明日のホィールを考える会169

MAVICの新商品説明会だった。
港区は。
台場で。
駅は国際展示場。
臨海線。
新宿からもなかなか。
業界的に。
GiroはBassoが獲ったわけだから。
優勝ホィールはMAVICということになる。
とはいえ、ほとんどのシーンをCosmic Carbone Ultimateが占めていたのでは。
結局はコレが一番で。
万能で。
使い勝手が善かったという結果だと。
私はGiroを観ながらそう思った。

このたび大量に出てきた製品群はツールで実際に使用されるのかしら。
レースでプロが使っていたら。
ミーのハーである盆栽屋。
少しは見直しが入るのかもしれない。
まぁ。
其れだけではないのだけれど。


















ホイール屋さんとしてのポジションを創造して。
かつては一世風靡をしたMAVIC。
リムは素晴らしい。
持っているセラミックリムは本当に最高の品物。
しかし、リムだけではホィールではなく。
支えるスポークと。
中心のハブがないとホィールは成立しない。
さらにホィールだけでは走ることができない。
ひとつの自転車における構成部品でしかない。
バランス感覚。
オリジナルのタイヤをローンチ。
ホィールにベストマッチのタイヤ&チューブを設計してきたようだ。
まるでフレームにあったモジュールコンセプトみたいな様相。
ホィール屋さんとしての深度を深めてきたかに見えるMAVIC。
其れはハードコアか?
偏っていてもバランス。
すべてはバランス。
其れが肝要。
by astronautics | 2010-06-23 23:00 | 明日のホィールを考える会
<< ニョーヨークのショーケースをチラ見 PARTY WITH CHIL... >>