<   2017年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

機材を選ぶということ

そうだ。
この際にフォークも換えてしまおう。
1.5から、1.25に。
1.5はしっかりし過ぎか。
オーバースペックな雰囲気があった。
1-1/8でもじゅうぶんなのに。
c0093101_16162898.jpg
これでヘッドセットが20gの軽量化を実現するということも重要な懸案である。









.
by astronautics | 2017-05-30 23:50 | 自転車とヨシダ

機材を選ぶということ

そして時代は砂漠から海へ。
わたしの想いが一過性のものでなければこれで決まり。
決定。
決断。
c0093101_19574663.jpg
c0093101_19574259.jpg
c0093101_19574325.jpg
c0093101_19574875.jpg
c0093101_19575248.jpg
そこにリスペクトがある。









.
by astronautics | 2017-05-29 23:50 | 自転車とヨシダ

XL振興会

「真似」というとあまり良い響きではないけれど。
とりあえず人のものを自分に取り入れてみて試すという流れでは悪くないだろう。
そして、そこに学びがあればモノマネも悪いものではなくなってくるだろう。
c0093101_1844875.jpg










.
by astronautics | 2017-05-28 23:50 | XL振興会

さらば

さらば。
砂漠よ。
不毛地帯。
海は砂浜を隔てるから。
もしかすると近しい存在なのかもしれない。
海には草も生えないと思いきや。
植生はあるので不毛ではない。
これは一種の決別でるのか。
そういうテーマか。
換装して。
さらに軽量化。
近代的装備に合ったカタチに生まれ変わる。
実に地味に。
ディスクではない。
c0093101_16414815.jpg
c0093101_1641506.jpg
c0093101_16415346.jpg
c0093101_164154100.jpg
c0093101_16415745.jpg
c0093101_1641595.jpg
海。
カモ。
海。
カモ。
海柄は何故かアジアっぽい雰囲気を纏うのだけれど。
ロシアに至ってはヨーロッパではくくれない広大さがゆえに海カモがある。
其れを見つけた。
果たして。









.
by astronautics | 2017-05-27 23:50 | ヨーリーを探せ

フレーム重量について

c0093101_19523282.jpg
c0093101_18395595.jpg

c0093101_19521525.jpg
c0093101_18395318.jpg

c0093101_1952915.jpg
c0093101_1952393.png
c0093101_19515261.jpg









.
by astronautics | 2017-05-27 23:50 | たまには考える男

機材を選ぶということ

想いがつけば実行。
値段はおいくら?
このへんから先ずはじまる。
フレームの送料。
これがねー。
まぁいい。
送るだけなら保険も要らぬ。
c0093101_1554838.jpg
c0093101_15541119.jpg
c0093101_15541485.jpg
c0093101_15541623.jpg
c0093101_15541959.jpg
塗装はもう。
日本でしよう。
アメリカのツヤ消しは汚れが溜まりすぎてチョットな感じになった。
なんせ融通が利いたほうがいい。
プロジェクトとしては年明けくらいだろうか。
其れまでに出来てれば。
出来るかな。
いいだろう。









.
by astronautics | 2017-05-26 23:50 | 自転車とヨシダ

Gokushura


















.
by astronautics | 2017-05-25 23:50 | DJ BONSAI

XL振興会

どうせ塗るなら好みがあったほうがいいだろうし。
好みがあればそこにストーリーがあるということなんだろう。
c0093101_1737476.jpg
c0093101_1737642.jpg










.
by astronautics | 2017-05-23 23:50 | XL振興会

機材を選ぶということ

色は難しい。
もちろんオーナーの好み。
というわけでこの自転車の場合はわたしの好みになるだろう。
しかし、其の好みを具体化して創造しなければならないとなるとハナシは別。
千夜一夜のときがながれて夢にまで出る。
うつつのときの鼻歌しらべ。
これが楽しい時間と云うヒトも居るが。
これは熱心にまかせて考えるのではなく。
自然と。
欲しい。
そういうときを待つものであるとわたしは思った。
そこにリスペクトがある。
c0093101_15441883.jpg
c0093101_15442459.jpg
c0093101_15442633.jpg
c0093101_15443440.jpg
c0093101_15444534.jpg
c0093101_15444818.jpg

たかが自転車。
されど。
ナントヤラ。
そこにリスペクトがある。










.
by astronautics | 2017-05-22 23:50 | 自転車とヨシダ

ボーネンが引退

もうボーネンが引退しているなんて。
信じられない。
其れでもプロトンは走り続ける。
もうボーネンがプロトンに居ることは無い。
c0093101_1553167.jpg










.
by astronautics | 2017-05-21 23:50 | 盆栽実況中継