カテゴリ:スリーピースヨシダ( 338 )

金色の行方

ファッション業界。
業界のトレンド?
チラと出て来ました。
ゴールド。
ミーと違ってキングギドラとの関連性は無いとは思いますが。
c0093101_23335764.jpg
c0093101_23335737.jpg
c0093101_23335808.jpg
c0093101_23335840.jpg










.

by astronautics | 2018-06-17 23:50 | スリーピースヨシダ

過ぎたるは…

失って解るものもある。
そういう価値。
サングラスは必要。
しかし、必要度としては低い。
では、こんどは安いモノにしよう。
でも、探してみても好みのモノが無い。
否、これは語弊があるな。
単に値段が高いから好きなわけではなく。
たまたま高いモノを好きになっちゃっとというわけで。
そこにリスペクトがある。
c0093101_20500258.jpg
c0093101_20500248.jpg
c0093101_20500383.jpg
c0093101_20500398.jpg
レース会場で着用するには過ぎたる価値。
しかし、其れ以外に着用したいモノが無ければ仕方なし。
さて、では今からまた同じモノを探そうと。
動いてみる盆栽屋。
過去のモノはやはり無い。
探しがたい。
中古や通販に頼るのか。
トムブラウンのなかでも一番偽物率の高いメガネ。
持込調整も気が引けるし。
持込調整のときに店員さんに、コレ偽物ですぜ、って云われたりして。
うーん。









.

by astronautics | 2018-02-22 23:50 | スリーピースヨシダ

そして、サングラスを失う

油断があったのかもしれない。
胸ポケからするりと。
どのタイミングで落ちてしまったのだろう。
トーキョートータスとかいう。
草や泥の路面に落ちるとカモフラみたいに目立たないこのサングラス。
正直なところあまり機会頻度はなかったのだけど。
手持ちのなかでは一番高級な其れ。
あまりモノをなくすということをしないモノ好きのわたしであるのに。
そこに油断があったのかもしれない。
c0093101_19020095.jpg
c0093101_19020037.jpg









.

by astronautics | 2018-02-20 23:50 | スリーピースヨシダ

ズボンビリビリの刑に処す

ある日、ズボンがビリビリに破ける。
柔軟性を失った繊維は諦めるように破断した。
オー。
ツイード。
どうしたんだ。
30年着れるかと思いきや。
2年とは。
c0093101_18315728.jpg
c0093101_18311512.jpg
c0093101_18313014.jpg
c0093101_18322011.jpg
ヘリンボーンは魚の骨。
どうやらスペアーの重要性を知る。
一張羅から二張羅に倍増したものの。
それだけだ。
もっともっと。
もう買うモノが無いと思ったゴール地点でとたんに起きるメンテナンス事案。
そこにリスペクトがある。
そして、ズボンを追加注文をする。







.

by astronautics | 2018-02-01 23:50 | スリーピースヨシダ

テニス

おお〜。
これはいい。
久々に気に入った感じ。
今までは動物が多かったけど、なんと人。
テニスプレイヤーがデザインされている。
これでネクタイ締めて、ジャケット着て、ボタンを締めたら。
いったい何人のテニスプレイヤーが確認ねきるだろうか?
まさかの0人なんてこともあるだろうから。
そういう着こなしになってしまうのかも。
c0093101_20355320.jpg
c0093101_20355806.jpg
c0093101_20354382.jpg
c0093101_20354401.jpg










.

by astronautics | 2017-12-24 23:50 | スリーピースヨシダ

物欲リスト

狙っていたモノを静かに入手して。
わたしの物欲リストもそっと閉じた。
人生における洋服とは?
何着あれば良いのだろうか。
外に出ないというのであれば部屋着だけでもよかろう。
ただし大人のセレモニーがそうはさせない。
必ず必要になる。
そのときに慌てふためくよりは準備しているということはやはり良いのだと思う。
c0093101_19284063.jpg
c0093101_19285537.jpg
c0093101_19290130.jpg
c0093101_19291091.jpg
c0093101_19291605.jpg
こんどは新しいバッグだろうか。
おぼろげなリスト。
ハッキリとした空想が無いうちは。
実現可能性もまた少ない。









.

by astronautics | 2017-12-23 23:50 | スリーピースヨシダ

海老のネクタイ

盆栽屋は海老のネクタイを手に入れた。
これは若干の因縁と御縁があった。
買えるチャンスを何度となくフイにしたことがある。
買おうとしたらなかなか買えなかった。
もはやコレクターの領域。
衝動買いはしてないか?
昔はムシに見えたロブスターも。
いまではなんとなくかわいらしく見える。
否定的から肯定的へ。
わたしは過去の産物を拾い上げて入手することにより未来に進むことが出来たのだ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_22394459.jpg
c0093101_22394511.jpg
c0093101_22394595.png
c0093101_22394570.jpg
それにしてもどういうことだろうか。
過去のモノのほうが良く見えてしまう。
あの頃が良かったなんて、オッサンがクチにしてはいけないセリフのトップ1なのかもしれないが。
思ってしまうものは仕方なし。
クルマだって、自転車フレームのブランドも。
なぜかそういうことになっている。
自分の視点がマニア視点の堕ちたのか。
もはや昔のモノにしか魅力を感じることがない。
もう何だってそうななのだろうか。
数年前は良かった。
数モデル前は良かった。
数シーズン前は良かった。
そういう言葉はマニア世界の戯れ事なのだろうか。






.

by astronautics | 2017-12-01 23:50 | スリーピースヨシダ

Aldenとわたし

AldenのDがいちばん合うことを今更知る。
そして、これはいつもながらにして。
このいちばんは今のいちばんだということである。
この先の保証なんて無い。
c0093101_15511872.jpg









.
by astronautics | 2017-05-20 23:50 | スリーピースヨシダ

革靴の運命

いやぁ。
革靴。
個人的にウイングチップが好み。
別名オカメ靴。
ある意味では野暮ったさがあるシューズと見える向きもあるかもしれない。
でも、このごつい感じだ大好き。
この黒いシューズを側面から見ると。
其の重厚感たるや潜水艦のような迫力すら感じてしまうのである。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1144858.jpg
c0093101_1141216.jpg
c0093101_1141784.jpg
c0093101_1141935.jpg
c0093101_1142285.jpg
彷徨ってたら。
またしても謎にぶち当たる。
あぁ。
これは別注モデルだろうか。
いい色をしている。
NAVYと表示にはあるが、ターコイズというか、ときおりグリーンにも見える。
もう購入はできないようなので。
デッドストックに当たればラッキーなのかもしれない。
けれどもこういう色のシューズは持っていてもあまり履く機会が無いというのはわかっている。
衝動買いはしてないか?
つまりそういうことなんだろう。









.
by astronautics | 2017-02-24 23:50 | スリーピースヨシダ

ゆるふわ

ヘースブックを見れば。
とある選手の髪型がゆるふわの二郎ラーメンみたいな盛りあがりになっていたのが眼に飛び込んで来た。
スポーツ選手の髪型ってどうだろうか。
自転車選手はヘルメットが前提にある競技のために短髪が多いように思うけれど。
例外も少なくない。
強い選手が個性的な髪型のぶんには、ときに其れが憧れになってしまうこともあるだろうけど。
弱い選手の場合だと揚げ足取りの材料にもなりかねぬ。
そして、其れはわたしにも其の選手の抱える雑念に見えたのだが。
これはわたしのオッサン化が進んでしまっているだけなのだろうか。
老害。
そういう杞憂に終わればいいのだけれど。
c0093101_2025102.jpg
c0093101_20251361.jpg
c0093101_20251596.jpg
c0093101_20251751.jpg
c0093101_2025404.jpg
わたしが実業団を走っているときから。
日本の自転車のプロってなぜかホストみたいな髪型が多かった。
ヘルメットを被る競技なのに。
なぜだろうか。
世界にはそんな髪型のプロ選手なんて居なかったのに。
なにに影響されてそうなったのか。
当時から不思議でたまらなかったものだ。
あの髪型では過酷なクラシックなんて走れるわけも無く。
走る必要が無いから良かったのか。
謎だけが残る。










.
by astronautics | 2017-02-21 23:50 | スリーピースヨシダ