Next Levels
















.
# by astronautics | 2017-01-02 23:50 | DJ BONSAI

昭和のアイドルはなぜ歌が上手いのか

耳からくる琴線。
そのに響く福音はいずこから。
其れは昭和から。
あ〜、昭和生まれだから仕方ありませんね。
っていう御意見はまぁ置いておいて。
生まれる前か、その直後あたりの線が多い。
なにが云いたいかと云えば。
歌が上手い。
とはいえ、わたしは音楽の専門家ではないから印象だけど。
とにかくムカシの歌手のほうが歌が上手いとおもうんだよなぁ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_20545358.jpg
c0093101_20551599.jpg
c0093101_20545995.jpg
c0093101_2054425.jpg
c0093101_2055361.jpg
紅白歌合戦はもう見ないだろう。
箱根駅伝は仕事してるから見れないだろう。
隠し芸大会はもう無いし。
初詣は近所の神社に行くことにしているし。
年末年始はなぜだか海が見たいとおもうから今年は例年からコースを変えたけど三浦半島だし。
また来年もよろしくお願いします。








.
# by astronautics | 2016-12-30 23:50 | エンタメヨシダ

年末

ひねくれもののわたしも流浪の身。
ときに世相に流される。
年末という気分が自分をそうせしめるのか。
シクロクロスレースから帰って来た自転車も。
シューズも。
ヘルメットも。
サングランスも。
すべて。
掃除した。
できるだけ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_15325460.jpg
c0093101_15324410.jpg
c0093101_153381.jpg
c0093101_1533324.jpg
c0093101_15332781.jpg
掃除はメンテナンスの基本中の基本。
年越しのタイミングで、身の回りのモノたちがキレイなほうがいいに決まっている。
そこにリスペクトがある。









.
# by astronautics | 2016-12-29 23:50 | ヨーリーを探せ

XL振興会

あ、
やっぱり、
RadarLock XLみたいですよ。
c0093101_0526100.jpg
c0093101_052917.jpg
c0093101_05495.jpg
c0093101_05948.jpg
c0093101_051670.jpg
c0093101_052016.jpg
c0093101_053873.jpg
c0093101_054645.jpg
あ、
やっぱり、
RadarLock XLみたいですよ。











.
# by astronautics | 2016-12-27 23:50 | XL振興会

シューズ多過ぎ問題

シューズ多過ぎということで。
わたしは自転車のビンディングシューズを現役だけでもロード4足、クロス3足ありますよ。
ロードを週末しか乗りませんって云うヒトでも、2足はあっても良いんじゃないでしょうか。
シューズの寿命は1足入魂で1年。
他足使いで1足の寿命も延びる。
そういうわけで溜まった7足。
いまこの時点でも集中的に消耗が起きて、クロス用のオレンジはシーズン終わりには終了か、もしくは泥が酷いレース用に使う予定。
c0093101_2092734.jpg
来期のGIROはたくさんシューズがありまして。
日本にはいってくるのは3/4から1/2程度。
そりゃ輸入ラインナップから外れるわというモノから。
コレ外しちゃいます?っていうものまである。
とくにこのブルーメタリックとか。
良いと思うんだけどなぁ。
盆栽自転車店には少量入るとか入らないとか。
c0093101_2092599.jpg
MTBのオレンジもいいなぁ。
オフロードにオレンジってやっぱり見栄えの良さが最高だと思いますよ、個人的な見解ですがそう思います。
だから今履いてますMTBのオレンジがダメになってもこのオレンジ買い足す感じになると思います。
細かい事云うと、今の限定オレンジと来期の通常オレンジは色はまったくいっしょのようですがアッパーのファブリックが違いますね。
限定のオレンジにはEMPIREのSLXの超しなやかファブリックに似た素材でした。
SLX履いてる方はみんな最高だと思ってくれてると思いますけど、あのファブリック。
来期モデルは通常のEMPIREと同じアッパー素材のようですね。
オーダーすれば取り寄せてくれますからね。
いまのうちにオーダーしとこうっと。
ジャージの色が何色になろうとも、シューズは何だって合うんですよ。
合わせてしまおうという気概が一番重要だと思います、個人的に。
c0093101_2093525.jpg
コチラのブラック・ライムは予定調和ではグリーンに見えるケド。
製品になったら思いっきり蛍光イエローでしたねぇ。
予定は未定で決定ではないってか。
たまにこういうことあるよなぁ。
c0093101_2094249.jpg
未入荷モデルで一番惜しいなと思うのがコレ。
中級グレード。
一見、滑りそうなソールですけど、どうなんでしょうか。
湘南クロスの開成水辺公園の階段上りの際にコケそうです。
ただファッション的には良いなと思えるソールカラー。
c0093101_2094457.jpg










.
# by astronautics | 2016-12-26 23:50 | サイクルモードヨシダ

GIRO SYNTHE研究

ヘルメットの研究をしているうちに。
自分のカスタム欲求がむずむずしてきた。
ポーリーンちゃんのRED BULLはどうだろう。
c0093101_032222.jpg
しかし、これは塗装が必要だ。
うーん。
それにしてもRED BULLのヘルメットってMTBの選手になると牛とロゴが左右の片方に大きくデザインしているものが多い。
イタリアのクロカン選手もそうだったし。
c0093101_0322438.jpg
4方からの画像があれば大体の再現性は確保できる。
そういう意味ではいつでも実行できるものの。
やっぱり、これは、自分で被ることを考えるとちょっと違うのかなぁ〜。
ほかにもRED BULL2個あるし。
c0093101_0323241.jpg
c0093101_0323671.jpg
c0093101_0321521.jpg
c0093101_0321076.jpg
c0093101_0321372.jpg
そういう意味ではTim氏のヘルメットももう色違いあるしなぁ。
持ち過ぎだ。
衝動カスタムはしてないか?










.
# by astronautics | 2016-12-24 23:50 | サイクルモードヨシダ

リスペクトとアパレルの狭間で

知ってるつもりだったのかもしれない。
其れはマープ。
実にMAAP。
あるひとには、かつての男性用ヘッドギアーにしか連想されないなんて云われたものだが。
其の範囲は少数派なのだろうか。
多数派か。
という意見とは反して。
この日本でもそれなりに見かけるようになったし。
2014年スタートのブランドだと云うから。
其の拡大のスピードはなかなかなのではないかと思うわけで。
そこにリスペクトがある。
c0093101_22464360.jpg
c0093101_22464973.jpg
c0093101_2247322.jpg
c0093101_2247816.jpg
c0093101_22471224.jpg
c0093101_22471865.jpg
そこで、通常のラインには無いプロチームジャージもいくつか発見することができた。
シクロクロスのSVxMAAP。
ロードのMAAPxBASSO。
そして、コチラもロードのSTATE of MATTER。
3チーム。
チームによっては販売されているモデルもあれば。
SVの場合はSVの部分のロゴが無い状態が市販品らしい。
こうしたプロとのコラボはプロモーションとして欠かすことができないのはもちろんのこと。
製品のフィードバックを得るためにも欠かせないとも云える。
そこにリスペクトがある。








.
# by astronautics | 2016-12-23 23:50 | サイクルモードヨシダ

機材を選ぶということ

これはレース機材。
当たり前か。
ツールでも使われていたし。
ツールと云わずプロのレースシーンのあらゆるレースで使われた。
eTAP。
オキナワも勝った。
紛れも無くレース機材だこれは。
使ってみた印象としてそうだ。
だから組み替える事にした。
レース用の自転車に。
あたらしい機材を組み込むことはすなわち武装とも云い換えられ。
換装と云うまさに其の言葉がピタリと云えた。
c0093101_19515765.jpg
c0093101_1952662.png
c0093101_1952126.jpg
c0093101_1952065.jpg
c0093101_1952480.jpg
c0093101_1952835.jpg
EPS時代にあれほど面倒臭く思えた充電も。
いまではそうは思わない。
自転車の機材もあきらかに進化して。
あかるく未来に向かっていると思わせてくれる。
そういう機材だとeTAPを使ってみて思う。
そこにリスペクトがある。









.
# by astronautics | 2016-12-22 23:50 | 自転車とヨシダ

なにをいまさら、ミーのカー

囁きのタイムライン。
悪魔のお告げはユーのカー。
誰のカーかは知らないが。
これぞ待ってましたとは盆栽屋。
ライフスタイルが滲み出る其の一台と雰囲気は昨日今日の出来映えではない。
そこにリスペクトがある。
なんのクルマかもわからないのだけど。
c0093101_19362726.jpg
c0093101_19361775.jpg
わたしのような未熟者には無用のカーであるクロカン。
どいつもこいつも重量が重くて排気量が高く燃費が悪くて維持費もかかる。
とても持てない。
所有ができない。
そういう意味では。
自転車のなかのクロカン。
そういう雰囲気のある自転車も同じであると。
いまやどこに行くにも便利なロードレーサー。
こういう自転車は名うての趣味人にしか所有できない維持できないと思うわけだ。
c0093101_193623100.jpg
c0093101_19362542.jpg
c0093101_1936208.jpg
ミーのカー。
遠い旅。
一度は所有したミーのカー。
あれはマボロシだった。
もう10年前になろうかという別れだ。
タイムラグだ。









.
# by astronautics | 2016-12-20 23:50 | シェーのカー

機材を選ぶということ

わたしは気付いた。
気付いてしまったからには組み替えの手の進行速度を抑えることができない。
其れは思いか。
はたまた実際の行動か。
ワイヤーの類いは消耗の前に廃棄の憂き目に遭おうとも。
其れはやむなし。
サイの角のようにただ独り歩め。
c0093101_18281276.jpg
c0093101_18265354.jpg
c0093101_18264819.jpg
c0093101_18271238.jpg
c0093101_18281225.jpg
eTAPははじめは旗艦に装備させた。
ロングツーリング巡航艦に電気システム導入でハイテクと牧歌的な雰囲気を同時に両立させようとしたものの。
どうやらミスマッチだったようだ。
eTAPは完全にレース機材のレース用。
使ってみて其れを確信したからにはレースバイクに組み替えるしかない。
そこにリスペクトがある。







.
# by astronautics | 2016-12-19 23:50 | 自転車とヨシダ

解決の糸口

沈黙はゴールド。
とでも云うように。
男は黙った。
見過ごしたのだろうか。
理由も聞きにくいなぁというところで時間ばかりが過ぎていく。
まさに徒労。
無駄の山積。
これは良くない。
良いとは云えない。
c0093101_2125371.jpg
c0093101_2125542.jpg
c0093101_213097.jpg
c0093101_2131427.jpg
c0093101_2131753.jpg
わたしは向きを変えてみた。
そしたらどうだ。
直ぐに解決してしまった。
あの便秘症状のような滞りがこんなにも直ぐに。
はじめからそうするべきだった。
そして、ニンゲンは学習をして。
少しだけの進化。
前に進めるようになるのだった。
そこにリスペクトがある。











.
# by astronautics | 2016-12-17 23:50 | ヨーリーを探せ

クリスキングにBSA30

まさか。
こんなこともあるもんだ。
というわけで登場予定の新発売。
BSA30といったらもうROTORくらいしかないんじゃないの。
適合クランクは少ないけれど。
手持ちの自転車はなぜかコレばかり。
買うしかないな。
買えばわかるさ。
ありがとう。
c0093101_18282316.jpg
c0093101_18281982.jpg
c0093101_18281687.jpg
ROTORの純正品も決して悪くは無かったが。
すごく良いモノでは決して無かった。
セラミックにすれば無条件に赤色になるところとか。
そりゃクリスキングにしますね。
そこにリスペクトがある。








.
# by astronautics | 2016-12-16 23:50 | 自転車とヨシダ

爆発するカスタムシューズの世界

わたしは見た。
もしかしたらもう見飽きたと云っても良いのかもしれない。
どいつもこいつも柄物だ。
ガラガラしやがって。
シャッター通りのガラガラ感とは違う。
其のシャッターに落書きが施された模様。
そういえば、あまり品の良いモノは見かけない。
つまりそういうことなのかもしれない。
c0093101_1855317.jpg
c0093101_1855162.jpg
今シーズンから1色シンプルになったRaphaのClimber Shoesですらもカスタムの餌食に。
1色になったからカスタムしやすくなったってか。
c0093101_1855744.jpg
c0093101_186094.jpg
そういえば。
ある一時代ではコテコテシューズに反したシンプルシューズが登場したときに市場から一定の歓迎で迎えられたはず。
其れがいまやまたコテコテになるためのベースとして活用されることになろうとはな。
振り子現象の反動か。
ニンゲンの欲望は果てしない。
ただし、カスタムと云うだけあって。
自分の思い通りのコテコテに出来るという点は。
もしかしたら進化の系譜なのかもしれない。
そこにリスペクトがある。









.
# by astronautics | 2016-12-15 23:50 | サイクルモードヨシダ

機材を選ぶということ

eTAPを導入して何ヶ月が経ったのだろう。
って、1ヶ月しか経ってないってか。
まだね。
そこでわたしは気付いてしまった。
このコンポーネントはレース機材。
SRAMのなかでも最もレース寄りと傾いていると感じた。
他のヒトはどうか知らないが。
わたしはね。
そう思ったんだよ。
c0093101_18134172.jpg
c0093101_18142812.jpg
c0093101_18131933.jpg
c0093101_18143636.jpg
c0093101_18144337.jpg
c0093101_18145058.jpg
誰に何ヲ云われようと。
何ヲ思われようと。
好きに組んだらいい。
どんな自転車でも。
あらゆるフレームに。
このeTAPは対応してしまう。
どのフレームにも寄生してしまう。
そこで、わたしはレース機材だと思っただけ。
そこにリスペクトがある。










.
# by astronautics | 2016-12-13 23:50 | 自転車とヨシダ

こんな時代だからこそのドメスティック

ジャージは何枚持っているか?
そうそう。
チームジャージだ。
チームジャージは何枚?
レプリカじゃなくて。
ホンモノの。
レースやら、イベントやらで着るやつ。
わたしは生まれてこのかた、前のチームに数年お世話になって。
今は自分のチームだけしか着ない。
前に所属させてもらっていたチームのジャージをなにかのタイミングで着ることはもう無い。
多国籍状態になったことは一度も無かった。
c0093101_20535540.jpg
c0093101_20535870.jpg
c0093101_2054128.jpg
衣はこゝろをあらわす。
ジャージが一枚になるのも、重ね着になるのもまたこゝろだというのだろうか。
其れがヒトの素直なこゝろか。
はたまた、時代がそうさせるのか。
なんだろう。
この感覚のズレとシンクロは。
わたしも歳をとった。
この世界に長く居過ぎて、しかもサイの角のようにただ独り過ぎて考えの凝り固まりの凝固感が異常なのかもしれない。
c0093101_2054681.jpg

c0093101_2054825.jpg
c0093101_20541240.jpg
ドメスティックとは云うも。
其れは閉鎖的ではない。
排他的でもない。
他流との交流は積極的に行うし。
海外とのサイクリストとの交流も積極的にやっていこうと思う。
しかし、その際に相手の色に染まらぬ自分の色を持とうというわけだ。
七色に変化するカメレオンではなく自分の色。
其れがジャージの証明ということではないのか。
衣はこゝろを語る。
c0093101_20544234.jpg
c0093101_20544458.jpg
自分のチームだから。
時流に合わせるという選択があるならば。
其れに合わせないという選択があってもよかろう。
練習会に遠征にレース。
チーム活動はドメスティックを突き詰めていってもいいのではないかと思う。
エッジもエッジ、最エッジに。
これからも。
サイの角のようにただ独り歩め。









.
# by astronautics | 2016-12-12 23:50 | ヨーリーを探せ

Rapha Prestige Nasuのムービーを見てみよう

オフィシャルのムービーはまだ先なんでしょうが参加者の方のムービーが軽く検索しただけでも数作出てきました。
国民総カメラマン時代から。
動画もそういうことになっている。
撮るヒトが違うとこうも違うかという具合でなかなか興味深いです。
自分で撮ろうとは思いませんが、編集にはクチを出してみたいかなと思います。










本家のRaphaのアカウントを覗いたら、こんなナイスなムービーありました。










.
# by astronautics | 2016-12-11 23:50 | エンタメヨシダ

ラン!ボンサイ!!ラン!!!

ユーはTracksmithを知っているか?
アメリカは東海岸ボストン近郊に本拠を置くランニングウェアブランド。
もしかしたら、この日本においてはサイクリストのほうに有名なのかもしれない。
其れは何故か?
わたしの仮説はこう。
ブランドの存在感がRaphaに似ているから。
そこにリスペクトがある。
c0093101_0525546.jpg
c0093101_053054.jpg
他のブランドにありがちなケミカル感あふれる素材とは一線を画した優しい素材感。
ちょっとムカシ臭いとも思えるシンプルかつクラシカルなデザイン。
販売は自社のECサイトでの通信販売がメイン。
其のサイトは美しい写真で敷き詰められて。
商品を販売するための写真だけれど嫌らしさはまったくない。
其の写真は、Emily Mayeが撮影。
このへんがまさにRaphaと被るわけ。
だからRaphaを知っている日本のサイクリストには知られた存在であると思うわけ。
c0093101_05378.png

c0093101_0531148.jpg
オリジナルの〝METER Magagine〟という雑誌まである。
こういったウェアーのみで構成されていない商品も魅力を醸し出す。
創業者は熱心なランナーで、自分の消費者としての欲求を満たすためにもブランドを立ち上げたというのもRaphaの成り立ちと似ている。
そして、もともとRaphaに居た人と協力して
キックスターターで資金を集めて、2014年スタートしたブランドということでまだまだ若いブランドなんだな。
このへんがRaphaとは違う。
Instagramのフォロワー数やハッシュタグの数も全然少ないと思ってた。
日本に発送してないのもあって、日本でのランナーにおける知名度もかなり低いのではないか?
c0093101_0531623.jpg

c0093101_0525175.jpg
わたしは日本のランニング環境にくわしいわけではないけれど。
Tracksmithを着たランナーは見かけたことがない。
ネットで検索しても輸入しているお店はないみたいだし。
わたしもランをシクロクロスのトレーニングとしてランをはじめるのにTracksmithがいいなと思ったけど。
あきらめなきゃいけないのかなぁ。









.
# by astronautics | 2016-12-10 23:50 | 盆栽シクロクロスマッスィーン

ラン!ボンサイ!!ラン!!!

走ることを決めたら。
内容を考え。
そして用具を揃えなければならない。
ランニングは気軽なもの。
最低でもシューズがあれば良いらしい。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1454638.jpg
c0093101_1454013.jpg
c0093101_1454683.jpg
c0093101_1455049.jpg
c0093101_1455362.jpg
さて。
シューズは決まっている。
ブランドはアシックスにする。
好みの色を探すのにかなり時間がかかってしまった。
店頭に在庫があるかはわからない。
とりあえず買い物に街に出なければならない。
そして、ウェアーはTracksmithにしようではないか。
そこにリスペクトがある。









.
# by astronautics | 2016-12-09 23:50 | 盆栽シクロクロスマッスィーン