<   2014年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

砂のオンナ

砂のオンナ。
はじめの想いとは姿を変えてしまったが。
注文の多いフレームビルダー。
そういうことは確かにあった。
ハードコアー。
注文の多い盆栽屋。
そういうこともあったのかもしれない。
c0093101_1629278.jpg
c0093101_1644551.jpg
砂のオンナはレース機材。
砂漠を走るのか。
砂漠のなかに埋もれるのかはわたし次第。
機材の運命はライダーに任されたわけだ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_16293100.jpg



c0093101_1629387.jpg
c0093101_1629470.jpg
砂漠に挿すのはオアシスカラー。
水が無いと生きていけない。
乾ききったノドでは声も出ない。
空の青と水の青。
ターコイズとスカイブルー。
もしくはライトブルー。
c0093101_20433822.jpg
c0093101_16444138.jpg
c0093101_1629488.png
〝Shark only be killed by Shark〟
c0093101_20434031.jpg
あるヒトは云った。
砂色。
そうして他のヒトも。
カプチーノ色。
構想段階ではライトブラウン。
見ればベージュ。
サンドベージュか。
其れならば歌もあるよと。
また他のヒトが教えてくれた。
c0093101_201117.jpg





c0093101_18145319.jpg
砂漠へ。
これからは砂漠で闘うことになるのだろうか。
ボンバイエ。
砂の器。
砂のオンナ。
自転車はオンナ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_18145352.jpg
c0093101_16524437.jpg
この機はシャークの系譜になぞらえられる。
油田地帯に侵攻したことで得たアブラ仕掛けのブレーキ。
他の皆はいまだに鉄のワイヤーを引いているというのにである。
けれども、石油王の怠慢やらで。
企画の実現は遅れに遅れてネクストメイよりももっと先。
アブラを通し。
パイプライン。
空気を抜いて純度を高めた。
つまり精錬。
其の技術すらも。
新たに獲得できたと云うわけだ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_0293319.jpg
c0093101_029232.jpg
ある日のシャークのように海中を抵抗なく泳ぐことを目的された。
其れは流線形状。
見た目はそうではなくとも。
そして地を這い。
地面を確実に捉える。
かと思えば飛翔。
どこまでも飛びたい。
とはいえ、長くても2ookmちょっと。
サイの角のようにただ独り走り続けるために。
そこにリスペクトがある。
c0093101_15402956.jpg

by astronautics | 2014-09-30 23:50 | 自転車とヨシダ

機材を選ぶということ

あの親子のハナシで印象的だったのは。
とにかく壊れたバイクの調子を心配していたことだ。
モノ好き。
とらわれの身。
そうとも云えるのだが。
自転車ではエンジンはニンゲンであり。
自転車の調子は全体のファクターにおくとそう大きな要素でもないのかもしれない。
とくにバイクや車にくらべると。
c0093101_1784967.png
c0093101_1784566.png
c0093101_1783491.png
c0093101_1783249.png
c0093101_1782160.png
c0093101_1781892.png
c0093101_1781748.png
c0093101_1781511.png
c0093101_1781411.png
エンジンオイルに他の調子。
まさに体調。
気を使わなければならない。
by astronautics | 2014-09-29 23:50 | 自転車とヨシダ

シャークは甦った

c0093101_1757459.png
c0093101_17574350.jpg
c0093101_17582675.jpg
c0093101_17574413.jpg
c0093101_17574445.jpg
c0093101_1757462.jpg
c0093101_1758278.jpg
c0093101_17574715.jpg

by astronautics | 2014-09-28 23:50 | 犀の角のようにただ独り走れ

機材を選ぶということ

フレームに跨がって。
踏み出した瞬間にわかった。
其れは注文通りだった。
数多い注文のなかの。
もしかすると一番大事な部分かもしれない。
其れはレーシング機材であるということ。
チタンフレーム。
もしくは金属フレームというと。
まさかレース機材ではなく。
ノスタルジーや金属趣味。
チタンという素材にまつわる男子的趣味を連想するのではないか。
しかし、このフレームに乗ればわかる。
確実にレーシングマッスィーンであるということを。
c0093101_17382839.jpg
c0093101_17382951.jpg
c0093101_17382775.jpg
c0093101_17382963.jpg
c0093101_17392261.jpg
c0093101_17443875.jpg
c0093101_17443989.jpg
c0093101_1744391.jpg
c0093101_17443819.jpg
さて。
ではこの軽快感はどこからくるものなのか。
素材によるものというよりは。
寸法によるところが大なのではないかと思った。
其れは旗艦であるSSRとの車輪無し重量を比較したときに裏打ちされる。
ほぼ同じ重量なのである。
だからこの軽さ。
軽快感は。
ジオメトリーによる。
これはジオメトリーによるもの。
これはジオメトリーによるもの。
これはジオメトリーによるものなのである。
by astronautics | 2014-09-27 23:50 | 自転車とヨシダ

機材を選ぶということ

これには驚いてしまった。
チタンファクトリーライトウェイトのシャークと。
エスエスアールのクルーザー。
組み付けてみればほぼ同じ重量だったのだ。
明らかに重いハンドルセットが付くSSRも。
油圧にパワーメーターにバーナーという付加価値重量が加わったチタンファクトリーライトウェイトに肉薄してしまったのである。
フレームで比較すれば何gの差があったのだろうか。
ISP方式とそうでないフレームを単純比較ができないので困るのだけれど。
フレームが軽いのは明らかにチタンファクトリーライトウェイトのはず。
だったはず。
はず。
c0093101_172935100.jpg
c0093101_17294159.jpg
c0093101_17293417.jpg
c0093101_17294745.jpg
c0093101_1729445.jpg
c0093101_1729524.jpg
c0093101_1730089.jpg
c0093101_17295567.jpg
c0093101_17301284.jpg
金属フレームに乗るようになると。
今まではまったく気になっていなかったパーツの重量が視界にはいるようになる。
足し算と引き算を思い出して。
夢想の計算マシーンになってしまうのである。
by astronautics | 2014-09-26 23:50 | 自転車とヨシダ

やはりウィギンズはカッコいい

ツアーオブブリテンの個人タイムトライアルに登場したウィギンズは歌舞伎者の雰囲気。
そこにリスペクトがある。
まさにチャンピオンの風格。
チャンピオンのなかのチャンピオン。
装いも違えば。
自転車にチームキットも違う。
サイの角のようにただ独りだけ違う。
リスペクトがある。
c0093101_15291273.jpg
c0093101_15291769.jpg
c0093101_15292074.jpg
c0093101_15292762.jpg
c0093101_15292349.jpg
c0093101_15291458.jpg
そして。
この装いを創り上げたのは。
これまでの戦歴と。
いくつものカスタムの跡。
そのどちらも無視できない。
無視してはならない。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2014-09-25 23:50 | 盆栽実況中継

機材を選ぶということ

時計の針が狂いだしたのは今にはじまることじゃない。
充電が切れた。
いわく電池が切れた。
そもそも故障であると。
そういう意味での境界線。
マスキングを施した。
c0093101_14194979.jpg
c0093101_14194960.jpg
c0093101_14194883.jpg
c0093101_141950100.jpg
c0093101_14195876.jpg
c0093101_1420583.jpg
c0093101_1420845.jpg
待てない、という性格はある種の弱さであると自認をする。
我慢強いということに長けたヒトのほうが晩成を成すもので。
焦りんぼうはなにかと早きに息を切らす。
歴史を見てもいわずもがなである。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2014-09-24 23:50 | 自転車とヨシダ

真面目の罪

意外だ。
正直驚いたが。
これを予想しなかった方向は。
やはりお人好しだったのかもしれない。
c0093101_14442291.jpg
c0093101_14443194.jpg
c0093101_14442133.jpg
c0093101_14442050.jpg
c0093101_14443030.jpg
c0093101_14442934.jpg
c0093101_14443228.jpg
そして、其の方向の指すところ。
究極まできていたらしい。
働かざる者。
喰うべからず。
by astronautics | 2014-09-24 23:00 | ヨーリーを探せ

レプリカント日記

Tim氏もついに交換のとき。
そういうわけでわたしも交換をする。
AEONのときは3代に次ぐデザインの変更を見たが。
今回はどうだろうか。
完成度はなかなか高そうに見えるのだが。
c0093101_23211364.jpg
c0093101_2321929.jpg
c0093101_23211392.jpg
c0093101_23211417.jpg
c0093101_23211452.jpg
シンセはとにかくうれしい。
軽量だ。
エアロだ。
そういう前に。
カスタムがしやすそうなのがなによりなのである。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2014-09-23 23:50 | サイクルモードヨシダ

機材を選ぶということ

機材に完璧は無い。
完璧な機材は無い。
完璧にほど近い。
ある程度の性能を最高限度の美味しいところまで出し切れるように組み付けるだけ。
もちろん。
乗るときも性能を引き出すように使い。
弱点があかるみになるような
機材とはそういうものだ。
使いこなすもの。
c0093101_154448.jpg
c0093101_15443598.jpg
c0093101_15443612.jpg
c0093101_15443644.png
c0093101_15443721.jpg
c0093101_15443739.jpg
そういう意味で。
扱いやすい機材はある種の危険性を孕む。
かつてマニュアル運転があたり前だったのに。
オートマを経るとマニュアルを使いこなせなくなるように。
カンタンな機材は良い面ばかりではない。
けれどもカンタンな良い機材を使っていたほうが良いに決まっている。
操作が格段にラクだから。
其れは扱いにくいというストレスを知っていれば尚更にラクに感じられる事だろう。
by astronautics | 2014-09-22 23:50 | 自転車とヨシダ