<   2013年 04月 ( 68 )   > この月の画像一覧

Too Young To Die










by astronautics | 2013-04-30 23:59 | DJ BONSAI

盆栽三都物語 大阪編

ゴールデン。
黄金の週間。
地球の自転は止まるところを知らず。
予定は未定で決定時効を緩めつつ。
しかし、確実にやってきたよ。
ゴールデンウィーク。
盆栽屋自営業に付。
個人的には影響しないゴールデンなわであるのだが。
28日に京都でRapha Gentlemen's Raceに招待されたとあってはスケジュールの管理人も関西方面遠征にゴーサインを出すのも無理は無い。
そこにリスペクトがある。
c0093101_18313120.jpg
普段はインドア派。
内向的な盆栽屋にあって。
遠征の旅行は希少だ。
ここでは出張と云おうか。
わたしは決めた。
京都の前に大阪入りして、カスタマーライドを敢行。
さらに、京都のあとには名古屋で途中下車をし、ハードコアーショップを見学というプランをぶち上げてみせた。
サイの角のようにただ独り。
c0093101_18313481.jpg
店をナツキに任せ。
旅人は汽車に乗った。
この汽車は最先端。
振動が少ない。







c0093101_18313756.jpg
大阪といえば、Rapha Cycle Club。
そこを拠点にさせていただいて、前回は東京に走りに来てくださったIMAI氏を代表とした3名のカスタマーとライド。
時間の都合で案内役のIMAI氏にとって走り慣れない北大阪であったわけだけれど。
それでもルートを考え、試走までしてくださった意気にリスペクトをしない盆栽屋は無し。
そういうわけで、リスペクトというわけでわたしはいっさい前を出ない。
事前にルートを頂いていたので、ガーミンにデータを入れていたのだが。
それでも出ない、絶対に。
こういうときは付いていくのみ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_18314125.jpg
スタートが昼時というのもあって、走り出してしばらくで着いたハンバーガーショップ。
ここは旨い。
ベーコンは濃厚な薫製で。
タマネギも分厚い。
バンズもモッチリ系でうばらしいバランス。
さいきんは東京のハンバーガーのレベルが落ちてきていると感じる盆栽屋にとって、其の思いを深めるひと押しになる一品。
c0093101_18314468.jpg
c0093101_18314944.jpg
ハンバーガーを食べ終えて走り出すと。
北大阪が拠点のY氏が偶然にも合流。
IMAI氏のルートも、Y氏のレパートリーを元に製作されたというだけあって、ここからは北摂のハードコアーY氏が先導に。
そこにリスペクトがある。
ハンバーガーのおやつは、どっしりとしたあんパンで美味。
そして、地元のサイダー。
サイクリスト(ダウンヒラー)が営まれているちいさなパン屋さんはアッチャルポーネさん。
c0093101_18315166.jpg
c0093101_18315486.jpg
翌日のGentlemen's Raceばりにまとまった快走感だったものの。
峠に入り集団が崩壊。
そして、数名がミスコース。
仲間が増えたり、減ったり。
走っていればいろいろなことが起る。
登って下ったあとに連れていっていただいた箕面の滝は有名な景勝地なのだとか。
c0093101_18315755.jpg
c0093101_1832058.jpg
伊丹空港の滑走路では飛行機のお腹を観に。
タイミングで大型が着陸して来なかったものの。
小型でもじゅうぶんな大迫力。
其れまでの道もサイクリングロードや裏道を駆使したハードコアーのローカルルートが続き刺激的。
今日だけで3時間走行の70km程度を消化。
東京をはじめとする関東圏とは違う、大阪独特の景色や車道上の間合いなど、走らなければ気付く事ができないことがたくさんあった。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1832877.jpg
走行後は車で来たチーム員とIMAI氏のお知り合いを交えての晩餐。
場所は福島のエスキーナさん。
ここでは明日のためのミーティング。
ミーティングに夢中になってしまい料理写真を撮り忘れた盆栽屋。
料理は行ってみて確認してみて。
人気店なので事前に予約をして行くと良いでしょう。
c0093101_18321158.jpg
さて。
晩餐の最後。
IMAI氏にから明日へのエールを頂いてお別れ。
盆栽屋は第二の都市「京都」に向かって夜の地下鉄に乗り込む。
明日は5時受付。
Gentlemen's Race。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-04-30 23:50 | 犀の角のようにただ独り走れ

そういった趣味性

空気を除けて。
覗けるものならば覗いてみたい。
ホトトギス。
膨らませれば空に舞う。
其れは風船のようだ。
おだててれば樹に登るのだろうか。
そして樹から落ちる。
油断は禁物だ。
猿のように。
樹の上ではホトトギスが鳴いている。
これで信長から殺されずに済んだ。
c0093101_0365225.jpg
c0093101_0365312.jpg
c0093101_0365343.jpg
c0093101_036545.jpg
知った。
気付いた。
見知った。
傷ついた。
後先は考えることもなく。
木っ端微塵のように散っていった。
其れは冬だか、秋だか。
そのへんに見られる木の葉のように。
散っていった。
そこにはかなさがある。
by astronautics | 2013-04-30 23:00 | ヨーリーを探せ

今からジェントルマンレーサー

これは特殊だ。
スペヒャルである。
しばしの沈黙のあと。
わたしはクチを開いた。
ジェントルマンになれるのだろうか。
自転車があるのはもちろんのこと。
パーツを準備した。
ウェアーにも気を使った。
これからに備えて。
そこにリスペクトがある。
c0093101_0151015.jpg
c0093101_0151080.jpg
c0093101_0151131.jpg
c0093101_0151110.jpg
c0093101_0151258.jpg
ジェントルマンレーサーはどこに居る?
答えが知りたいのならばこうだ。
京都に向かう。
そして、わたしは明日の京都を走る事になる。
by astronautics | 2013-04-27 23:00 | ヨーリーを探せ

Waterland











by astronautics | 2013-04-26 23:59 | DJ BONSAI

XL振興会 Phase2

RadarLockはシャープだな。
其れも其のはず。
スイッチロックのシステムを搭載した影響で。
フレームの部分を徹底的に軽量化。
なので、Radarよりも若干重くなっているものの。
装着感は軽く感じてしまうという違和感がある。
そして、見た目が細い。
そこにリスペクトがある。
c0093101_210944.jpg
c0093101_2103325.jpg
c0093101_2103472.jpg
c0093101_2101292.jpg
c0093101_210815.jpg
c0093101_210978.jpg
c0093101_14382379.jpg
これが洗脳なのか。
それとも、リスペクト。
なのだろうか。
by astronautics | 2013-04-26 23:50 | XL振興会

コンテナに横付け

朝。
練習をすればコンテナが横付けになることもある。
しばしの観察。
瞬間は今しかない。
EVER GREEN。
永遠とは。
なかなか容易ではない言葉だが。
たしかに書いてある。
c0093101_1425398.jpg
c0093101_1425262.jpg
c0093101_142523.jpg
c0093101_14254190.jpg
c0093101_1425438.jpg
わたしはシューズを3足同時に所有することになった。
物欲か。
勉強熱心であると云ってしまえば其れまでである。
もちろん、シューズは1足入魂であるべきなのはもちろんであるが。
ソールの形状、ラストが同じでクリート位置までピタリと合わせているのであれば同時持ちでもなんら問題もないものにしてしまう。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-04-26 23:40 | 犀の角のようにただ独り走れ

リエージュを見ていた

わたしは見ていた。
リエージュ・バストーニュ・リエージュ。
ここ10年は後半の30kmまでには小集団化していた展開が、今年は違っていた。
40人は超えるのではないかというほどの集団を維持する。
其れはルドウトを越えても。
サンニコラを過ぎても。
小さなアタックはあるが。
長続きしない。
この現象に、近年のロードレース界の浄化を見るのは考え過ぎなのだろうか。
c0093101_0145592.jpg
c0093101_015539.jpg
c0093101_015575.jpg
マーティンが勝てたのは。
ヘシェダルの積極性があったからに違いない。
ジロのチャンピオン。
少人数の逃げ集団の皆が積極性が高いわけではないと思い知らされたヘシェダルの走り。
これは現実にも行かせるのではないかと。
まずは妄想を走らせてみる。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-04-26 23:30 | 盆栽実況中継

Cloud Body








by astronautics | 2013-04-25 23:59 | DJ BONSAI

疲れているとは言わせない

朝からリズム。
楕円形状のバイオペーサーギアー。
なにかしら歪んでいたのかしら。
老婆に道をふさがれ。
セルロイドにはキズがつく。
塗装の限りにズレが生じ。
手慣れぬ者の背中を見送ることになる。
ツイテないとは一瞬で列を成すほどの珍事。
重なり合えば、まだ無事を確認出来ているだけまだマシかと。
自分で唱える暗がりのなか。
まだLEDが輝くなかで。
c0093101_18563488.jpg
c0093101_18564896.jpg
c0093101_1856354.jpg
c0093101_1857115.jpg
普通に息しているだけなのに。
こだわっているとは割に合わない。
普通に活きしているだけなのに。
こだわっているとは調子が悪い。
好きな事をしているだけなのに。
疲れているなんて。
アゴがはずれても言葉にならない。
ただ気をつけろ。
暗示を念じ。
サイの角のようにただ独り歩め。
by astronautics | 2013-04-25 23:50 | ヨーリーを探せ