<   2016年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

XL振興会

いよいよ来月からシクロクロスのシーズンが開幕するのか。
個人的に機材的な準備は超絶な万全度と云いきってしまおう。
サングラスが特に。
準備に準備を重ねて何個あるのかという状態。
スペアのスペアのスペアー…。
個人的にシクロクロスには明るいレンズを用いたい。
ファッションサイクリスト的には本場ヨーロッパの選手を見れば一目瞭然。
ヨーロッパの暗い冬のなかではミラーレンズなんて使えないということなのだろうか。
みんな透けて見えるレンズばかり。
だからわたしもマネするようにした。
日本の冬とヨーロッパの冬の違いはあるけど。
明るいレンズのほうが見やすい。
路面状況がわかりやすいと云える。
そこにリスペクトがある。
c0093101_19301014.jpg
c0093101_1930879.jpg
c0093101_19301396.jpg
c0093101_19301550.jpg
c0093101_19301751.jpg
c0093101_19301932.jpg
振り返ると。
ほとんどパーシモンしか装備して走っていない。
ナイトクロスのときだけクリアーか。
JawBreakerのときはPrizmトレイル。
シクロクロスは落車もあるし、泥が目に入るととてつもない痛さなのでサングラスというかアイガード的にあったほうが良いと思う。
メーウセンのように始終裸眼の選手も居るけれど。
自分はやっぱり装着しちゃう。
希少なXLのレンズはスペアーのスペアーまで持っておきたいところ。
シクロクロスで使うと一気にキズだらけの世界に突入してしまうからね。
パーシモンは今確認すると未使用状態でまだ4枚保存されている。









.
by astronautics | 2016-08-30 23:50 | XL振興会

ていたらく

まるで行き場を失った氷のようだ。
冷蔵庫から。
コップの水へ。
北極に繰り出せば。
そしてまた凍り付く。
凍てつく寒さ。
冷めたメンタル。
冷えきったカラダ。
ていたらく。
c0093101_18453154.jpg
c0093101_18453410.jpg
c0093101_18453990.jpg
c0093101_18454223.jpg
c0093101_18454799.jpg
尻に火がつけば。
他の部位にも点火するものか。
どうだろうか。
主にメンタル。
今は火に変える燃料。
ガス。
木炭。
なんでもいいから。
其れが必要なんだろう。









.
by astronautics | 2016-08-29 23:50 | ヨーリーを探せ

正直者の行方

正直は正義ではないけれど。
正しいことだと思いたい。
そういう前提案件からすれば。
先日の珍事。
そして、謎の幕引き。
シナリオライターはかく描いた。
これは臭う。
臭うぞ。
臭気漂う。
ファブリーズはこの場合において通用しない。
c0093101_185758.jpg
c0093101_18571024.jpg
c0093101_1857824.jpg
c0093101_185713100.jpg
c0093101_18571514.jpg
謎が謎を呼ぶ。
平成夏の怪談。
そこにリスペクトはない。









.
by astronautics | 2016-08-28 23:50 | ヨーリーを探せ

XL振興会

このあいだレンズの話題が出たので復習をしておこう。
Radarlock XLのレンズは8種類。
そして、ツール限定モデルにスペアーとして付属していたG40を含めると9種類
これはレンズ販売の無いレアモノ。
c0093101_17161439.jpg
奥にピンボケで写っているレンズが。
まさにレアモノ。
c0093101_17161716.jpg
そして、Radar XLはLockよりも多かった10種類。
これにもなぜかレンズ販売が無いレアレンズが存在していて。
これまた限定のAnti Freezeカラーに付属していたJade Iridiumが其れ。
というわけで11種類もあることになる。
c0093101_17161930.jpg

c0093101_17162199.jpg









.
by astronautics | 2016-08-27 23:50 | XL振興会

グルマン危機一髪

外食を志向しても。
其ればかりは味気なし。
重い食事ばかりではハード。
メンタルにもハード。
ごはんとお新香だけの食事も志向してからの外食であり。
対比を知っているからの立ち位置であり。
さすがにハードコアー。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1402442.jpg
c0093101_1402516.jpg
c0093101_1402899.jpg
c0093101_1403081.jpg
c0093101_1451496.jpg
たまの贅沢か。
だからわたしは外食が好き。










.
by astronautics | 2016-08-26 23:50 | グルマンヨシダ

マネーの真似

なにをするにもマネーが必要。
前に出るにも。
後ろに引くにも。
マネーが必要。
時間が経てばマネーが必要。
コバンザメでもマネーが必要。
寄生虫になればマネー不必要。
其れは性分に合わないとなればマネーが必要。
c0093101_194475.jpg
c0093101_19435222.jpg
c0093101_19434875.jpg
c0093101_194359100.jpg
c0093101_1944259.jpg
あるときには投資。
其ればっかりは損なので回収。
遊びのなかでの忘れ去られたマネー論議。
サイの角のようにただ独り歩め。











.
by astronautics | 2016-08-25 23:50 | ヨーリーを探せ

カスタムシューズの世界

カスタムの道が止まらない。
みなが続々と歩むカスタムの道。
先輩方の作品を見入ると。
大胆かつ。
手の込んだ。
ある意味では。
きっと、夢中の胸中にあって仕上げられたモノではないかと推測。
そこにリスペクトがある。
c0093101_166177.jpg
c0093101_1655995.jpg
c0093101_166448.jpg
c0093101_166669.jpg
c0093101_1655563.jpg
触発されてわたしも絵筆を手に取った。
チョットだけヨ。
先達のように大胆なことはできないけれど。
これが小さな確実なる1歩。
c0093101_1655732.jpg
そこでGurinduroのシューズも一新させた。
ロゴの色を変えるだけでもかなり印象違うということに気付く。
c0093101_1655399.jpg
そしたら、今年の限定シューズであろうVR90のGrinduroが公開。
パープルなのは同じとして。
リフレクター推し。
そして、クツヒモもリフレクター仕様になっている。
c0093101_13241987.jpg











.
by astronautics | 2016-08-23 23:50 | サイクルモードヨシダ

フレーム素材

自転車のフレーム素材にもいろいろあって。
かつては鉄オンリーだった時代から。
軽くするならチタン。
そして、アルミ。
アルミの隆盛のなかからマグネシウム。
そしてカーボンの熟成というか製法が固まってきて。
いまやカーボンの全盛。
かつての金属類はノスタルジーか。
もしくは懐古主義になるのか。
そう思いきや鉄に至ってはそうなっていない。
金属パイプの開発のおかげで軽量な鉄フレームは作れるし。
カーボン一択からの脱却としての選択肢を確立していると思う。
そこにリスペクトがある。
c0093101_19504451.jpg
c0093101_19504614.jpg
c0093101_19505089.jpg
c0093101_19505250.jpg
c0093101_195156.jpg
c0093101_19511224.jpg
c0093101_19511653.jpg
そこに来てステンレスも登場したし。
金属にバリエーションが増えて。
またチタンは高級素材として君臨。
マグネシウムはともかくとして。
アルミは?
これからおもしろい選択肢になり得るかもしれない。
そこにリスペクトがある。









.
by astronautics | 2016-08-22 23:50 | 自転車とヨシダ

オリンピックを見ていた

わたしは見た。
はじめは手こずったが。
エヌエイチケーのサイトに行けばいいことに気付いた。
そして見た。
無実況無解説試合。
ある意味ですがすがしく。
またある意味で無駄を省いたとも云える。
c0093101_19402727.jpg
c0093101_19402542.jpg
c0093101_19403273.jpg
c0093101_19402975.jpg
さて。
試合は遅くまでだったので。
規律正しい個人は就寝につく。
いまやウェアーのたぐいを閲覧すると。
アメリカチームがアソスになっているのに神泉な驚き。
各国ナショナルチームに気の利いたというか、センスが良いというか、そういうモノを求めるのが酷だと云うもの。
日本みたいに自国民にボロクソなほどに云われようなのもどうかと思うが。
衣はこゝろを語る。
もはや伝統のスタイル。
紅白の統一でシンプルに固定するのがいいと思う。
他の伝統国はどうだ。
例えばベルギーなんかはずっと変わらないじゃないか。
継続はチカラなり。
コロコロ変えるから余談を招くのである。









.
by astronautics | 2016-08-21 23:50 | サイクルモードヨシダ

オススメされた動画

オススメされた動画を見ると。
ほほー。
塗装屋さんが塗装のレストア。
ドイツから。



これはなかなか。
10年以上が経過した?Kleinともなると。
もはやヴィンテージバイクの領域なのだろうか。
そういう意味でも長く楽しむということを深めるにはこういう存在の工房は欠かせないと云える。
リスペクトがある。










.
by astronautics | 2016-08-20 23:50 | 自転車とヨシダ