<   2013年 02月 ( 70 )   > この月の画像一覧

The Mahdi









by astronautics | 2013-02-28 23:59 | DJ BONSAI

XL振興会

Quick StepチームでXLが普及している。
チームぐるみのドープは過去に他のチームでも見受けられたものだが。
こういったチームぐるみでのXL使用は他では見られない。
あ。
シクロクロスではRapha Focusチームか。
けれどもロードのチームでは初めての現象である。
そこにリスペクトがある。
c0093101_18165889.jpg
c0093101_18171042.jpg
c0093101_18165937.jpg
c0093101_18165833.jpg






すべてを牽引しているのはチームエースのボーネンか?
すばらしいチームだ。
クラシックでも、もちろん応援している。
by astronautics | 2013-02-28 23:50 | XL振興会

塗装は一日にして成らず

塗装。
一日にして成らず。
肝は霧のように吹き付け。
しかし、狙いは定め。
まんべんなくコーティングを施したい。
しばらくの放置。
乾かぬ男だ。
ウェットなままで。
手を伸ばそうとしている。
そこに指紋が残る。
c0093101_1115218.jpg
c0093101_1115212.jpg
c0093101_111519.jpg
c0093101_1122458.jpg
奥が深い。
奥が深いと思っているほどに。
単純な事でつまずくことは何度も。
単純明快である。
しかし、乾かぬ男だ。
ウェットなままで。
by astronautics | 2013-02-28 23:40 | ヨーリーを探せ

在庫処分に付 チタンシクロクロスフレームを超特価にて

次を見つけてしまった盆栽屋。
過去では次が未来。
次が今となっている状況では。
あのときは未来であったかもしれないけれど。
今となっては過去になってしまった思いに別れをつげるほかない。
自転車は前にしか進むことができないとでも云うように。
トランクを抱えて家を出た。
c0093101_005843.jpg
今や、過去形になったのは。

TNI シクロクロスフレーム

塗装は無垢。
チタニウムらしい生地のまま。
黄金色にも見える独特の金属色。
先シーズンのレース中に破壊に成ったTIMEフレームの代役として、急遽用意したものの。
LoveやFunで用意していない初めてのフレームだったので、ほとんど乗られることがなく。
愛される事がなく。
まるで隠すようにクロスのレースに出るために盆栽登録されていたフレーム。
しかも、走ったレースは2レースだけ。
その他の練習も試走での走行も若干数という稀に見るフレッシュ感が残っているフレーム。
ボトルケージにダボがあるので、ツーリング車としても使える便利さ。
c0093101_1355224.jpg
わたしがじゅうぶんに愛してあげられなかったぶん。
次のオーナーにはたっぷり愛していただきたい。
自転車はオンナ。
そこにリスペクトがあります。
c0093101_1355789.jpg
c0093101_13551184.jpg
c0093101_13551656.jpg
今回はたっぷり愛していただくべく、フレームのみならずお得なオマケをたくさん付けました。
メインコンポーネントと、ホィール関係を用意していただければすぐに乗れる仕様になっています。

付属パーツは画像のとおり。
ヘッド : ChrisKing
フォーク : ENVE CROSS
ステム : DEDA ZERO1
クランク&BB : Campagnolo Cross 11S 46-36 172,5
シートピラー : DEDA RS-01
ブレーキ : Campagnolo Canti
c0093101_01078.jpg
ご案内

TNI シクロクロスフレーム オマケパーツ込みセット

気になるお値段は、15o,ooo円

フレームのみの定価は、138,6oo円。
一流のオマケパーツが付いてこのプライシング。
サイズはC-T550
身長170~程度の方にオススメでしょうか。
小さめサイズを試してみたものの、盆栽屋には小さ過ぎました。

中古品、カスタム加工品ですので気になる方はご遠慮ください。
ノークレームノーリターンでお願いします。




盆栽自転車店で販売しています。
取り置きは受け付けられません。
早い者勝ちの店長の中古品です。
実物をご覧いただき納得したうえでご購入していただくのがオススメです。
よろしくお願い致します。
by astronautics | 2013-02-28 23:30 | トランクショー

シュシ

構造の問題。
悩みの種は方々にばらまかれている。
ある日。
壁に突き当たる。
ここは袋小路か。
サイの角のようにただ独り歩め。
c0093101_18244536.jpg
c0093101_18244596.jpg
c0093101_18244690.jpg
わたしは気付いている。
壁はやぶることができる。
しかし、残念なことに。
壁が見えていないかぎり。
壁をやぶることもできなければ。
壁を越えることもできない。
そこにリスペクトがある。
そこに見るべき景色がある。
by astronautics | 2013-02-28 23:00 | ヨーリーを探せ

Loving Strangers









by astronautics | 2013-02-26 23:59 | DJ BONSAI

どこまで合わせるべきなのか

自転車チームの悩みはつきない。
悩みといえば。
ツメのさきから。
アタマのなかまあで。
ウェアー。
ヘルメット。
シューズに。
サングラス。
走り方に。
アタマのなか。
どこまで合わせれば気が済むのか。
其れはファッションサイクリスト的に。
c0093101_015445.jpg
c0093101_0154823.jpg
c0093101_0155251.jpg
c0093101_0155565.jpg
c0093101_0155812.jpg
c0093101_016491.jpg
結果は知っている。
揃ったところでなにをするのか?
なにの示しになるのだろうか?
まずはそこから。
考えたほうがいいだろう。
ツメのさきから。
アタマのなかまで。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-02-26 23:50 | サイクルモードヨシダ

Same Bitch









by astronautics | 2013-02-25 23:59 | DJ BONSAI

とあるゴムのハナシ

どうしたことだろう。
わたしは夢中になった。
けれども現実だ。
財布は確実に底を見せる。
なんということだ。
ゴムを買い占めている。
わたしは市中のゴムを買い占めようというのである。
品質はどうか。
色はどうか。
そういったゴムの樹。
根本を見ている。
コアの部分である。
c0093101_10514834.jpg
c0093101_10514884.jpg
c0093101_10514871.jpg
c0093101_10514927.jpg
なにかと思えば。
チームSKY。
ゴムの色が違う。
どうやら特別枠。
特別扱いなのか、コレは。
もちろん、市中には出回らず。
謎のまま見せられるだけである。
エクスクルーシヴ。
其れがチームキットの本分であるのか。
by astronautics | 2013-02-25 23:40 | サイクルモードヨシダ

こだわりの男

カンピオニッシモ。
カンチェッラーラが電動ではなく、機械式のコンポーネントを愛用しているのは知られたところ。
このたびシマノのコンポーネントが9000になったということで、機械式ユーザーのカンチェッラーラも電動をオフのあいだにお試し中であるとかいう動画もあった。
しかし、オマーン。
登場してきたときには機械式である。
そこにリスペクトがある。
c0093101_2046168.jpg
c0093101_2046160.jpg
電動を使っていた時期も。
少しだけ。
ありました。
c0093101_2046250.jpg
c0093101_204637.jpg
c0093101_204626.jpg
ほとんどの選手が電動が使えるチーム環境であれば、電動を使っていると思うし。
アシストであれば電動で行くという大勢に従わざるをえないだろう。
アシストの自転車はエースのスペアバイクであるという側面もあるのだから。
其の点、カンピオニッシモのカンチェッラーラ。
そのへんは違うというわけである。
リスペクトがある。
by astronautics | 2013-02-25 20:45 | 自転車とヨシダ