campy only 89

遂にMobistarチームが試用することでレースに本格参戦している

〝みんなの楽しみカンパの電気〟

なわけですが、オーストラリアのTour of Down Underではベントソがステージ優勝。
アルゼンチンのTour de San Luisではシャビエルトンドがリーダージャージを獲得。
などなど、さっそくの活躍を見せています。

もちろん。
使っている選手が強いというのが大前提ではありますが。
トラブル頻発する機材では勝利はおろか、集団内で有利に展開することも難しくなってしまうでしょうから、とりあえず、印象としてはカンパの電気も大丈夫なのではないかと思ってしまいます。
個人的には過酷なベルギーのクラシックレースでの活躍ぶりを見たいところです。
しかし、スペインチームにはそういった期待もできないでしょう。

TDUを走ったバイクの拡大画像を見つけましたが、懸念されていた仕様はCycle Modeの頃ととくに変更ないように見えます。
気付いた点としてはラバーフードの模様が今ある通常モデルとは違っていたり。
シフトレバーが肉抜きされているという点でしょうか。

ソース:tour-down-under-tech-campy-electronic-shifting-debut

c0093101_23211142.jpg

c0093101_2321115.jpg

c0093101_23211164.jpg

c0093101_2321126.jpg





by astronautics | 2011-01-27 23:50 | カンパニョーロヨシダ
<< いのちの名前 BMC >>