジャージが見えた件について

Lottoのジャージがリーク。
こ、これは…。
なんともいえないデザイン。
どちらかというとマイナス方向に舵をきったか。
個人的感想。
其れもリスペクト。
フレームはRIDLEYに。
CANYONはどこに?
c0093101_1224545.jpg

c0093101_1224886.jpg

c0093101_1225113.jpg
2011シーズンのLottoのジャージのほうが盆栽屋的には好みであったが。
エースGirbertはプロトンのなかで一番ダサイという感想だったらしい。
そんなGilbert。
実力でチャンピオンジャージに着替え。
さらに来季はBMCに着替え。
もうこのジャージを着ることも無い。





こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
by astronautics | 2011-11-30 23:50 | 盆栽実況中継

空気を入れろ

街の空気を吸いに出る。
息をしている。
喉が乾いてくる。
空気は乾燥をしている。
地下のレールを踏み外せば。
薄暗い。
列車が整列をしている。
座席はどこもかしこも。
空いている。
さて。
どこに座ろうか。
迷い。
選んでいるあいだ。
警笛が鳴り。
走り出す列車。
一駅先で降りるというのに。
まだ迷っている。
沈黙。
次の駅を知らせるアナウンス。
マイクパフォーマンス。
そして12月がやってくる。
c0093101_0502061.jpg

c0093101_0502095.jpg

c0093101_0501883.jpg

c0093101_0503342.jpg

c0093101_0503392.jpg

c0093101_0503491.jpg

c0093101_0503310.jpg
街の空気は重い。
空は高く。
雲は低く。
マットなグレー。
空を見上げる勇気は無く。
目線は足先を見つめる。
靴の先端は鋭く。
重い空気を切っては進む。
表層を削ぐようにして。
上澄みのいちばん美味しいところを持っていくかのように。
そこにリスペクトはない。
向き合うこともない。
後ろは振り返らない。
ただ、足元は見つめる。
痛みがある。
靴擦れが。
進んだ距離の代償か。






こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
by astronautics | 2011-11-30 23:40 | ヨーリーを探せ

街角ブルース








by astronautics | 2011-11-28 23:59 | DJ BONSAI

担ぐということ

野辺山での泥区間。
まともに走れたものじゃない。
練習不足もなにも。
泥沼を探しにいかなくては。
とりあえず。
わたしもやってみた。
イメージトレーニングのとおりだ。
ネイスはああしていた。
あれは3周目だったか。
全然サッパリだ。
妄想と現実の違いさ。











これが世界レベルだ!
トップレベルだ!
いや〜。
言葉にするのは実に簡単だが。
やってみると難しい。
というかできない。
そこにリスペクトがある。





こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
by astronautics | 2011-11-28 23:40 | 盆栽シクロクロスマッスィーン

リザルト

走れば残るリザルト。
オマヘは満足したのか。
吐き出そうな溜飲を下げる要因になったのか。
自転車はチャンピオンスポーツ。
2位以下は負けだとはいへ。
昇格という目的も果たせた。
久々の表彰台の味も良かった。
しかし。
其れは其れ。
余韻に浸るようでは明日の盆栽屋は無し。
シリアス盆栽。
真剣な姿勢だけと向き合え。
結果はご褒美。
運が良かった。
ご褒美は。
たまにしかないな。
c0093101_23355082.jpg

c0093101_23355092.jpg

c0093101_23355192.jpg
photo by Kei Tsuji

このシリアス面のウラオモテ。
他のことはまったく考えていないスタート前。
しかし、走り出せば何度も。
何度も。
其れは何度も。
走るのヤメようかという弱気が乳酸以上に出て来るから危うい。
しかし、いまやファッションサイクリストをレペゼン。
盆栽自転車店のプレジデント。
だからヤメるわけにはいかない。
オキナワの失態の毒も丸呑みにして走り続けなければならない。
わたしだけが走っているわけではない。
TEAMをレペゼン。
文字通り牽引する身にあっては。
うしろにはチームメートがいる。
TEAM BONSAI ASTRONAUTICSは闘い続ける集団であるというヴィジョン。
其れをデザインする。
そこにリスペクトがある。




こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
by astronautics | 2011-11-28 23:30 | ヨーリーを探せ

野辺山シクロクロスレース C3Bレポート

わたしはナーバスだった。
レース前はいつもこうだ。
オキナワの失敗。
其れがさらに其の心中を加速させて。
今度のシクロクロスには。
スペアホィールまで用意して持ち込む。
天候はチェックした。
やけにシリアスだった。
前の日の晩は。
とくに。
ちょうど近所にできたゴーゴーカレーのカツカレーを食べ。
高速道路では勝沼の看板を凝視。
勝ちにこだわる。
其れがたとえ初戦であろうとも。
シクロクロスに本気。
だから、C3では着ている人が珍しいスキンスーツですら…。
用意してしまった。
c0093101_0491216.jpg
まぁ。
わたしの記憶のなかでは有数の悪夢に数えられたオキナワの日にくらべれば。
野辺山シクロクロスはツキがあった。
オキナワではなぜか使えなかったETCカードが使えたし。
天気は今の野辺山にしては珍しく暖かでウェアーも薄着でいけたし。。
コース試走もじゅうぶんすぎるくらいに走る時間があったし。
さらに、出場するC3の組み合わせも人数が多くて2組に分かれることになったし…。
c0093101_111618.jpg
わたしは後発のB組だったので。
A組の試合の様子を見ていることができる。
そんな、ツキの要素がわたしの神経症を和らげて。
レースへ自然に向かわせてくれた。
スタート地点では最前列をキープ。
スタート直後からフルもがきでホールショットをゲットしようと思ったものの。
ペダルの装着に失敗。
5番手くらい?でファーストコーナーに進入すると、すぐのアスファルト路面でリベンジの加速。
これで勢いづいた盆栽屋。
するするトップに出てしまう。
直後の泥区間に一直線の突撃を見せる。
しかし、オーバーペースか。
後続の選手に追いつかれ、しばらくはランデブー走行に。
c0093101_0352443.jpg
するとまさかのスリップ。
オオコケをかます。
試走ではまさかコケるかと思っていなかった地点。
レーススピードとの違いか?
これで置いていかれてしまう。
その後なんとか視野には捉えるものの、サークルズの落合選手は泥区間があきらかに上手で、泥で追いつかれるか、泥で離されるかを繰り返しているうちに離されてしまう。
さらに周回遅れ?の選手を避ける際にうまく対処できず自爆してローブロー。
しかし、シクロクロスにはレフェリーは居ない。
時間を止めてくれる者は何者も居ないのである。
Raging Bull。
自分のサドルをぶつけてしまおうとも。
止まるわけにはいかない。







其れが原因で落合選手に離されてしまい。
さらに、すぐのところにある一回目と同じ箇所でスリップ。
差は絶望的に。
そのときにさらに後続の選手に抜かれるという。
ヒザは擦過傷で。
ローブロー。
もうボロボロ。
c0093101_0352714.jpg
けれどもまだ3位。
アドレナリンは分泌を止めず。
すぐさま2位の選手をとらえると、舗装路の上りでパス。
このとき抜いた選手の呼吸が尋常ではない音だったので。
イケたか?
と思ったが、直後の泥ゾーンに苦戦。
しかし、なんとかそのままゴール。
2位でした。
勝ちはなかったものの。
初戦で昇格含みの成績ですのでヨシとしましょう。
次戦からひとつ上のカテゴリーに挑戦できるかもしれません。
まだまだ課題は多いシクロクロスですが、これからもがんばっていこうと思います。




こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
by astronautics | 2011-11-27 23:50 | レース盆栽

The Edge








by astronautics | 2011-11-26 23:59 | DJ BONSAI

準備を怠らないということかこれは

オキナワのときはどうにかしていた。
シーラントを入れていたにもかかわらずパンクした前輪。
バースト。
こゝろが破裂しそうだ。
其の前にレースに向けていくつかの忘れ物があった。
シューズとかヘルメットのように致命傷には至らない忘れ物であったものの。
もしかすると致命傷だったのかもしれない。
其のキズ。
オキナワで負ったキズ。
青色切符の往復ビンタ。
其れが正気に戻してくれたとすればあの遠征。
決して無駄ではなかったということだろう…。
領収書は盆栽自転車店でお願いします。
c0093101_19113358.jpg

c0093101_19113468.jpg

c0093101_19113572.jpg

c0093101_19113889.jpg
レース前はなにかとナーバスになるほうだ。
攻撃的精神が剥き出しになる。
武者震いかこれは。
恐怖心か。
もしかして。
オキナワの失敗もあり。
わたしのナーバスさはさらなる深化。
脆弱なるメンタリティは。
カテゴリー3のレースでもスペアホィールを用意させてしまう。
レース前の試走なんぞでパンクしないとも云えない。
そうだ!
完全に踊らされているのか。
泥のぬかるみ。
はまったアナタ。
足を取られたアナタ。
車輪がはまってダンシング。
できるのか。
踊る阿呆に。
観る阿呆。
シクロクロスにゃ担ぐ阿呆と。
シクリズムジャンキーの到達点。
盆栽屋シクロクロスの第一ラウンド野辺山。
自らがシクリズムジャンキー。
其のオーバードーズ。
確認の旅はこれから始まる。




こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
by astronautics | 2011-11-26 23:50 | 盆栽シクロクロスマッスィーン

Peines de maures








by astronautics | 2011-11-25 23:59 | DJ BONSAI