<   2012年 03月 ( 99 )   > この月の画像一覧

KISS






by astronautics | 2012-03-31 23:59 | DJ BONSAI

明日はレイスだボンバイエ

ロードレースシーズン開幕。
レース初心者の多い盆栽人会。
今季前半はJCRCを主戦場とさせていただく。
初戦は明日の修善寺。
わたしは久々なのでXクラスの参戦も考えたものの。
Sクラスが選択可能だったのでそうさせていただくことにした。
人生初のSクラスでの走行。
10年ほど前か。
Aクラスから昇格してSクラスに上がったものの。
その後は実業団が主戦場になったのでSクラスは一度も走らないままだった。
Sクラス…。
どうなんだろう。
今のわたしに何ができるのか。
答えはいつも決まっている。
前に在籍していた当時の監督の言葉。
「一生懸命に走ればそれでいい」
其れだけ。
そこにしかリスペクトはないのだ。
c0093101_043262.jpg
c0093101_20101929.jpg
c0093101_20101972.jpg
c0093101_20102061.jpg
結成半年を経て。
この閉鎖的極まるなかにも。
新しい仲間も増えた。
そこにリスペクトがある。
ここにきてチームとしてのまとまりが出て来た感があるのは気のせいか。
否。
気のせいではないだろう。
週末の練習でも多いときは4~5人の参加があり。
先頭交代も幾らかスムースになった。
しかし、群れにはなるなよ。
脳はひとりひとりにある。
サイの角のようにただ独り歩め。
そこにリスペクトがある。
今回はチームで遠征。
さらに応援にまで足を運んでくれる方も居るというから。
リスペクトがある。
参戦する選手に良い成果を挙げてもらうべく、わたしは奔るだけ。
まるで飛び立つ鳥を見守る親鳥のような気分だ。
ありがとう。
この気分は最高。
こんな気分にさせてくれる仲間には最高のリスペクトを。
しかし、盆栽屋。
見つめるとはいえ。
其の眼光は三角。
猛禽類のように鋭く見つめる。
サイの角のようにただ独り歩め。





こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
by astronautics | 2012-03-31 23:50 | 犀の角のようにただ独り走れ

500の悩みは尖った

GARMINの日本語版メーター。
edge500。
かつては青白のカラーしかなく。
多くのファッションサイクリストを苦しめてきた。
このほど価格が改訂され。
さらに色も追加された。
どんな自転車にも合わせやすいのはブラックシルバーか。
さっそく装着。
贅沢かつ酔狂なセコンドメーターとして。
そこにリスペクトがある。
c0093101_15115661.jpg

c0093101_15115572.jpg
合わせやすいカラーリング。
とはいっても。
カンペキには合わない。
合うわけではない。
オーダーメードでないかぎり。
其れはタマタマのリスペクトにしか期待できないだろう?
だったらどうする。
盆栽屋。
無いものは造れ。
サイの角のようにただ独り歩む。
c0093101_15115648.jpg

c0093101_15115527.jpg

c0093101_15115755.jpg
というわけでメーターもSTEARTH。
あとは文字盤を少々いじればカンペキにまた一歩近寄ることができるだろう。
そこにリスペクトがある。






こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
by astronautics | 2012-03-31 23:40 | ASTNデザインラボ

ドーパミン

いやはや。
ドーパミン中毒。
もはや手遅れの手つかず。
脳内麻薬。
処方箋には行列の始末。
並ばない。
不始末。
行列にはリスペクトが無い。
とんだこだわり。
ヒュンと行って。
スタッと降りる。
点数は10点満点。
飛び込み満点。
スリルは勘弁。
反省点は尽きない。
スカイハイ。
空を見上げれば。
空は低く。
天井知らずか。
小宇宙。
この楽しみを教えてくれた森羅万象の万物にセンキュー。
サンキュー。
センキュウー。
c0093101_21173723.jpg

c0093101_21173729.jpg

c0093101_21173830.jpg

c0093101_2117382.jpg




たのし〜
超たのし〜

このフレーズ。
脳内に響く。
スッカラカンが故に。
良く響くよ。
by astronautics | 2012-03-31 23:30 | ヨーリーを探せ

The Anthem (Flume Remix)







by astronautics | 2012-03-30 23:59 | DJ BONSAI

4月の盆栽走行予定

4月の盆栽走行予定表を出させていただきます。

盆栽ランは原則的に自由参加とさせていただいています。
事前の参加、不参加の連絡は不要です。
途中合流、途中離脱は個人の判断でお願い致します。
合流時に、とくにペースを落とすようなことは致しません。
コースを提示してある都合上、コースは記憶しているという理解で進行させていただきます。

どんなことをしているのか?ということで2回までのお試し参加は歓迎しています。
盆栽ランを気に入ってくださり継続的に参加してみたいとなられた際は盆栽チームか仲良しチームに加入していただくか、従兄弟のチームであるASTNジャージを御着用のうえご参加ください。

4月の盆栽ランは、ナツキさんの帰省にレース参戦や月末に控えるGWなどの諸事情がからみます影響でかなり複雑ですので、お間違えの無いようによろしくお願いします。

それでは、マジカルミステリー盆栽ツアーの世界へようこそ。
c0093101_23305861.jpg
レース参戦デー

★1日(日)

盆栽屋JCRC修善寺参戦のため盆栽ランは自主練とさせていただきます。
複雑すぎるということで定評の盆栽ランのコースを覚える時間に使ってください。


c0093101_2331157.jpg
盆栽ラン

★8日(日)

4月6~8日、盆栽自転車店はナツキが帰省のため午前中お休みの予定です。
8日は日曜日ですがお店はわたし独りですのでショートのテキトーコースを走ります。
8時に盆栽自転車店前にご集合ください。
都合により無い場合もあります。
あらかじめご了承ください。

★15日、22日、29日(日)

3月末から通っている定番コースを走ります。
試走は終えたのでこれからは待ちません。
各自コースを覚えるようにしてください。
コースは小変更していますので、あらためてダウンロードしてください。
盆栽自転車店前を8時出発。

☞ http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=582e5a3ca17340c67501802a012c5e62

※途中、67km地点で5分間コンビニ休憩を1回だけ入れますが、それまでの水分が足りない場合はダブルボトルのご用意をお願いいたします。


c0093101_2331499.jpg
盆栽フォンド

★5月2日(水)

GW谷間の水曜日。
平日ですがもしかするとお休みの方もいらっしゃるのかもしれません。
定休日と重なりますので、わたしとロングに出るという機会にどうぞ。
盆栽自転車店を7時出発。

☞ http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=77328466dbaded84ddd55542c3713f26

このコースを逆走します。
朝のうちに20号を抜けてしまおうという作戦です。


c0093101_23575441.jpg
盆栽トレーニングライド

★21日(土)

21日はプログレッシオーネの予定です。
心拍計をお忘れなく。盆栽自転車店に9時集合。
簡単な説明から入ります。
※盆栽人の方のみ参加可能のスペヒャルサーヴィスです。


c0093101_23574520.jpg
癒しラン

28日(土)

巡航30km/h以下。ビギナーの方やゆっくり走りたい方向けに盆栽屋が開催させていただくサイクリング会。コース紹介と走り方のレクチャアなどをさせていただけたらと思います。
どなたでもご参加ください。
春めいてきたので足を伸ばして郊外の美味しいパン屋さんにでも行こうかと思います。
サコッシュを持ってお土産を買っていかれるとご家庭の方に喜ばれます。
癒されるかどうかは参加してみてのお楽しみ。
盆栽自転車店を8時30分出発。




盆栽屋。
サイの角のようにただ独り走る。
休みが合う。
時間が合う。
向きベクトルが合う。
リスペクトがある。
という方はご参加どうぞ。





こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
by astronautics | 2012-03-30 23:50 | 犀の角のようにただ独り走れ

訂正!

訂正!
訂正!
先日はレーダーしか、かけない男たちの1人として紹介したジルベール。
しっかりと、ジョーボーンも装着履歴があったことをここに訂正いたします。
c0093101_2342091.jpg

c0093101_2341593.jpg

c0093101_23415963.jpg

c0093101_2342072.jpg
さて。
ジルベール。
今季は不調なのか?
クラシックシーズンにはいっても活躍がみられない。
アルデンヌクラシックでは復活するのだろうか。
もとい、BMC。
フショフトにヒンカピー、さらにはバッランも居るというのに。
まだ活躍が無い。
スターが居過ぎると難しい。
そういうことなのだろうか。







こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
by astronautics | 2012-03-30 23:40 | サイクルモードヨシダ

It's Simple

うやむやを解すれば。
曇りは晴れに。
少降状態に。
そして。
曖昧母音。
ミーマイン。
イッツシンプル。
答えは単純。
手応えカンタン。
眼をつむる。
判断。
算段。
計算はナシ。












理屈は折れた。
凹んだ磁石。
拾おうにも飛び散った。
破片はどこだ。
磁力あれば。
また集まるのか。
はたまた。
反発してゆくのか。
風が吹いている。
風は知らない。
リスペクトを。
知らない。
一つシンプル。
by astronautics | 2012-03-30 23:30 | ヨーリーを探せ

Teenage Teardrops (Pyramid remix)








by astronautics | 2012-03-29 23:59 | DJ BONSAI

ファッションサイクリスト的考察「フランドル地方の旗」

フランドルの旗。
春のクラシックシーズンを彩る風物詩的存在。
いまや、自転車周辺のパーツやジャージに小物には、このフランドルのライオンがデザイン要素として使われたものが少なくない。
ファッションサイクリストの大好物だと思う。
c0093101_1851558.jpg
かつては、わたしも自分の自転車のヘッドマークのサイズにこの旗を模したシールを作って貼っていた。
其れはヨハンムセウの真似。
けれど、自分はムセウみたいにフランドル人じゃないのにこの旗を使っている事に違和感を感じて、この旗をヘッドマークに飾るのをヤメた。
この旗は国旗では無いにせよ。
ベルギーのオランダ語圏フランドル地方の旗。
其の地方のナショナリズムを象徴する存在でもあるからである。
c0093101_18512286.jpg
4月1日はTour de Flandres。
そうでなくとも、ベルギーで開催されるレースではよく見られる旗がコチラ。
よく見ると、黄色の地に黒いライオンはいろいろなデザインを見る事ができる。
e0154650_1892720.jpg
そして、とくによく見られるのはこの手旗になっているデザインのものだと思う。
ちなみにこの手旗は実際にレース観戦に行った方から頂いたモノ。
e0154650_1893168.jpg
ちなみに正式なフランドル地方の旗はライオンが黒に白の陰影があり。
爪が赤いというのが特徴。
c0093101_18512532.png
よく見ると。
手旗のほうには、しっかりと手旗の発行元がプリントされている。
アクセスしてみると、とある政治団体に行き着く事ができる。
どうやらフランドル独立派の団体らしい。
c0093101_18511840.jpg
この旗が何を意味しているのかは知っておいたほうが良いだろう。
単純にカッコイイでは済まされない。
遊びと真面目の要素が複雑にシンクロする。
それが国旗や地方の旗であれば尚更。
ファッションサイクリストであれば受け止めるべき事実。
e0154650_1893896.jpg
さて。
以上のことを考えたうえで。
それでもわたしはこのTour de Flandreというサイクリストの祝祭をみなさんとお祝いするためにこのシールを大量に作り、お店で配る。
この旗が、政治的な意味を持つということも事実だけれど。
このレースの景色を彩るひとつの要素であり、観戦気分やレースシーンを愛するモチベーションを盛り上げるアイテムあるのは間違いないと思うから。
c0093101_1851108.jpg
このデザイン要素は。
使うというよりは。
使わせてもらうという感覚が適当だと思う。
其れは既存の要素は総て云えること。
この要素を本当に大事にしているひとも居れば。
忌み嫌うひとも居るのかもしれない。
だから、自分がデザインするジャージや小物にこの要素を加えることはないし。
色を変えて使ってみたりすることは絶対にないと思う。
そして、其の線引きの線はひとによっていくらでも自由だと思うし。
これはわたし個人の線引き。

こうして線を引かせていただきました。
by astronautics | 2012-03-29 23:50 | たまには考える男