電気が通る日

ダウンチューブとFメカのケーブルは内蔵した。
Rメカのケーブルを内蔵しなかったのはオトナの判断。
わたしも31歳を過ぎた。
其れくらいの分別は付くつもりではある。
しかし、長過ぎるRメカのケーブル。
長過ぎるので眼に余るぶんはフレームに内蔵。
デカイと評判のパワーユニットはチェーンリングに隠れんぼ。
少年のような無邪気さを見せ。
レバーのケーブルもブレーキワイヤーに沿わせてまとまったと思う。
これで完成。
c0093101_22191799.jpg
c0093101_15441349.jpg
電飾色。
稲妻カラーをまとった。
フレームとして電気を迎える体制。
穴を開けるだけではないのだよ。
これでカンペキ。
c0093101_22193248.jpg
c0093101_1544196.jpg
c0093101_22191227.jpg
あの日から。
以心伝心。
センサーと反応が同居。
挙動は先進。
ケーブルの類い。
繋がっているかのようだ。
わたしの手から。
レバーを介して。
変速機に。
人車一体。
使いこなすという課題と。
超える悦び。
そこにリスペクトがある。





こころにはいつも自転車とリスペクト
盆栽自転車店です

■住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-8 1F
■電話番号 03-3497-8885
■FAX 03-3497-8886
■営業時間 9時〜21時 9時〜16時カフェ営業 12時〜21時自転車店営業
■定休日 水曜日
by astronautics | 2012-03-17 23:50 | カンパニョーロヨシダ
<< Time Is The Enemy 火曜日に行く >>