サメは話を詰める詰める

わたしは詰めた。
話を詰めた。
誰とかというと。
このタイミングで新しくなった担当者と。
電子メールのやりとり。
ヒーとは電気的に繋がっている。
イーメール。
はっきり申し上げて少し丁寧さに欠ける担当者に心配になる。
細かく調整しなければならない。
油断は妥協である。
国際的な交渉ごとに於いて。
妥協も成果の産物であればヨシ。
しかし、妥協が失敗に繋がるようなことが露見するのであれば徹底的に詰めよ。
そこにリスペクトがある。


c0093101_20294841.jpg
c0093101_20294515.jpg
c0093101_20294153.jpg
c0093101_20293841.jpg
c0093101_20295241.png
c0093101_20295651.jpg
c0093101_20295890.jpg
c0093101_20300198.jpg
c0093101_20300328.jpg

ジオメトリーの変更。
ほんの少し。
このへんはスムース。
実にスムース。
色は塗らないで。
フレームの仕様も詰めて。
オーダーシートの記述も詰めて。
デカールは付けてね。
有料?
まぁいいか。
ひとつの妥協。
デカロゴなし?
まぁしょうがないね。
ふたつめの妥協。
いろいろなオプションの追加もあって。
フレームのみでもFactory Lightweightと値段差があまりなくなってしまったのだけれど。
これもまた仕方なし。
お買い得なFactory Lightweightはもう出来ないのだから。
わたしはサインをした。
断固たる決意と。
確固たる決意のもと。
そこにリスペクトがある。











.

by astronautics | 2018-10-28 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 続き続けるメーター問題 サメのクランクは決めている >>