カテゴリ:ナチュラルヨシダ( 53 )

270

NIKEの新しいスニーカーに注目していた。
こういう気持ちになるのは久々のこと。
そして、この定番カラー。
もう売り切れなんだそうな。
え。
そうなの。
もう買えない。
つまりレア物。
未だにそういう価値観が残っているとは。
基本的に売れ残らないように作る量は少なくしているのか。
もしくは特に定番を設けていないのか。
久々に欲しいと思ってただけにザンネーン。
そういうリスペクトもある。
c0093101_19150755.jpg
c0093101_19150702.jpg











.

by astronautics | 2018-08-21 23:50 | ナチュラルヨシダ

サッカー日本代表は

サッカー日本代表はスポンサーやら広告代理店やらマスコミやらに気を使って監督決めたり、メンバー編成しなきゃならんとはとは大きな組織はそれはそれで大変やなと思う。
しがらみのないなんちゃら。
けれど。
しがらみがなくてはうんちゃら。
まさに其れを体現していると云えよう。
しがらみたちが善きパトロネージであれば文句はなかろうが。
金も出せばクチも出すのが定番ということに収まりそうである。
c0093101_18261135.jpg
c0093101_18261149.jpg










.

by astronautics | 2018-08-14 23:50 | ナチュラルヨシダ

野球好き

ある日。
ねじ曲がった望郷の念がこうして怪しく露出した。
其れは野球好きになって帰ってきたんだ。
自転車レースでは特に応援する選手やチームがあるわけではない。
サッカーもまた然り。
しかし。
野球ではソフトバンクホークスの応援という一択ストロングスタイル。
そこにリスペクトがある。
c0093101_20532765.jpg
c0093101_20532721.jpg
c0093101_20532722.jpg
c0093101_20532728.jpeg
c0093101_20532744.jpg
c0093101_20540518.jpg
野球は面白い。
こうして見続けていると日本で一番のメジャースポーツとして定着しているのがよくわかる。
そこにリスペクトがある。













.

by astronautics | 2018-07-03 23:50 | ナチュラルヨシダ

ヌーヨークには?

この間。
孤独に店内にこもっていたら訪れる外国人女性がサイの角のようにただ独り。
見た目からして道案内をご希望かと思いきや、サイクルキャップをお土産に買っていってくださいました。
見た目はまぁこんな画像にそっくりなHipHopなカッコ良い女性でして。
自転車やるんすか?なんて聞けなかったけど。
どこから来たの?なんて聞いてみましたらね。
ニューヨークに住んでらっしゃるらしい。
へー、其れはクールだね!って云ったら。
郊外のほうなの、なーんて。
いや、マジでニューヨークってどんな街なんだって思いましたけどね。
まぁこのオネーさんがカッコいいってだけかもしれませんし。
そこにリスペクトがある。
c0093101_19245210.png










.

by astronautics | 2018-06-12 23:50 | ナチュラルヨシダ

其の帽子、偽物に付

無地の帽子を探して徘徊。
よくよく知らぬ世間を覗けば偽物にも出くわす。
自分の得意な世界では。
つまり自転車。
偽物と本物の区別が直ぐにでもつくという自信にありふれているのだけれど。
自分の勝手知らぬ世界ではやはり然うはいかぬという。
いろいろ検証してみたけれど。
どうやら偽物。
そこにリスペクトは無いが。
値札は安いわけだったのだから。
そして、安かろう悪かろうというわけでもない。
もう仕方ないとしか云えない。
c0093101_20583625.png
c0093101_20465157.jpg
c0093101_20464619.jpg
c0093101_20583643.jpg
c0093101_20583693.jpg
c0093101_20463945.jpg

個人的に。
こうも自覚したうえで偽物を使うという初めての体験になるのかもしれない。
基本的に本物にこそリスペクトがあり。
まるで本物に対する寄生虫のような存在の偽物には出会いたくもないわけだが。
こうしてなかなか自分から迎えに行かなくとも、値札の安さや買いやすさというこゝろの隙間に寄生虫は忍び寄って来る。
そういうわけで、とりあえず。
ニューエラハットではなくて。
ニューエラ風ハットになった。








.

by astronautics | 2018-04-27 23:50 | ナチュラルヨシダ

模型

呉の大和ミュージアムで感激した展示といえば立派な艦船模型たち。
これは自分の家にも飾りたい。
熱帯魚の水槽を置くくらいのスペースがあるなら、今のテンションでは模型が優先されるのではないか。
そこで何の艦船を置くかといえば、空母であり。
其れは赤城である。
そこにリスペクトがある。
c0093101_17363786.jpg
c0093101_17363825.jpg
c0093101_17363807.jpg
c0093101_17363815.jpg









.

by astronautics | 2017-11-27 23:50 | ナチュラルヨシダ

タトー

俗物のレビューを見ると入れ墨の店員が、、、タトゥーの店員が、、、とかを見る。
個人的にはそんなに気になる事か?と思うけれど。
これも世相のひとつであり、まだまだ入れ墨=アウトサイダーのイメージが強いということなんだろうと思う。
c0093101_15585887.jpg
c0093101_1559071.jpg
c0093101_1559320.jpg
c0093101_1559711.jpg
c0093101_1559920.jpg
個人主義的観念でいけば気にならないと思うのだが。









.
by astronautics | 2017-09-14 23:50 | ナチュラルヨシダ

ナチュラルネイチャーの世界

生物の神秘。
生き物たちが持つ特殊能力。
其れらを前にするとニンゲンはあまりにも無力だ。
森にでかければクマに襲われ。
クマが生息できないようなジャングルでは毒を持ったムシたちやヘビなどに噛まれる。
海を泳げば肉食巨大魚の餌食になるかもしれないし。
そうでなくともクラゲに刺されてしまう。
c0093101_165313.jpg
c0093101_165456.jpg
ニンゲンは生き物のように空を飛べないし。
深海に棲むこともできない。
海に長時間潜っていることすら危うい。
けれども、道具を使うことで総てを代用できるようになっていると思う。
素早く移動する事も。
空を飛ぶ事も。
海に潜り続けることも。
すべて、其れがニンゲンの特殊能力。
そこにリスペクトがある。











.
by astronautics | 2017-09-12 23:50 | ナチュラルヨシダ

誰も居ない海

ほんとうに久々に海方面に行ったら、けっこう海にヒト居るんだなって感心した。
冬の人気の無い海しかここ数年見てこなかったので。
c0093101_20524077.jpg
c0093101_20525437.jpg









.
by astronautics | 2017-08-10 23:50 | ナチュラルヨシダ

ルートを引いてみよう

転勤してきたカスタマーから。
滝沢牧場に自走で行きたいけど道はどれくらいですか?
と聞かれて、あー130とかじゃないですかね。
そう答えて実際にルートを引いてみると187kmあった。
20号ルートでも。
299号ルートでも。
c0093101_18191169.jpg
c0093101_1819133.jpg
c0093101_18191552.jpg
c0093101_18191813.jpg
c0093101_18192139.jpg
個人的には交通量が少ない299号ルートがオススメだ。
さらに秩父スタートであればかなり快適に違いない。
山はキツいけれど。










.
by astronautics | 2017-07-27 23:50 | ナチュラルヨシダ