<   2016年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

明日のホィールを考える会 266

そういえば。
シクロクロス界隈では前後のリム形状を変えたセッティングとか。
あまり見ない。
見た事が無い。
ロードでは存在する、ある意味ではありがちで。
けっこうわたしも好きなセッティング。
前輪は軽く。
後輪はエアロに。
TTバイクは無条件にそうだし。
オフロードの傾向ということなのかもしれない。
c0093101_1947479.jpg
c0093101_1947220.jpg
c0093101_19465923.jpg
c0093101_19465315.jpg
c0093101_1947613.jpg
c0093101_1947929.jpg
そういうわけでわたしもペアで揃えております。










.
by astronautics | 2016-10-31 23:50 | 明日のホィールを考える会

ファッションサイクリストのサイフ事情

さいきんなにやらファッションサイクリスト界隈で目につくマープ。
そして出ました。
コレ。
サイフというよりはスマホケースのようなのでポケットがサイフな対応になっていないようですが。
c0093101_1952219.jpg
c0093101_19533343.jpg
革小物ブランドのBellroyとのコラボ。
すでにBellroyにはスマホケースのラインナップがあった模様。
知らなかったぜ。
c0093101_19551188.jpg
c0093101_1956373.jpg
さて、このテのケース。
Raphaがシーンに定着させたところにリスペクトがあるという認識ですがいかがでしょうか。
日本のブランドでもこれをラインナップに入れているところありますね。
素材がナイロンのようですが。
c0093101_1956631.jpg
ちなみに。
盆栽自転車店でもこのケースを別注品としてリリースの予定です。
続報を待たれい。









.
by astronautics | 2016-10-29 23:50 | サイクルモードヨシダ

シクロクロスの練習の仕方

AJOCCにあったシクロクロスにおける練習の仕方は参考になった。
そこにリスペクトがある。
c0093101_2045056.jpg
c0093101_2045345.png
c0093101_2045774.jpg
c0093101_2045993.jpg
c0093101_20451765.jpg
c0093101_20452036.jpg
オフロードの集団走行。
レースでは確かにできる。
ただVTRのように後ろについているほうがラクというような感覚を会得していないと思う。
其れを得る事でタレるまで全開。
タレてから勝負というようなワンパターンから脱却できるのだと思う。
そこにリスペクトがある。












.
by astronautics | 2016-10-28 23:50 | 犀の角のようにただ独り走れ

Do you know VYNL BIKES ??

ドゥーユーノゥ。
VYNL BIKES??
ィエス、アイノウ。
アイオールレディオーダーVYNL BIKES。
c0093101_20411389.jpg
c0093101_20405626.jpg
c0093101_2041011.jpg
c0093101_2041817.jpg
c0093101_2041486.jpg
そういうわけで遅くとも来月にはVYNL BIKES日本上陸あるかもしれません。
ちなみにこのマンモスカラーではありません。












.
by astronautics | 2016-10-27 23:50 | 自転車とヨシダ

Mudfootはふたたび

何気ない画像に眼をやると。
緑色のレーパン。
あ、MudFoot。
こんなのもあるのか。
限られた人だけに販売?されてるエクスクルーシヴ。
チーム員ってわけでもなさそうだから、友達界隈だけでやってるんだろうか。
ちょっとぐらい売ってくれてもいいのに。
とも思う。
c0093101_19392046.jpg
c0093101_19391445.jpg
c0093101_1939967.jpg
c0093101_1939590.jpg
c0093101_19385935.jpg
c0093101_19385572.jpg
こういう究極なシンプルさもまた良い。
こんな表現なかなかできない。
まずはメーカーロゴを削除するところからはじめなければならないのだから。












.
by astronautics | 2016-10-25 23:50 | サイクルモードヨシダ

辛酸ナメ太郎

昨日のレースは完全無欠の酸欠ナメ太郎。
久々に落ち込んだし落ち込むべき結果とも云える。
ロードで苦しんだ時代がなつかしい。
走るレースのレベルが上がり自分が通用しなくなると自分を責めて練習を繰り返すことが辛くなり自転車に乗ることさえも拒否寸前までいったものだ。
シクロクロスで同じ轍を踏むわけにはいかないつもりではあるが。
こうも通用しないとなるとなかなか凹むもので。
夏場の安楽っぷりが今になって借金として襲いかかっている印象。
ラクして楽しめるものではないなと今さらながら思わせてくれる。
とはいえ、シクロクロスは楽しもうと思っているけれど。
自分なりに最高に楽しむために苦しみぬいて其のさきの楽しみを満喫してやろうと思う。
ボンバイエ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_17534636.jpg
c0093101_17532669.jpg
c0093101_17533648.jpg
c0093101_1754856.jpg
c0093101_17534845.jpg
どうやら。
ああいうコースが苦手らしい。
思えばベンドもそうだった。
このあいだの中学校コースもそうだった。
其れは其れで。
ロードのときは上りは苦にしないほうだったけれど。
クロスは上りがあるともう厳しいという。












.
by astronautics | 2016-10-24 23:50 | レース盆栽

古今東西チームキット

MASHのチームキットはなかなか良い。
今年はかなり野心的な色使い。
こうした目にはいってくる好印象のチームキットはもはやアメリカからしかやって来ない。
欧州はプロ偏重のなかで。
アメリカはこうしてクラブチームも目立つところが良い。
リスペクトがある。
c0093101_1923724.jpg
c0093101_1923218.jpg
c0093101_19225885.jpg
c0093101_19225341.jpg
c0093101_19224923.jpg
c0093101_19224370.jpg











.
by astronautics | 2016-10-22 23:50 | サイクルモードヨシダ

ドラフト会議なるもの

日本のプロスポーツのなかでは珍しいと思う。
プロ野球のドラフト。
他のスポーツはこんな制度が存在しているだろうか。
アメリカでは4大スポーツなんかであるのだろうけれど。
日本では野球以外に聞かない。
他はなんだかんだで「コネ」である。
ドラフトのようにある種の公平なルールのなかで行われるものではない。
自転車もそう。
マイナースポーツの場合はプロとは云っても一攫千金の可能性が低いのでそうなってしまうのかもしれないが。
そんなプロ野球のドラフトはさいきんは会場にお客まで入れてエンターテイメント化しているのもすごい。
この職業選択の自由が無いこの会議に。
其れがまたドラマを生むのは間違い無いわけだけれど。
c0093101_161233.jpg
c0093101_1612646.png
c0093101_16124846.jpg
c0093101_1612494.jpg
c0093101_16124935.jpg
プロ野球としては、プロ選択志望届によってドラフトの対象になるかを選手に選ばせているので其の時点で職業選択の自由を果たしたという説明なのだそう。
しかし、どのチームに入れるかはわからない。
かつては逆指名という制度もあったけれど。
今では無い。
かつては巨人一辺倒だった選手からの球団人気も、さいきんでは違うようで。
そういうのも面白い。
歴史があるというのはこうして厚みをもって見せてくれるということにある。
そこにリスペクトがある。










.
by astronautics | 2016-10-21 23:50 | ヨーリーを探せ

爆買い貨客船

暗闇にブレーキ音。
すれ違うのはいつぶりか。
はじめてだ。
ついに来たか。
かつての租借地からの通行人は居たにせよ。
フレンドリー。
今回はノットフレンドリー。
はじめは違う向きかと思いきや。
言葉は雄弁に語る。
言葉の通じない数人に囲まれると困惑と恐怖。
c0093101_20243745.jpg
c0093101_20244622.jpg
c0093101_20245273.jpg
c0093101_20245979.jpg
c0093101_2025457.jpg
c0093101_2025763.jpg
c0093101_20251212.jpg
c0093101_20245025.jpg
あの一瞬の出来事はなんだったのだろう。
未来になればわかること。
其れが具体的にいつなのかはわからない。












.
by astronautics | 2016-10-20 23:50 | ヨーリーを探せ

GIRO SYNTHE研究

GIROのハイエンドヘルメットSYNTHE。
さいきんはEmpireのおかげでシューズメーカーだと思われているフシもあるGIRO。
はじめはヘルメットメーカー。
だからヘルメットの性能が悪いわきゃないし、良いわけなんだけど。
ヘルメットはやっぱり被り心地の相性も大事だっていうわけで、合うならオススメですよ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_2017406.jpg
そこでSYNTHEを見ていて思うのが。
カスタム栄えするヘルメットだと云うこと。
c0093101_20174958.jpg
3色パターンはイタリア、フランス、ベルギーにドイツ。
いろいろありますが。
そこは自分色に。
c0093101_20175461.jpg
c0093101_20174556.jpg
世界選のスペヒャル。
c0093101_201882.jpg
MASH SFスペヒャル。
c0093101_20181330.jpg
これはそのままかな?
c0093101_20181924.jpg












.
by astronautics | 2016-10-18 23:50 | サイクルモードヨシダ