<   2013年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

自転車に乗って行田までハンバーガーを食べに行くと人はどうなってしまうのか

ただハンバーガーを食べに行くには遠過ぎる距離だ。
ご名答。
確かに其の通り。
もちろんそうだ。
そう確信をしている。
もちろん、ハンバーガーを食べに行くだけではなく。
途中の行程。
道のスジも味わっているのだと。
知り合いのロードレーサーは語ってくれた。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1737247.jpg
c0093101_17372546.jpg
c0093101_17372450.jpg
c0093101_17372312.jpg
まるで北国の道が雪で閉ざされるように。
あの場所は真夏の灼熱地獄で閉ざされる。
だから行くなら冬場がいいし。
限界越える寸前で5月くらいまでだろうか。
長く乗るならオマケも欲しい。
しかし、あのハンバーガーはオマケ以上の出来だ。
気付けば長い付き合いになった。
何年通っているだろうか。
行く度に変化する味。
ある意味の進化を遂げて。
其の観察もまた一興であると。
ロードレーサーは答えてくれた。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-12-30 23:50 | グルマンヨシダ

些事

気温急降下。
温度計も追いつかない速度。
これはジェットコースター並みか。
いいや。
フリーフォールのほうが性に合う。
そういう落ち方。
稀に見る寒気。
c0093101_17305025.jpg
c0093101_17305885.jpg
c0093101_17305740.jpg
c0093101_1730516.jpg
c0093101_17305659.jpg
c0093101_1730503.jpg
顔のオモテにウラがあり。
身体のなか覗けば見えるポリープもある。
仕事というのが主事であるなら。
其れ以外は些事であるのだろうか。
そんな些事の集まりで人は構成をされ。
成り立ちを外れてもまた些事が残る。
1年の締めくくり。
こうしてまた締めくくられたことを安堵する。
ありがとう。
1年の計を見て。
また時計の針とリズムを揃え。
其れよりも少し速いのが理想で。
進んでいくだけ。
サイの角のようにただ独り歩んでいくだけ。
其れだけ。
by astronautics | 2013-12-30 23:00 | ヨーリーを探せ

ブレーキシューを吟味す

ロドレーサー走る。
走れば止まらなければならない。
其のためにはブレーキが必要。
さきにシューが必要になる。
カーボンリムの黎明期。
専用のシューなんて無かったらしい。
其れが今はどうだ。
ヤマもほ種類があるよ。
効きくらべなんて。
酔狂なオトナの遊びがあるなんて。
知ってか知らずか。
立ち寄ってみた。
c0093101_2020118.jpg
c0093101_2020049.jpg
c0093101_2020071.jpg
c0093101_2020086.jpg
c0093101_2020140.jpg
カーボン用のブレーキシュー。
色も豊富だ。
其れは其れで良い。
カラーコーディネート的にもウキウキする。
しかし。
スイスのイエロー。
リムにも残るイエロー。
これが嫌われて、さいきんではなかなか見なくなってきた。
かつては様々なブランドのOEM品であったブレーキシューだったのに。
時代か。
つき合い過ぎたか。
わたしはこのタイミングで手を伸ばした。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-12-29 23:50 | 自転車とヨシダ

パクリとパロディにおける冷静と情熱のあいだ

揺らぐ本心。
極まれば虚言も出ない。
ウソも無い。
八百回のやり取りを重ねて。
見せたコトバには本心があった。
其れがキレイとか美しいとか醜いとか悪いというのは価値判断。
どこかに預けておこうではないか。
c0093101_18263033.jpg
c0093101_1826294.jpg
c0093101_18261146.jpg
c0093101_18261187.jpg
答えは簡単。
オマへのこゝろの中に聞け。
胸の中に手を突っ込んで鷲掴みにして感じて欲しい。
今は聞こえるこの回答を増やすだけ。
磨くだけ。
研磨を続けるだけに他ならない。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-12-29 23:00 | ヨーリーを探せ

軽量

どうしたことだろう。
これは個人的にやってきたムーヴメント。
ブーム。
重量の上げ下げ。
というか量る。
計量ときた。
まるでボクサーいたいに。
自分が体重計に乗るのは、まぁ、普段通りではあるけれど。
自転車も量るようになってしまった。
そういえば、今まで重量をあまり気にしたサイクルライフを送って来なかった。
c0093101_20204769.jpg
c0093101_202045100.jpg
c0093101_20204621.jpg
c0093101_20204612.jpg
c0093101_20204594.jpg
わたしは最軽量のスプロケットを持っている。
其れはREDだ。
リスペクトがある。
変速は少々。
スムースさに欠けて歯数の構成もプロ向きで使いにくいわけだが。
カンパのレコードよりも6og以上も軽かったわけだから。
自分の軽量車輪には、もはやコレしかないな。
というわけなのである。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-12-28 23:50 | 自転車とヨシダ

ビート

ビート刻む。
ビート。
ひろう音。
弾むサウンド。
サラウンド反響。
リズムは確かに。
いま、噛み締めている。
踏みしめた。
c0093101_1356401.jpg
c0093101_13564027.jpg
c0093101_13564177.jpg
c0093101_13565265.jpg
c0093101_1357871.jpg
音楽はこゝろに平静を。
ときに乱れを。
錯乱を。
しかし、落ち着きを。
そうだ。
いつも。
by astronautics | 2013-12-28 23:00 | ヨーリーを探せ

#festive500 はじめたよ

今年もキタな。
フェスティバル。
祭だコレは。
北島三郎。
祭だ。
踊れや歌え。
まず走れ。
有限不実行はもうヤメて。
不言実行か有言実行だけにしようか。
そうしよう。
そうしようよ。
そうしてくれよ。
そこにリスペクトがあるだろう。
その通りだろう。
c0093101_13471698.jpg
c0093101_1347528.jpg
c0093101_1347511.jpg
c0093101_13471738.jpg
初日の走行距離は11kmだった。
ワンワンワンって犬じゃないんだから。
ゴロが合っちゃったけれど。
子供の頃から犬は苦手としているんだ。
見ていてかわいいとは思うけど。
触ったりはしないんだ。
けれど。
犬が飼い主に忠実なように、実に忠実にこなしてみせるよ。
500kmの道のりを。
by astronautics | 2013-12-25 23:50 | 犀の角のようにただ独り走れ

それでもサイの角

毎週日曜日は練習会をしている。
チームの練習会という名目の集まりである。
少人数のチームであるが故に?
集まらないこともしばしばであるが。
其れは然うとして。
練習会は在る。
参加のサイには声を出すのは遠慮してもらっている。
来ないとか言う声はもっと不要で。
其の朝の其の場に集まった者だけで練習会は行われるという理想。
c0093101_13451893.jpg
c0093101_13454863.png
c0093101_13454946.jpg
c0093101_13454950.jpg
c0093101_1345207.jpg
c0093101_13455035.jpg
c0093101_13455186.jpg
自転車は社会の渦のなかで行うスポーツ。
無駄な荷物を持たないのはもちろんのこと。
無駄な思いを持つ事も遠慮したい。
走る事は普段。
ルーティーンワークだから。
其れがとても重要だ。
リスペクトがある。
by astronautics | 2013-12-24 23:50 | 犀の角のようにただ独り走れ

フォース

斬れば輪切り。
寸胴なこゝろは心底までアブラが滲みているようだ。
なにがしたいのか?
多くは触れてみたいと。
畏れの無い心境を語る。
整然と並ぶ列。
其れをかき乱さんとし。
整いは乱れるのである。
c0093101_1339267.jpg
c0093101_13395177.jpg
c0093101_19313891.jpg
c0093101_2019433.jpg
c0093101_1339369.jpg
必死に動けば汗も出る。
いまやホワイトカラーが黒塗りの時代。
其の手先まで黒く。
しかし、小手先は甘く。
白いモノをいつまでも黒くし続ける。
by astronautics | 2013-12-24 23:00 | ヨーリーを探せ

いまのうちに買っておこうと思うんだ

今年の年の瀬。
来年もシャーク。
そして再来年もシャーク。
というわけだが。
再来年はコンポーネント一新。
気分も一新。
メインのレースバイクも。
もとい、シャークバイクもスラムにしようと思っている。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1831814.jpg
c0093101_1831243.jpg
まあ、昨今の為替状況と。
SRAMのモデルチェンジ頻度を考えて。
どうせ買うなら盆栽屋。
早めにおさえろボンバイエ。
店に展示していてもいいわけだし。
買うのはクランク、BB、スプロケ以外の5点セットなわけだし。
そうしようと思ったら。
油圧にしようか、ワイヤーにしようか。
1日だけ迷った。
c0093101_18311390.jpg
c0093101_1831048.jpg
c0093101_18311088.jpg
スラムの価格設定にはちょっと謎なところがあって。
通常のレバーとワイヤー引きのリムブレーキのセットよりも。
油圧のリムブレーキのセットのほうが安いということになっている。
これはわたしの見間違いなのかもしれないけど。
わたしが何度も確認する限りではそういうことになっている。
値段もそうだが、性能という点でも、油圧のほうにリスペクトがある。
しかし、現在はリコール中の製品。
もちろん買うことすらできない。
沈黙して見守る。
気が変わらないことを祈ろう。
by astronautics | 2013-12-23 23:50 | 自転車とヨシダ