輪行キズもたまに

今回の道中で一番のショックは行きの輪行キズ。
デカールの部分はステッカーで、さらに自ら製作したものであるからいくらでも換えが効くとばかりにお気楽に袋を包んだら、出てきたときにはステムにキズが。
しかも塗装部分。
嗚呼。
タッチペイントしかないか。
べつにもったいぶっていたわけでもないが先延ばしになっていた全容公開。
ほかにキズがつかぬうちにやってしまおう。
6年前とはいえ愛車の走りはすこぶる快調で。
とある手馴れに云わせるとバランスが善いと一言。
直前に換えたタイヤも実に良かった。
まともなポンプのない4日間であったから、この選択は間違いではなかった。
c0093101_0193680.jpg
c0093101_0194586.jpg
c0093101_0281611.jpg
c0093101_0283253.jpg
6年前から変わっていない点がほかにあるかと見回すと。
旅行バッグが目につく。
ナイキ。
残されたみちは〝Globetrotter〟。
これがベスト。
衝動買いはしていないか?
大きさには気をつけろ。
さもないと大御所の仕置きを受ける事になる。
by astronautics | 2009-11-09 23:30 | 自転車とヨシダ
<< 悦逸服追求するときは 嘘をつきとおすならば >>