<   2015年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

明日のホィールを考える会 257

新しいホィールセットを用意した。
CX用。
今回は節約を気取ってリムの1本はロードからの払い下げ品であるし。
スポークの半分も同じく然う。
衝動買いのようでいて。
資源とコストを最大限に節約したつもり。
そこにリスペクトがある。
c0093101_21231640.jpg
c0093101_21232148.jpg
c0093101_21232357.jpg
c0093101_21232536.jpg
c0093101_21232720.jpg
これはクリンチャーのカーボン。
理想を云えば。
チューブラーなのだが。
チューブラーは普段の街道練習に適さないのと。
気軽にタイヤ交換なんてできないからレースごとにタイヤを換えるなんていうのは絶望的だと思う。
其の環境を得るにはホィールを何セットも用意することになるわけだが。
このクリンチャーセットでなんとなく我慢できるかなと淡い期待もあるのだけれど。
さて。
どうなるだろうか。
by astronautics | 2015-12-29 23:50 | 明日のホィールを考える会

明日のホィールを考える会 256

いよいよキタか。
待ち望んでいたよ。
無類のロープロカーボンリム好きであるわたしの琴線にかかる足回り。
SES2.2。
ロプロなのにスマートシステム。
ロープロなのにエアロリム。
そして。
クリンチャーじゃなければいけない。
チューブラーが先に販売されて。
ツールでも使われたのだが。
いよいよクリンチャーも世に出た。
そこにリスペクトがある。
c0093101_0143771.jpg
c0093101_0144733.jpg
c0093101_0144935.jpg
ロープロのリム。
派手さは無い。
地味に走りを支えるリスペクト。
軽快な走り。
ニュートラルなハンドリング。
c0093101_0145490.jpg
c0093101_0145569.jpg
c0093101_0145788.jpg
c0093101_0145918.jpg
カーボンリムのロープロ。
ディープリムよりも剛性に劣る構造のために良いモノとそうで無いものがあるわけだが。
ENVEの1.25をすでに使用の盆栽屋。
はっきり云って間違いないという自信がある。
其れが信頼。
リスペクトである。
by astronautics | 2015-12-26 23:50 | 明日のホィールを考える会

柵の向こう

眺めた。
遠くの眺めていた。
いまや遠くであっても。
画面で見ることが出来る。
インテリジェンス。
情報は常に個人から漏れる。
其の遠くの事象も。
遠くの近いところから。
しばしば漏れているのが見える。
動かぬ岩からしみ出るアブラ。
ギトギトの。
カラダにまとわりついて。
其のカラダを不自由にしているあれとか云う。
c0093101_1546335.jpg
c0093101_154652.jpg
c0093101_1546713.jpg
c0093101_1546992.jpg
c0093101_15461139.jpg
c0093101_1547525.jpg
モノが食べものではないうちは。
賞味期限は無いにせよ。
旬の時期があるだろう。
鐵は熱いうちに打たないと。
打てない岩は。
金属にはなれないだろう。
by astronautics | 2015-12-25 23:50 | ヨーリーを探せ

楽しいことばかり

もはや。
闘いも楽しまなければならない。
c0093101_0574637.jpg
c0093101_057507.jpg
c0093101_057525.jpg
c0093101_057532.jpg
c0093101_057565.jpg
c0093101_0575767.jpg
c0093101_0575933.jpg
c0093101_058123.jpg
c0093101_058364.jpg

by astronautics | 2015-12-24 23:50 | ヨーリーを探せ

GIROのシューズバッグはいいです。
よくある巾着袋ではありません。
生地は安っぽいけど設計がいいです。
MTBシューズは各シューズいれっぱなし。
ロードシューズは袋に入れる機会が少ないので余っていく一方です。
余るくらい衝動買い、してしまったんです。
c0093101_1540081.jpg
c0093101_1540086.jpg
c0093101_1540188.jpg
c0093101_15401716.jpg
c0093101_1540282.jpg
c0093101_1540277.jpg
衝動買いはしてないか?
否。
していない。
事実。
全て活用しているではないか。
袋は余ろうとも。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-12-22 23:50 | サイクルモードヨシダ

トレーナー

わたしは眼を留めた。
見慣れたモノの新鮮さ。
そういう何かを見つけたわけだ。
スウェット。
少し前から存在していたのは知っていたけれど。
いまさら、スウェットて。
そんな思いだった。
いわゆるトレーナー。
スウェットなんてファッションピープルが言葉のトリックを付け加えただけだ。
いわゆるトレーナー。
小中学生時によく着ていたアレ。
なつかしいとさえ思う。
c0093101_19452090.jpg
c0093101_19452111.jpg
c0093101_19452466.jpg
c0093101_1945266.jpg
c0093101_19452747.jpg
時代が変われば呼び名が変わるのはトックリだけではない。
そういう意味で
トレーナーはスウェットになった。
下半身はジャージみたいで。
しかし、こうして揃いで着ていると何故か良いとおもうのはナゼ。
ユニフォーム感。
揃っているというのは何かと良いなと。
そう気付かせてくれるセットです。
by astronautics | 2015-12-21 23:50 | スリーピースヨシダ

明日のホィールを考える会 255

もしかしたら。
24Hは早まったのかもしれない。
其れは片方のリムが欠品かもしれないというときに気がついた。
24Hだと。
ロードのリムになるのだが。
28Hであれば。
MTBのリムが使えたのに。
ということだ。
c0093101_23592362.jpg
c0093101_23592810.png
c0093101_23593979.jpg
c0093101_23594119.jpg
c0093101_23595385.jpg
c0093101_23595573.jpg
c0093101_23595828.jpg
そして。
MTB用のほうが軽い。
リムブレーキの必要はないからね。
それにチューブレス対応だし。
色々使える。
早まったのだろうか。
否。
手持ちの資源を活用するためには致し方なかったのだと。
自分に云い聞かせるのだ。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-12-20 23:50 | 明日のホィールを考える会

アサイーイー

今朝はアサイーが眼に染みた。
アサイィーなのか。
アサイイーなのか。
アサイーなのか。
アサーイーイーなのか。
この際は。
もうどうにでもよくて。
朝日が眼に染みる時間に眼を覚ますことに。
もはやひとつの憧れを持ってやしないかということ。
c0093101_13104449.jpg
c0093101_13104221.jpg
c0093101_13104691.jpg
c0093101_13105024.jpg
c0093101_1310516.jpg
c0093101_13105424.jpg
c0093101_13111778.jpg

by astronautics | 2015-12-19 23:50 | ヨーリーを探せ

Radical Businessman

過当か。
妥当か。
競争の種類。
削り合いは臨んでいないが。
鎬を削るということは致し方ないのかもしれない。
ときに向き合うことすら遠慮されるのに。
同じ列に並ぼうとするなら致し方無し。
其の答え。
悩み。
苦しみ。
陰鬱とした気分にもなり。
暗闇にふけった数時間があったけれど。
サイの角のようにただ独り歩め。
打倒しか。
ないな。



















いいか
仲間といってもみんなビジネスマンだ
損得勘定での忠義立てだ
親父に教わったことだよ
周りの者の立場になって考えてみろと
そうすりゃ
かなりのことが見えてくる
by astronautics | 2015-12-18 23:50 | ヨーリーを探せ

パープルマインド

パープルマインド。
其れは其れ。
高貴な色か。
かつての紫。
今は知らない。
たまに見る色。
特徴はどうかと云えば。
色気があるか。
其れにしても残っているとはな。
油断も隙もない。
c0093101_2018183.jpg
c0093101_2018209.jpg
c0093101_20182289.jpg
c0093101_20182487.jpg
c0093101_20182869.jpg
c0093101_20183144.jpg
c0093101_20183392.jpg
c0093101_20183520.jpg
そうしてわたしのMTBシューズは。
限定だらけになったのだった。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-12-17 23:50 | サイクルモードヨシダ