カテゴリ:ASTNデザインラボ( 396 )

サンプル

今までお店のオリジナル製品をとにかく作りまくってきた。
ジャージに始まり。
ボトル
サイクルキャップ
サコッシュ
ソックス
ワッペン
エースボールキャップ
などなど。
ほんとうにいろいろ作った。
その度にデザインを考えて。
企画して。
其の思いがいろいろハイカロリーになって。
最低生産数量をクリアーするべく大量に在庫を抱えて四苦八苦してきたわけだけど。
まぁそれなりにカスタマーの皆様には喜んでいただているようで其れはとても嬉しいわけで。
そこにリスペクトがある。


c0093101_21061829.jpg
c0093101_21061753.jpg
c0093101_21061890.jpg
c0093101_21061705.jpg
c0093101_21061871.jpg
c0093101_21061806.jpg


そして、今回。
上記のアイテムでは得られなかった機会を得ることができた。
「サンプル」
なんと!
今までの一度もこの機会に恵まれたことがない。
なんということでしょうか。
すごいよな。
ぶっつけ本番ばかりなんだもんな。
いや、ほんとすごいよ。
そして、このサンプル。
届いてみてすんなりオッケーかと思いきや違った。
自分のデザイン通りなんだけど。
実際にコーデネートしてみると違和感だけが残った。
よくある話だ。
アイテム単体では優れているように見えても。
実際に身につけてみるとそうならないパターン。
そして、変更をお願いした。
サンプルのおかげで。
ありがとうサンプル。
そこにリスペクトがある。









.

by astronautics | 2018-12-16 23:59 | ASTNデザインラボ

チームヘルメット変更

チームという括りで集まるなら。
いろいろ合わせた方が調子良い。
ということでGIROのSYNTHEをベースにカスタムやってましたヘルメット。

以前まではコチラのデザイン。

c0093101_19475749.jpg


もちろん、これはSYNTHEを使用していたプロ選手でよく見たパターン。
こういうパターンを採り入れることによって自然と見やすい出来上がりになるという。
そこにリスペクトがあります。


c0093101_19475711.jpg


このデザインは前からも後ろからもカスタム部分がよく見えて印象的なまとまりになっていたと思います。


c0093101_19494058.jpg


さて、このヘルメットも参謀クリハラがヘルメットを更新するにあたってデザインを変えてみようということになりました。
ヘルメットは2-3年で更新するのがお約束。
そうしないと設計された安全性を保証できません。



c0093101_19480556.jpg


そこで2019カラーを見つけるためにいろいろなチームモデルになっているGIROヘルメットを探してみました。
そしたらハイドのアメリカチャンピオン仕様が新しい。
ハイドはAETHERですけど。
SYNTHEは似てるし。
まぁやってみましょう。


c0093101_19480552.jpg


SYNTHE時代のトリコロールが頭の頂点に来た感じに。
小変更で済んじゃう感じ。


c0093101_19480574.jpg
c0093101_19480507.jpg


というわけでできました。


c0093101_19475755.jpg










.

by astronautics | 2018-11-26 23:50 | ASTNデザインラボ

REDBULLのデザイン

RED BULLのデザイン。
ヘルメットになったとき。
フォーミュラカーになったとき。
他のいろいろになったときにも。
なぜだろうか。
不思議なほど落ち着きがある。
そこにリスペクトがある。
c0093101_19060624.jpg
c0093101_19060607.jpg
c0093101_19060719.jpg
c0093101_19060683.jpg








.

by astronautics | 2018-08-28 23:50 | ASTNデザインラボ

ポーリーンのヘルメットは4つ?

後ろの菱形部分のパーツの色が異なるポーリーンのヘルメット。
初代は赤。
c0093101_17104632.jpg
c0093101_17104620.jpg
単純トリコロール期。
c0093101_17111963.jpg
c0093101_17104664.jpg
c0093101_17111997.jpg
変形トリコロール期。
単純トリコロールではなく、ややヘアラインというかピンストライプが入っています。
c0093101_17104633.jpg
ベーシックカラー期。
RED BULLの標準的缶デザインのカラーでまとめられたもっともベーシックなカラー。
Tim氏もそうでした。
c0093101_17104720.jpg
c0093101_17104705.jpg













.

by astronautics | 2018-08-09 23:50 | ASTNデザインラボ

破壊と再生

破壊と再生。
断捨離と買い物。
さて。
人間の三大欲求が満たされた其の先に。
余計なモノを買う。
いやいや。
余計じゃあないですよ。
他所から見ればそういうことも。
生きる人間の精神の洗浄。
精神の安寧。
其れらを計るのであれば必要な買い物。
必要な再生。
c0093101_19424971.jpg
c0093101_19424954.jpg
c0093101_19424946.jpg
c0093101_19431857.jpg
経済活動が無限のように。
買い物の手段も多種多様になった。
個人売買の広がりは。
もしかすると過去の昔の経済活動に戻った?
そう云えてしまうのかもしれない。
だからこそ情報が限定され。
耳触りの良い。
もしくは印象。
其れだけが優先されているのかもしれないと思ってみたりして。











.

by astronautics | 2018-08-07 23:50 | ASTNデザインラボ

注目カラーはコレ

コレぇ〜。
c0093101_17173388.jpg
c0093101_17173392.jpg
c0093101_17173416.jpg
c0093101_17173457.jpg









.

by astronautics | 2018-07-26 23:50 | ASTNデザインラボ

KLEINが遠目に

これじゃあ、小さいな。
塗装サンプル。
c0093101_20461518.jpg









.

by astronautics | 2018-07-02 23:50 | ASTNデザインラボ

SRAMのハット

コレは販売ありますか?
ナイデス。
ナイノデス。
ワカリマシタ。
そしたら新しいエンジ色のハットになってますね。
ツバの広いハット。
刺繍屋さんに相談したらこれだけ幅が広いと製品には刺繍できないんだってさ。
まじかよー。
買うから売ってくれSRAM。
スポンサー用か。
c0093101_20284807.jpg











.

by astronautics | 2018-06-30 23:50 | ASTNデザインラボ

ヘルメット見学

いやー。
それにしても種類が増えてきました。
レッドブルアスリートなんて。
今や適当に探せば引き当てられるくらいに。
Tim氏くらいしか居なかったのが懐かしい。
アスリートごとに個性のあるヘルメット。
これはTim氏のデザインと似ているけれど。
ツヤ消しに模様が入って。
これは塗装じゃないと実現は難しいよね〜。
という感じ。
ストリート感あります。
c0093101_20250921.jpg
c0093101_20250907.jpg










.

by astronautics | 2018-06-28 23:50 | ASTNデザインラボ

ポーリーンのヘルメットに終わりは無い

ある日。
ポーリーンのヘルメットのカスタムを担当しているであろう塗装屋が判明。
どうやら?
フランスにあるのか。
以前から聞いていたRED BULLヘルメットを一手に引き受ける塗装屋とはまた別のところであるようだ。
それにしてもナンだ。
これをまじまじと見ると。
わたしがお手本にしていたモデルとは違う。
いろいろ位置がズレている。
一体何個あるんだ。
ポーリーンのヘルメットは。
c0093101_20140380.jpg
c0093101_20140312.jpg
c0093101_20140460.jpg
c0093101_20140219.jpg










.

by astronautics | 2018-06-23 23:50 | ASTNデザインラボ