<   2018年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

トンテキ

やはり美味かった昨日のトンテキ。
マスターは気を使って違う焼き方のモノも1皿出してくださったのだが。
わたしはコチラのほうが良く、妻はもうひとつのほうが良かったみたい。
そこにリスペクトがある。
c0093101_19173488.jpg







.

by astronautics | 2018-01-16 23:50 | グルマンヨシダ

大人になる

子供のころから大人に憧れた。
はやく大人になりたかった。
身近にカッコの良い大人が居たかというと其れは思い出には無いわけだが。
とにかく大人になりたかった。
そんななかで自分も齢三十の後半。
四十を目前にする歳になった。
十代の後半からすでに三十代に見られることが多く。
では、今では五十代に見られるかと云ったらそうではない。
お酒を買うのにいちいち疑われるような容姿でもないし。
大人になってなにかメリットがあったと思えばやや疑問も残るけれど。
おかげさまで楽しくやらせてもらっている。
そしてそんな自分を独りの大人として見たときに、若いヒトには、わたしのようにはならないように、と云える。
其れは今更云うまでも無いことだが。
c0093101_15252849.jpg
c0093101_15252809.jpg
c0093101_15252962.png
c0093101_15252927.jpg
c0093101_15252960.jpg
学生の頃は学年制で年上が絶対というような向きもあるが。
学び舎を出て、街の中のひとりになればそういった絶対を引きずることは無く。
まぁ、野に放たれれば皆等しく社会人。
天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず、とは福沢先生。
そこにリスペクトがある。












.

by astronautics | 2018-01-15 23:50 | ヨーリーを探せ

考えているうちに完成するゴールドのヘルメットがある

そういうわけで作ってしまった。
こういうのは勢いってのが肝要である。
数日間の楽しい集中時間を経て完成。
其の間の作業場の机の散らかりっぷりといったらなかったけれど。
完成すれば世にもまとまったヘルメットに。
って見事に金色の。
キンキラキンの。
ゴールドにしちゃった。
というか、してしまったというか。
つくってしまった。
やってしまった。
ヘルメットだけど。
さて、いつ被ろうか。
こうしてまたヘルメットが増えてしまったわけで。
オー、ファッションサイクリスト。
未知は創造することで埋めるのだよ。
先は誰にもわからない。
金色のヘルメットで照らしていこうか、この先。
とりあえず、シューズカバー無しで乗るようになってからかな。
c0093101_19022163.jpg
c0093101_13305741.jpg
c0093101_19022123.jpg
c0093101_13305740.jpg








.

by astronautics | 2018-01-13 23:50 | サイクルモードヨシダ

それでは過去にゴールドのアイテムを採り入れたことがあったのかという個人的記憶

そういえば、過去にもゴールド。
持っていた。
というか現在進行形で。
持っている。
持ってる。
ミーは持ってる。
リスペクトを持ってる。
c0093101_18492336.jpg
RADAR XLに。
RADARLOCK XL。
どちらもスペヒャル。
ゴールドなだけにマネーが積み上がっている。
イヤ、マジで。
よくやったよ。
そういう獲得の苦労は、手にした今はまさに「無」になるのだなと。
思わせてくれる。
そういう記憶の消去術が結局のところの「衝動買い」を生むのであるから。
其れは其れで微妙とも云えるのか。
c0093101_18492294.jpg
ゴールドのRADARLOCK XLは違うカタチでもう1本増える予定。
まさに、衝動買いはしてないか?
c0093101_18492279.jpg
シューズもゴールド化。
やっぱり、チームウィギンスじゃないけれどホワイト基調にゴールドってのが気分に合うみたい。
c0093101_18492285.jpg
c0093101_18492392.jpg
そこにリスペクトがある。








.

by astronautics | 2018-01-12 23:50 | サイクルモードヨシダ

ゴールドとチームキットとのバランスで無視してはいけない男がイギリスに居た

其れは、Wiggins。
その人である。
この限定ヘルメットも予約完売だったなぁ。
貴重な2個。
もっとあってもいいくらい、まだ欲しいっていう方まで行き届かなかった。
イマドキこんなに自転車屋を沸かせてくれるアイテムって珍しい。
其れはチームウィギンスのヘルメット。
もちろん限定。
c0093101_01100397.jpg
ホワイト基調にゴールドが大胆にあしらわれた、ゴールドというアクの強い色を使いつつも上品に見えるこのカラー。
金メダリストのWigginsのためだけではなく、チーム全員がこのヘルメット。
金メダリストのWigginsが興したチームだからこそ出来ると云うのがチームごとゴールドの理由なのだろうか。
カスタムカラーなのにとにかく上品で、すんなりと自然。
だけど、限定品らしいありがたみや特別感を欠くことはない。
ポイントはホワイトといっしょに組み合わせることなんでしょうかね〜。
c0093101_01100315.jpg
Wigginsといえば、ロンドン五輪のロードタイムトライアルでの金メダリスト。
其れ以外でもトラックレースで多くの金メダリストになっているというゴールドコレクター。
c0093101_01103810.jpg
なにせ5個も金メダルを持ってるんだぜ。
c0093101_01100405.jpg
アワーレコード挑戦の際もゴールドのキット。
このTeam Wigginsのキットが過去一番洗練されたゴールドジャージだと個人的に思っている。
ネイビー&レッドとゴールドの組み合わせがあまりにも良いというか。
これってネイビーブレザーに金ボタンというような、紳士服的なベストバランスを踏襲した結果だと思うんだけど、考え過ぎ?
c0093101_01103846.jpg
c0093101_01103819.jpg
c0093101_01103892.jpg
時代の進行とともにゴールドの使われ方も洗練されてきたように思える。
そこにリスペクトがある。










.

by astronautics | 2018-01-11 23:50 | サイクルモードヨシダ

そういえば、過去のゴールドメダリストはどう金を着飾ったのかという記憶

オリンピックのロードレースにはじめてプロ選手が出走したシドニー。
そこからロードレースとプロの選手の歴史がはじまった。
初優勝はヤン・ウルリッヒ。
c0093101_00305154.jpg
ポディウムの3人は国籍は違えど、当時はみんなテレコムに所属した選手。
テレコムのワンツースリーといった趣きで、実際そういうチーム戦だったのではないかと後世まで語られるレース。
ウルリッヒはここで金メダルを獲得するのだけど、その後のアピールは無し。
寡黙で実直なドイツ人気質があるのかはわからないけれど。
TT世界チャンピオンを獲ったあとでも、ジャージの襟や袖に虹色を入れなかったところからそういう趣味が無いのではないかと思う。
c0093101_00312177.jpg
アテネ優勝のベッティーニがウルリッヒと正反対だったのは前述のとおり。
しかし、ベッティーニこそがその後の金メダリストの歴史をつくったとも云える。
それはベッティーニ以降の金メダリストはほぼ皆、ゴールドを身に纏うようになったからである。
北京五輪で金メダルを獲得したサムエル・サンチェスはヘルメット、サングラス、シューズとゴールドの基本を抑え、ジャージもほかの選手とは違うゴールドラインがはいったジャージを着るようになった。
ただし、オレンジ基調のエウスカルテルだとジャージのゴールドがほとんど目立たない。
そして袖のゴールドはほぼ肌色で、袖が短く見えてしまう効果すらあった。
c0093101_00321468.jpg
移籍したBMCでは、ゴールドの帯の両端にブラックがはいることによりゴールドが引立って見えるようになった。
こうしてサムエル・サンチェスひとりを見ても、ゴールドジャージの進化の系譜が見てとれるわけである。
c0093101_00324402.jpg
次のオリンピックのロンドンでの金メダルはヴィノクロフ。
このレースで引退を決めていたヴィノがまさかのアタックを決めて優勝。
これには驚いたし、感動的なレースだったけれど、その後のレースに確か1、2レースしか出なかったのもあってゴールドヴィノは見れなかったと思う。
c0093101_00331306.jpg
だけど、ヴィノはその数年前にヴェルタを勝ったときの終盤のステージでゴールドヴィノになっている。
当時はヴェルタのリーダージャージがマイヨオロというゴールドジャージだったため。
チームもリバティセグロスという今では消滅してしまった懐かしのチームだった。
c0093101_00331361.jpg
そして、最新の金メダリストであるファンアーベルマートはリオオリンピックでの勝者。
BMCの金メダリストはサンチェスの前例があるものの、前例踏襲はしておらず、サンチェスのときよりもゴールドをふんだんに使用している。
ゴールドの使い方としては洗練されているように思えるのだけど、タグホイヤーと青いスポンサーのカラーが洗練を邪魔するかのようなジャージ。
c0093101_00334464.jpg
そう。
お気づきのとおり、金メダルアピールは〝ほぼ〟ロードレーサーのみ。
TTでのアピールは?
あの男以外は見かけないのである。
そこにリスペクトがある。







.


by astronautics | 2018-01-09 23:50 | サイクルモードヨシダ

金のヘルメットはアリなのか?という論点に対して浅い考察

RIDE100%。
おーこれは。
誰が被るか、誰のモンかは知らないけれど。
なかなかヤヴァいヘルメット。
自転車というか、ダウンヒル用のヘルメットだと思うけど。
このバランス良いなぁ。
全体的にゴールドなのにもかかわらず格好良く見える。
ツヤ消しが効いているのか?なにか効果的な左様があるのかは知らないけれどよく見える。
ここ数年は自転車の世界において個人的にゴールドを求める傾向にある。
ただし、スポーツの世界においてゴールドという色は身につけるときに注意が必要で。
ゴールどは勝者のカラーであることを忘れてはならない。
そこで、わたしは金メダリストではないし。
何かのチャンピオンであったこともなし。
石油王でなければ。
金持ちですらない。
成金趣味のつもりも無い。
わたしとゴールドの繋がりはなにかといえば、REAL BONSAI KING GEEDORAHだとか。
其れを単におもしろがって名乗っているだけ。
c0093101_18495309.jpg
さて、ロードレース界隈でゴールドと云えば。
やはりベッティーニ。
金メダリストになってからヘルメットだけがゴールドになった。
この当時に見たときは、どうも野暮ったく見えたというか。
なんだか成金趣味的で好きになれなかったというか。
格好良くは見えなかったんだよなぁ。
金メダリストだけが許される行為であるから、其れはリスペクトされるべきなんでしょうけれども!
c0093101_18495909.jpg
かつてオリンピックのロードレース競技にプロの出走が認められてから、世界チャンピオンジャージと同じような存在で、オリンピックチャンピオンジャージというものが存在していたのですが、オリンピックの権利の影響でジャージを4年間来続けるということはルールとしてできなくなってしまい、このベッティーニのようなヘルメットは其の最中でオリンピックチャンピオンをアピールしたい!という衝動の苦肉の策だったのかもしれません。
いまでも、ファンアーベルマートやサムエルサンチェスなどのオリンピックチャンピオンたちは袖の色がゴールドだったり、ジャージの袖の一部がゴールドだったりと。
さりげなくゴールドアピールしてますよね。
c0093101_18495069.jpg
そんな成金ヘルメットも、LAZERのヘルメットがGENESYSになってから比較的見れるようになりました。
あくまで個人的感想です。
やはりヘルメットのデザインが洗練されたことが影響しているのでしょうか。
実際、GENESYSは現在のヘルメットの流れに繋がる小振りな大きさで、後ろ部分にツノのような流線型状が無いデザインとしては先進的でした。
いまのLAZERヘルメットもこの流れですよね。
c0093101_18500341.jpg
自転車もゴールドがあしらわれています。
もうベッティーニだから許される世界。
そして、最盛期には世界チャンピオン、オリンピックゴールドメダリスト、イタリアチャンピオンの3タイトルをヘルメットに同居させていたベッティーニ。
まさに全部載せ。
そして、当時このヘルメットには宝石屋さんから提供を受けたダイヤも埋め込まれていたと記憶しています。
c0093101_18500788.jpg
ゴールドを塗装や色づけのみで表現すると、黄土色だったり明るい茶色という雰囲気がある。
ヘルメットやサングラス、もしくはシューズにゴールドを表現させるのは良いけれど。
ウェアーでは気をつけなければならない。
なぜなら肌色に見えるから。
何も来ていないように見えるからだ。
c0093101_18501262.jpg
おっと、さいきんのチームでも居ましたね。
ゴールドのヘルメット。
ベッティーニ単体よりも、やはり集団で居ると異様感が高まります。
でも、現行のチームでアリなら、やっぱりアリか。
そもそもこのバーレーンチームのチームキットがリスペクトされているのか謎だし、どちらかというとリスペクトされていないと思いますが、まぁやってみる価値はあるかと。
被って使うかはさておき、飾るだけでもなかなか迫力ありそうだし。
まぁでも被らなきゃもったいねーって、うーん。
これだからカスタムはやめられませんなぁ。









.

by astronautics | 2018-01-08 23:50 | サイクルモードヨシダ

在庫処分に付 Campagnolo RECORDハブ ヴィンテージ品をそれなり価格にて

次を見つけてしまった盆栽屋。
過去では次が未来。
次が今となっている状況では。
あのときは未来であったかもしれないけれど。
今となっては過去になってしまった思いに別れをつげるほかない。
自転車は前にしか進むことができないとでも云うように。
トランクを抱えて家を出た。
c0093101_23081223.jpg
今や、過去形になったのは、

まさに過去形のCampagnolo RECORDハブ。

ブラックカラーの現行品ではありません。
ポリッシュシルバーになまめかしい曲線のボディ。
センターにあるラインはグリスホールのクリップ型のキャップ。
フリーボディは現行品を使っているカスタム品で、ヴィンテージとしての時代考証としては合わないのかもしれませんが、フリーボディに合わせてシャフトも換えないといけませんので費用もかかっていますし、軽量化にもなっています。
お譲りする前に軽くグリスアップと清掃を施しておきました。
ご覧ください。
この美しさ。
10年以上前の製品とは思えません。
c0093101_23081175.jpg
車輪にして使用していたハブですので、小キズや組み跡があります。
クイックリリースは付属しません。
前述のとおり、フリーボディは現行品に組み替えてありますので、元々の製品よりも軽量です。
11Sの現行使用で使うことが出来る最後のヴィンテージレコードハブと云えるでしょう。

さて、気になるお値段は、

35,ooo円 完売御礼 ありがとうございました

中古品、カスタム加工品ですので気になる方はご遠慮ください。
ノークレームノーリターンでお願いします。

盆栽自転車店で販売しています。
取り置きは受け付けません。
早い者勝ちの店長の中古品です。
実物をご覧いただき納得したうえでご購入していただくのがオススメです。
よろしくお願い致します。










.

by astronautics | 2018-01-05 23:50 | トランクショー

メーターワフーにするわ

ターメーフーワーにするわ。
目的はイライラしないほうのメーター。
さて其の目的は適っただろうか。
使ってみないとわからない。

c0093101_20455690.jpg
c0093101_20455693.jpg








.

by astronautics | 2018-01-04 23:50 | 自転車とヨシダ