galaabenD

私がリスペクトするファッショニスタのところへ。
やっと私にも購入できそうな服があるということで行ってみるわけである。
着けば服の話はしない。
野暮であるというように。
思えば、なるしーでは自転車の話をしない?
それだけが人生を紡ぐ糸だとは思わない。
多種多様の糸がその人を織っているというふうに。
どういった柄に仕上がるか。
ともすると無地か。
しかし、すばらしい肌触りか。
つまりどういった生地ができたか。
c0093101_23373630.jpg
出会ったころを思い出してみる。
彼がなるしーに来ると。
私は相変わらずおしゃれですね〜。
そう声をかけるのが常。
そして、紛れもないコアの持ち主であった。
そこにリスペクトがある。
ありがとうございました。
by astronautics | 2008-12-18 23:50 | スリーピースヨシダ
<< The Dreamer 今日はクリーニングです >>