髪を切りに行かなければならない

あぁ、うっとうしい。
我慢の領域にはいった。
さすがに髪を切りに行かなければならない。
男子たるもの、他人にまで鬱陶しいと思われるような髪の長さ、髪型であってはならない、なんてどこかの本か雑誌かで読んだ事あったな。
しかし、これはある意味では幸せなことなのかもしれない。
父はいわゆる若ハゲで。
わたしが物心ついたときから頭皮には毛が無かった。
無理も無い。
父は結婚写真のときから毛が無いのだから。
わたしの物心つくときなんて超越をしているというわけだ。
だから、
わたしは身近にハゲのひとが居たから、そういう葛藤と闘いの歴史を知っている。
父はハゲであることを当時クソガキ時代の従兄弟らに笑われていたし、義兄にもそんな程度の事を云われていたのを耳にした。
近親者のあたりでそんな具合だったわけだから。
きっと普段の父の所属する会社や社会のなかでの格闘の辛酸は想像に容易い。
そういう意味でわたしが37歳を目前にして未だに髪の毛が残っているというのは、ときに鬱陶しいとか、天然パーマであるとか、そういう思いを越えて幸せであるのかもしれない。
髪がある鬱陶しさはあるにせよ、世間からハゲという謂れの無い蔑称を投げかけられる鬱陶しさは無いのだから。
そういう意味でわたしの髪の毛はもうじゅうぶんに健闘したと云えるだろう。
しかし、わたしは闘ったのだろうか。
否。
わたしは闘ってないのだが。
髪の毛はたぶん闘ったと思う。
細くて柔らかな天然パーマ。
c0093101_20231049.jpg
c0093101_20231309.jpg
c0093101_20231785.png
c0093101_20232032.jpg
c0093101_20232280.jpg







.

# by astronautics | 2017-09-08 23:50 | ヨーリーを探せ

チタンカーボンの自転車

ミーの自転車。
チタンカーボン。
其れはシャーク号。
チタンカーボンって、ツタンカーメンみたいだなっていつも気になる。
何も関連は無い。
深い意味の繋がりも無い。
チタンカーボンはシートチューブがカーボンで他はチタン。
おかげで硬い。
IFのTi Factory LightWeightというモデル。
非常に硬い部類だと思う。
このフレーム。
しかし、単純に硬質というだけではなく、このフレームは実に頑丈そうなのが良い。
まさにミリタリースペック的な。
そういう意味合いをしてミルスペックイメージの塗装を施したわけではないのだけれど。
意匠はなんをかいわんや。
ここで類似性というか方向性の合方はまさに。
そこにリスペクトがあるということだろう。
c0093101_18485750.jpg
c0093101_18490123.jpg
c0093101_18490480.jpg
c0093101_18490624.jpg
c0093101_18490950.jpg
チタンと云えば。
かつては航空宇宙産業華やかりし頃に。
冷戦の終焉とともに自転車界にオコボレをくれるかのように流れ着いたチタンパーツ。
「なんかイイらしい」
つまり、持っている者はあまり居ない。
自転車パーツのなかでもひときわ「ロマン枠」に居座り続けたチタンだけど。
今となってはそんな特別な存在でも無くなってしまった。
カーボンが絶対性能の現実の知らしめてしまったから、だとわたしは考える。
さて、でも、しかし。
チタンがロマン枠でなくなっても、機材に夢見る永遠のロマン派の自転車乗りは絶えないわけで、そういったヒカリがまだチタンにもある。
そして、もちろんだが。
良く走る。
そこにリスペクトがある。







.

# by astronautics | 2017-09-07 23:50 | 自転車とヨシダ

GPSのセア

いやー驚いた。
ジャイアントからもGPSメーター出てるなんて。
世界は広い。
さいきんいろいろ出てくるけれど、本格的にGarminのセアを奪うところはどこなのか?
c0093101_18304222.jpg
c0093101_18303938.jpg
c0093101_18312407.jpg










.

# by astronautics | 2017-09-05 23:50 | 自転車とヨシダ

ラインナップに黒しか無いということ

かつての自転車世界では豊富なカラーラインナップから、好みの色でパーツを選んで自転車を組み上げていくということが普通だった。
つまり用意されたモノ。
メーカーサイドで用意されたモノ、と云える。
いまはどうだろうか。
とくにカスタムバイクの世界ではどうか。
ENVEにSILCAなど。
黒のカラーしか存在しない。
カラーが必要な場合は塗るしかない。
無いモノはつくる。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1922948.jpg
c0093101_1921545.jpg
c0093101_19214314.jpg
c0093101_19212987.png
かつて、わたしが既製品のフレームを塗り替えたり、ホィールのデカールを貼り換えたりしていると、よく外野からは「もったいない」と云われたものだが。
もはや、メーカーはカラーラインナップを用意しなくなり。
塗装やデカールのカスタムもフツーになりつつある。
そこにリスペクトがある。









.
# by astronautics | 2017-09-04 23:50 | 自転車とヨシダ

自転車の配色

ライトブルー2色のグラデーションにアーミーグリーン。
自転車の配色としては新鮮なんですが。
なにかどこかで見た事あったような。
なんだったかな〜。
c0093101_19152777.jpg









.
# by astronautics | 2017-09-03 23:50 | 自転車とヨシダ

オー毎スケジュール

オーマイ。
なんてこった。
失念。
たまにある失念。
どうでも良い記憶ほど。
記憶の優先順位から省かれてしまうわけで。
しかし、其のどうでも良い記憶が逆説的な効力を発揮して。
つまり先約であれば其れだけで有効ということになる。
まぁ、たしかに。
そりゃそうなんだけれど。
c0093101_191222100.jpg
c0093101_19122435.png
c0093101_19122814.jpg
c0093101_19123120.jpg
c0093101_19123865.png
自分よりも忙しい人ってたくさん居て。
自分なんかヒマの極地に居るからいつだって大丈夫だよーなんて思う時あるけれど。
こうしてウッカリ予定が入っているから困る。









.
# by astronautics | 2017-09-02 23:50 | ヨーリーを探せ

とことん

世界を彷徨うとこんなモノも発見。
REDBULLのサングラス。
例のオランダのカスタム眼鏡屋の作品である。
c0093101_1992314.jpg
ここまでしなくていいな。








.
# by astronautics | 2017-09-01 23:50 | サイクルモードヨシダ

最近の担々麺事情

流行の担々麺の門を叩くといつもコレだ。
山椒効き過ぎ。
気のせいだろうか。
其れはうま味というよりは刺激を求めているような料理。
食後感に幸福な満腹感というよりは劇物を食したあとのなんとも悪い気分が支配する。
きっと合わないのだろう。
心からそう思った。
そこにリスペクトがある。
c0093101_18104468.jpg
c0093101_18104720.png
c0093101_1810424.jpg
c0093101_18103973.jpg
スパイスや香草類。
イマドキはなんでもドカ盛り、バカ盛り、マシマシというような過剰なくらいがウケが善いのだろう。
外食とはエンターテイメント性も否定できないわけだから。
美味くなくともそういう刺激の多いモノのほうがおもしろみはあるのかもしれない。
しかし、其れはやはり王道では無し。
そう思うわけです。









.
# by astronautics | 2017-08-31 23:50 | グルマンヨシダ

Valegro

c0093101_20355920.jpg
c0093101_2036261.jpg
c0093101_20361193.jpg
c0093101_20361542.jpg
c0093101_20355776.jpg

# by astronautics | 2017-08-29 23:50 | ヨーリーを探せ

世界陸上を見ると

世界陸上を見ていて何人かの陸上選手をインスタでフォローしてみたけど。
けっこうフォロワーが少なくて陸上界ではいまいちインスタが流行ってないのかと思った。
c0093101_17202153.jpg
c0093101_1720228.jpg
c0093101_1720234.jpg










.
# by astronautics | 2017-08-28 23:50 | エンタメヨシダ

Rapha Focusではなく

どこかで見たことある。
まさに〝あの頃感〟がそこにはある。
ヘルメットやシューズにサングラスは変わっても。
やはりジャージがこうして戻るとなにやら懐かしい感じになる。
そして、いちばん印象が良かった頃に戻った感じがあって良い。
まさにゴールデンエイジ。
そういう云い方もできるのではないかと。
リスペクトがある。
c0093101_15525849.jpg









.

# by astronautics | 2017-08-27 23:50 | サイクルモードヨシダ

ブランド

自転車のコンポーネントいへば。
代表的な3社、だけ。
しかし、其れらを付けることができるフレームのブランドはもうほんとうに星の数ほどにある。
其の星は惑星のような大きなものから、流星のように眼の前を流れては消えていってしまうものも、ある。
わたしのキャリアで20年弱。
其れだけでもいくつの消えたフレームブランドがあっただろうか。
もちろん、光量を強くした星もあれば、弱まった星があり。
生まれて来るものもまたある。
そして、今、こうして消えていく星の存在を知る。
c0093101_15415879.jpg
c0093101_1542412.jpg
c0093101_15429100.jpg
フレームブランドは星の数ほどある。
星の輝きは様々で。
其れを観測、見つけるヒトによっても様々である。
星の数ほどあっても目指す星は限られる。
このきら星のごとく輝くフレームを代表的な3つのコンポーネントで組み付けて自転車になる。
食材は無限無数にあるのに。
調理法は限られる、、、みたいな行為を繰り返している。
そこにリスペクトがある。










.
# by astronautics | 2017-08-25 23:50 | 自転車とヨシダ

XL振興会

クリア。
透明。
クリアレンズ。
クリアな世界は世の根幹であるのか。
サングラスと云へば黒ではないのか、ホトトギス。
しかし、クリアが無いと云われれば焦る盆栽屋。
何故か焦る。
クリアがもしかしてサングラスの根幹なのか。
衝動買いはしてないか?
c0093101_17293531.jpg
c0093101_17294139.jpg
c0093101_17295385.jpg
眼に見える世界には今のところ10枚程度のクリアがある。
そのうちの5枚は我が手中にあるというのだから。
完全なコレクターになってしまっている。









.
# by astronautics | 2017-08-24 23:50 | XL振興会

XL振興会

世界中を探し歩いたと云っても。
ほんとうに世界中だったのだろうか。
すべての大陸さえまわってみたのだろうか。
そもそも。
アフリカと南米はまぁ無いだろう。
アクセスすら困難。
オーストラリアもヒットなし。
つまり探し歩くもなにもインターネッツ頼みであることが基本である事は間違いが無い。
c0093101_19313849.jpg
c0093101_19313865.jpg
c0093101_19313921.jpg
c0093101_19321863.jpg
c0093101_19313949.jpg
かつて。
Radar XLはネットに出てこない巷のメガネ屋さんに転がっていたものだ。
ホコリをかぶった不良在庫としてその地位を築いていたのに。
其れは、Radar XLに関しては代理店が輸入した時期があったからに他ならない。
Radarlock XLに関しては一度も輸入していないわけだから、巷のメガネ屋さんに転がっていることは無いだろう。
それこそ、アメリカやヨーロッパの自転車屋、もしくはメガネ屋にあったりするかもしれないけれど。
これがネットに触れない現実というものだ。








.
# by astronautics | 2017-08-22 23:50 | XL振興会

作ってみたはいいけれど

作ってみたはいいけれど。
なかなか置く場所に困る。
置けば即ち公開。
人様の御眼に触れる事にもなろう。
c0093101_15334342.jpg
c0093101_15334563.png
c0093101_15334826.jpg
基本的に自己満で作ったものなので意見の善し悪しは気にしないのだが。
閉まったままで意見が無いママにしておくというのも悲しい。
自慢をしたいとか、自己顕示欲や承認欲求を満たしたいとか。
そういう類いではないのだけれど。
せっかく作ったものなのでささやかに個人的に記録しておきたいというところなのだけど。








.
# by astronautics | 2017-08-21 23:50 | ヨーリーを探せ

肉体の神秘

あたらしい作業用カッターを物色していると。
左手用のカッターに向き合うことになる。
これはいい。
こんなのがあったのかと驚かされる。
これはヘルメットの成形に使う。
c0093101_1511571.png

c0093101_15115833.jpg

c0093101_1512011.png

c0093101_1512378.jpg

c0093101_15115288.png
基本的にスイッチヒッターなので。
作業カッターは左。
ペン型デザインカッターは右。
ボール投げは左。
打席は右。
ボクシング構えるなら左。
卓球は右。
自転車のディスマウントは左。
箸は矯正されて右、、、








.

# by astronautics | 2017-08-20 23:50 | ヨーリーを探せ

ファースト

国民ファーストやら、日本ファースト。
そしたら、自転車ファーストやサイクリストファーストなんて。
言葉遊びしてみようかと思ったら。
もう既に使われているクチ。
おもしろくない。
c0093101_14582738.jpg
c0093101_14582916.jpg
c0093101_14584725.jpg
c0093101_14584844.jpg
c0093101_14583861.jpg
c0093101_14592114.jpg
c0093101_14585527.jpg
使い古され。
言葉にも鮮度があるよ。
意味はともかく。
そういうところ。











.
# by astronautics | 2017-08-19 23:50 | ヨーリーを探せ

同じイメージ

ちょうど近い感じ。
同じイメージ。
c0093101_14564143.jpg
c0093101_14564010.png
c0093101_14563785.jpg
c0093101_14564425.jpg











.
# by astronautics | 2017-08-18 23:50 | ASTNデザインラボ