カテゴリ:たまには考える男( 35 )

ラフプレイ

何かニュースがあるとメディアがもう其れ一色になるのはもうしばしばなわけだが。
さて、今日び日大のニュースも落ち着いているでしょうか。
未来日記のこのブログ。
先のことは誰にもわかりません。
さて、アメフトのタックル事件。
スポーツの中でのラフプレーが問題になっているわけだけど。
行き過ぎた行為はプレーの外に出てこうも社会を賑わしてしまうということだ。
さて、こんなラフプレー。
程度の差があるにせよ、他のスポーツではどうだろうか。
まず、個人的な感想ではサッカーでは多いと思った。
わざとコケたりするしね。
潰しにいくというよりは。
潰されたアピールも頻発する。
其の点では同じフットボールを名乗るラグビーには無い風景。
ラグビーのシミュレーションって聞いたこと無いし。
もしかすると、体と体がぶつかり合うことを前提としているスポーツは超然としたスポーツマンシップが問われるのかもしれない。
だから、今日日のアメフトの事件もここまで大きくなったのかもしれませんね。
c0093101_17260987.jpg
c0093101_17275292.jpg
c0093101_17275099.jpg
c0093101_17275608.jpeg
c0093101_17275815.jpg
c0093101_17280211.jpg
c0093101_17280437.jpg
それでは。
自転車はどうだろうか。
まず、ラフプレイは聞かない。
レース中に体と体が触れてしまうことがあっても。
相手をわざとコカすとかいうような真似はそうそう無いような?
むしろ前を引く、引かないなどの空気抵抗の件での正義感や男らしさが話題になったりする。
まぁ、そんなところじゃ無いだろうか。
レース中で斜行したり、他人を落車に巻き込むような危ない乗り方をしている選手を見つけた場合は、其れがわざとではなく、きっと下手なんだろうと思うのが周りの自転車選手の自然な反応なのでは無いだろうか。
其れが目立つとやっぱり近寄りたく無いな、となるし。
ステージレースのように日程が続くレースであれば集団からハブられてしまうことだってあるだろう。
そうして振り返ってみると自転車スポーツにラフプレイはあまり起きづらいと云えるし。
むしろ思いつかないくらいありえない行為になるというか。
自転車ってクリーンなスポーツなのかも。













.

by astronautics | 2018-08-10 23:50 | たまには考える男

7年目のチームキット

お店をはじめておかげさまで7年目。
そういうわけで、チームキットも7年目。
気にされない程度の小変更があったものの。
ジャージのデザインは7年間ほぼ変わっていない。
そして、其れを着続けている自分の想いと云うものになにかの変化があるのかというと。
何も変化無し。
ちょっと違うな、とか。
あの色にしたほうがいいかな、とか。
もうデザインまるごと変えてみようかというような思いになったことがない。
微塵も無い。
気に入っているし。
おそらく誰よりも大事にしているというチームキット。
そこにリスペクトがある。
c0093101_01210782.jpg
アマチュアチームとはいえ、基本はプロチームの真似事でもある。
そういう意味では7年も変わらないチームキットというのはプロでは存在しない。
メインスポンサーがコロコロ変わるという自転車レースシーンの予算の無さというか、其れからくるチカラの無さというのもチームキットがコロコロ変わる理由のひとつに挙げられると思うが。
メインスポンサーが変わっていないのにチームキットがガラリと変わるのはザラ。
もはや、例年のように変化するのがある意味では〝文化〟として成立しているのではないだろうか。
今年はカッコいいね、昨年のほうがよかったね、なんてのは自転車ファンの語りぐさ。
そして、もはやプロチームキットを着用するようなサイクリストは少数派になってしまったのではないだろうか。
だから、プロチームキットはアマチュアサイクリストにとって現実味の無いウェアーと云えると思う。

c0093101_01182090.jpg
ということで、アマチュアサイクリストがプロチームジャージの代わりになにを着るようになったのかと云えば、アパレルメーカーのチームではないジャージか、自分達のチームのジャージ。
チームのジャージはやはりプロチームジャージのようにロゴがはいるわけだけど、ではプロのように毎年のようにジャージのデザインを変更できるかと云えば、そんなチームはまずないということで。
やはり、其のチームの普遍性みたいなものがジャージのデザインになっていると、飽きることもなく、チーム員のみなさんも好んで着ることができて、まわりの人からの印象も良いのではないだろうか。
c0093101_01210778.jpg
さて、我がチームのキットがデザインを変える日は来るのか。
衣はこゝろを語る。
そこにリスペクトがある。












.

by astronautics | 2018-03-04 23:50 | たまには考える男

専用品が無いという生き方

ある日、発進しようとして突然チェーン切れを起こしてしまったファットバイクを横目に思った。
この自転車の図体にして、このチェーンはあまりにも細すぎるのでは?
メンテナンスやその自転車環境を度外視しても、その重量に合っていない装備であるように思えてならなかった。
MTBもロードも、基本的にその段数でチェーンは決まり。
だからといってたいした違いはあまり無い。
ロード用として特別に銘打ってあるほうが肉抜きとか軽量化してある場合がありますね。
そしてファットバイクはフレームをはじめとしたタイヤやリムこそ専用品を使ってまさにファットバイクとなるわけだけど。
コンポーネントをはじめとしたメカ類はMTBから。
そういえば、同じく重量級の自転車であるダウンヒルバイクはちゃんと専用のコンポがあったよね?
シクロクロスもまさにクロスなだけに専用のコンポなんてSRAMの1X以外は無いと思うけど、ロードからのコンポーネントを使ってもあまり不満は無いもんな。
こうして其の車種の専用のコンポが無い自転車の車種はそれなりにあるのではないだろうか。
もしかしたら、自転車の名前って。
タイヤサイズによって決まるのではないだろうか。
c0093101_00210372.jpg
c0093101_00211180.jpg
c0093101_00210733.jpg
スポーツサイクルは、ロードとMTBを中心にしてタイヤサイズによって、様々な呼ばれ方をするという仮説。
トラックバイク
ロードバイク
ディスクロード
グラベルロード
シクロクロスバイク
小径車
ランドナー
このへんが、ロードコンポか。










.

by astronautics | 2017-10-28 23:50 | たまには考える男

ロードレーサー世界における自転車とジャージの関係

VYNLのショーン氏が嵐の前にやってきて。
記念にプレゼントをくれた。
VYNLのジャージ。
どうやら今期のCXシーズンに立ち上げたチームジャージらしく販売の予定は無いけど。
まぁ、盆栽屋にはお裾分けするゼってことでくれた。
マジー?
サイズもピッタリ。
しかも、MAAP製。
つまり造りが良い。
そして、デザインも抜群。
え?
え?
え?
え?
こんなラッキーあります?
そうだ。
あれは誕生日プレゼントだったのだ!
間違いない。
わたしの37年目の年はとてつもなくハッピーな年になる(気がする)。
c0093101_17372001.jpg
という、ここまでは自慢。
ハハハ。
いやー、マジでうれしいなー。
生きてりゃこんなことがあるもんだ。
モノ好きはモノで救われるわけだ。
業界歴も伊達に長くなって良いこともあるもんだ。
c0093101_17365305.jpg
さて、ここでわたしはジャージのことで気になった。
VYNLのジャージ。
もちろん、モノはMAAP製なので着心地最高、デザインもマジHIP。
リスペクトがあるわけなのだが。
やはり、VYNLのジャージ。
VYNLの自転車に乗っている場合でしか似合わないというような気になってくる。
自転車ブランドが用意するジャージの運命と云える。
他の自転車ブランドに乗っているときはチョット、、、控えてしまう。
そういう性格のジャージではなかろうか。
c0093101_17371677.jpg
c0093101_17370335.jpg
かつて。
現在のようにジャージブランドが無く、オリジナルジャージの製作も困難だった時代。
プロチームジャージを着るというのが定番だったように思う。
プロチームジャージはプロチームのジャージだから、其のジャージには各々の自転車ブランドのロゴがはいっており。
例えば、パンターニのメルカトーネウノであればビアンキであり、マペイはコルナゴ、USポスタルならトレックというように決まっていた。
だから、そういう自転車ブランドに合わせて着るとバッチリなのだが。
なぜかこの場合はあまり喜ばれることが無かった。
当時から「コスプレ」なーんて云われたもんで。
今となってはほとんどプロチームジャージのレプリカなんてほとんど見ることが無い。
c0093101_17383098.jpg
あと、自転車って、ある程度ハマってくると、大概はチームに所属して其のチームジャージを着るようになるし。
チームに所属しないようなヒトにはレプリカ以外のたくさんの選択肢が今はある。
そういったなかでわたしも自分のチームジャージか、自分のショップオリジナルのジャージ、MAAPのジャージを着ているなかで、これらによって自分が乗る自転車のブランドに縛られることはなかった。
其れがVYNLジャージを得たときにこの調律は崩れて、わたしはVYNLに乗っているときにしかサマにならない、もしくはVYNLに乗っているときに積極的に着たいジャージが出来てしまったというわけ。
c0093101_17373023.png
でもこういったジャージがレプリカジャージと違うのは。
なぜか積極的に着たくなるということ。
まぁ、其れはプロチームのジャージではないということなのかもしれない。
VYNLという自転車ブランドが主導してそこそこの数のスポンサーを巻き込んでいるとはいえ、あくまで小規模なローカルチームに過ぎないという規模感。
VYNLのようにチームであれば、BreadWinnerはジャージを販売しているし、SVはチームではないけれどオリジナルのジャージがある。
IFにもかつてチームジャージがあった。
TenSpeedHeroはFireFlyであるし、MASHはチネリだったなぁ、、そう云えば。
こういう類いのジャージはフレームを買ってくれたカスタマーに対するアフターサーヴィスでもあるし。
フレームは買えないけれどそのブランドにあこがれがあるサイクリストにもイイだろうし。
もちろん単純にジャージのデザインを気に入って欲しいという向きもあるだろう。
そこにリスペクトがある。













.



by astronautics | 2017-10-05 23:50 | たまには考える男

フレーム重量について

c0093101_19523282.jpg
c0093101_18395595.jpg

c0093101_19521525.jpg
c0093101_18395318.jpg

c0093101_1952915.jpg
c0093101_1952393.png
c0093101_19515261.jpg









.
by astronautics | 2017-05-27 23:50 | たまには考える男

フランドルをやらないなんて

今年はフランドルのオフィシャル放送が無い。
日本国内では放映権者が変わってそうなってしまった。
まさかフランドルをやらないなんて。
なんつったって世界一のワンデーレースだ。
とはいえ、他のスポーツに比べるとたいしたことが無かったということなんだろう。
ここ数年はJスポのおかげで自転車レースのライブが自転車乗りや自転車マニアだけだったものが、確実に観戦のみのヒトを増やしてきた事実。
別にオフィシャルの配信が無かろうともストリーミングでいくらでも見る事ができる現実はあるものの。
こうしてビッグレースの放映が途切れるのは自転車界にとっては不利益でしかないのだろう。
c0093101_182686.jpg
c0093101_1826261.jpg
c0093101_1826090.jpg
c0093101_18255557.jpg
c0093101_18255711.jpg
視聴者目線でいけば。
世界選手権みたいにYouTube配信で全然構わないんだけど。
それじゃ放映権収入を放棄してるみたいだからダメなんだろうな。
日本語実況と解説を必要としている層も確実にあるだろうから、今回のような喧噪が長引かないといいけれど。








.
by astronautics | 2017-04-03 23:50 | たまには考える男

ディスクブレーキを考えさせられた男

ロードバイクはディスクブレーキにとって唯一のフロンティアと云えるのかもしれない。
いまやどのジャンルにも搭載されたといって良いだろうディスクブレーキシステム。
しかし、ロードレーサーにおいてはルール整備のあたりから着手整備している段階。
未だに必要はないと云いきってしまうサイクリストが多いなか。
モノは既にあふれている程度にあり。
シマノの新しいデュラはディスクブレーキも採用したコンポーネントであるし。
あのカンパニョーロですら、ディスクブレーキを開発。
そして、これは個人的な意見だけれど、カンパニョーロのディスクブレーキキャリパーがいちばん格好良いと思える。
そこにリスペクトがある。
c0093101_20423936.jpg

c0093101_20424244.jpg

c0093101_20424425.jpg
有史以来の進化を続けて来た自転車。
其れはレーサーのために、確実に速く走るために進化していった歴史である。
そのなかで速いだけではない進化もあって、居住性や快適性に安全性での進化が合わさって今がある。
多段変速も、コンパクトクランクも、電動変速も、ワイドレシオも、太いタイヤも、割れたサドルも、、、、。
恩恵を受けるのはレーサーのみではなく。
一般の幅広い脚質を持ったサイクリストたちも同じく。
そういった進化の系譜にディスクブレーキもあるのであれば、ディスクブレーキはおおくのサイクリストたちに歓迎されることだろう。
c0093101_20423625.jpg
今のディスクブレーキシステムのままでもじゅうぶんにロードレーサーに適合していると思える。
しかし、さらにロードレーサーに合わせた進化を遂げていくのなら、長い悪天候の距離でも無くなってしまわないパッド、車輪交換してもセンタリング調整可能なシステム。
そんなキャリパーブレーキの良さと合わさったディスクブレーキが出来ればカンペキなんだと思うけど。









.
by astronautics | 2016-11-21 23:50 | たまには考える男

ロードのブレーキに考えさせられる男

とあるカスタマーのご依頼でSRAM RED22のブレーキから。
新発売されたシマノのR9100への交換作業をさせていただきました。
メインコンポーネントがSRAMという方でも、シマノのブレーキをお使いの方は少なくない。
9000以降のシマノのコンポーネントの進化は凄まじいものがありまして、元々7800時代から定評のあったブレーキキャリパーも異常進化を遂げて今に至ります。
c0093101_19474691.jpg
其の進化の結果で他のブレーキキャリパーよりも2世代は進んでいるのではないかという印象。
事実、RED22はブレーキ性能に不満を訴えるユーザーが少なくなく。
そういった方にはシマノでルックスやコンポーネント的な揃いに問題が無ければオススメしています。
いまや価格はシマノのほうが高価なくらいですから。
新しいR9100のブレーキキャリパーは過剰とも思えるほどの厚みが特徴。
オールドMTBファンの琴線に響きそうなブレーキブースターのようなモノまで装備しているのです。
c0093101_2025745.jpg
さて。
一部ではディスられ気味のRED22ですが。
進化具合で云えば旧態然としたモノではありません。
其れは見た目に他には無いデザインからもわかるというもの。
前後シングルピボットという大幅な割り切り。
其れによる抜群の軽量さと、エアロ性能が特徴。
まるで制動力を犠牲にしたかのようなデザイン。
個人的には不満なく気に入ってますが、これから次世代に進化する場合はどうなるか楽しみなところでもあります。
c0093101_19465282.jpg
他のコンポーネントメーカーと比較していくなかで進化の系譜が完全に停止しているのはカンパニョーロになってしまうのでしょう。
スケルトンと称してアーム部分を肉抜きしたデザインを発表してもう10年近く?
其の10年のなかで基本的な仕様は変わっていないどころか、各所に散りばめられていたチタン製パーツをアルミやステンレスに変更していってしまっているというマニア的に嬉しくない感じになってしまった現行モデル。
c0093101_19464786.jpg
其の10年間に劇的に変わったところを挙げればブレーキシューホルダーにストッパーが付いたことでしょうか。
あ、そうそう前後デュアルピボットにすることもオプションでできるようになりましたね。
他のメーカーよりも思い切っているのはアルミパーツを多用している点と、いち早くトルクスを導入して携帯ツールにT25のトルクスが追加されていったことでしょうか。
変速系のレバーや前後メカ、駆動系のクランクあたりは順次進化を遂げているなかで、唯一残されているパーツと云っても過言ではないカンパのブレーキ。
今後の進化に期待したい部分と云えます。
c0093101_207856.jpg
もはや3大コンポーネントメーカーでじゅうぶんに性能に不満が無く、完全に満たされてしまっている感はありますが、かつてはこんな名品がありました。
MAVICのブレーキ。
車輪脱着時に使用するクイックリリースが無いので主にカンパニョーロユーザー向けでした。
当時は珍しかった黒いボディーが格好良く。
さらに斬新とも云える板バネで引きは軽く、効きは良く、折れないといういいことずくめなキャリパー。
いまでは絶版のブレーキですがファンは多かったですね。
c0093101_19465061.jpg
あとサードパーティーに眼を向けると軽量さがウリのゼログラヴィティ。
なつかしい。
今では全然見なくなったなぁ。
c0093101_19465773.jpg
今後のディスクブレーキの台頭でこのリムブレーキの進化がどこまでいつまで続くのかは歴史のみぞ知るところではありますが。
ディスクブレーキへの移行を先頭で推進するシマノが未だにリムブレーキにも情熱を注いだ製品を出して来るあたりにまだまだリムブレーキの未来は暗くはないのかなとも思います。










.
by astronautics | 2016-11-20 23:50 | たまには考える男

Edge820Jは59,800YEN

新しいメーターだ。
820Jはセットで59800円。
これは810Jのセットと同じ値段にあたる。
わたしはある感慨にふけった。
自転車のメーターの値段も上がったなぁと。
c0093101_2340656.jpg
しかし、GARMINが単純に値段が高いだけということになるかというと。
そうは思わない。
わたしがはじめて買ったGARMINはedge705だったけれど。
当時は59,800円以上したはず。
ズバ抜けて高価なメーターだったけれどedge705を装備したことはわたしのサイクリング人生において革命的な出来事になった。
カラー液晶。
バックライト。
今までのメーターからすると異様に多い項目から表示したい項目を選ぶことができるカスタマイズ機能。
GPSのサイクリングコンピューターはホィールマグネット要らず。
ロードレーサーは無駄なモノを付けない美学に叶った製品と云える。
ルートを設定すれば、その通りに走ることもできた。
色々なルートを描いてはなぞるように走ることが出来るようになったのだ。
さらに、STRAVAでKOM遊びが共有できて。
練習の記録を残すことができるようになった。
そして、なによりedge705はフォントがカッコよかったんだよなぁ。
マウントはダメだったけど。
c0093101_2340992.jpg
GARMIN前夜のメーターと云えば。
キャットアイの手軽なモデル。
有線のモデルは組み付けに凝ることができたけれど。
コードレスになるとそういうコダワリも一瞬にして古き良き記憶にされてしまった。
まるでDi2からeTapに渡る系譜を見るかのように。
c0093101_23401380.jpg
SRMもムカシは防水性能が弱かったみたいで、雨がちの日はラップ巻いて使っているヒト居たなぁ。
SRMは気温を表示することが画期的だなぁと思ったわけだけど。
パワータップにもメーターがあって初期は有線だった。
そういうわけで、当時はパワーを見るには専用のメーターを必要とした。
c0093101_23402248.jpg
けれど、GARMINショックが総てを変えてしまった。
おかげでパワーメーター側は独自のメーターを必要としなくなった。
ROTOR、QUARQなどが恩恵を受けたと思う。
そして、シマノでさえも!!
新しく登場させる9100のパワーメーターのためにフライトデッキは作ってるの?
Stagesはオリジナルでメーターを出すみたいだけど。。。
c0093101_2340296.jpg
そのムカシはコンポーネントメーカーもオリジナルのメーターを出していたもの。
カンパニョーロはキャットアイ製だったけれど確かにあったよエルゴブレイン。
心拍はもちろん表示しないし、もちろんパワーなんて表示するわけない。
なにがメリットなの?っていうと、ギアポジションを表示するってこと。
アウターインナー。
リアスプロケットのどこにチェーンがかかっているかがわかるという機能。
c0093101_1113318.jpg
c0093101_111359.png
そんなコンポーネントメーカーのためにだけ許されたような独占的に思える機能ですらGARMINが表示してしまうんだから。
とりあえずDi2は発信器を付ければいいし。
eTapはそのままで表示してしまう。
EPSは3世代目で其の機能を実現したような。。。
そう、現代でサイクルコンピューターにギアの段数表示をするには電動のコンポーネントでなければならないのだ。
c0093101_1124356.jpg
GARMIN革命の前に多数のサイクリストに愛用されていたのはPolarだったのではないだろうか。
当時は心拍トレーニングが一世を風靡。
信号ストップのたびにピーピー鳴ってたのがなつかしい。
GARMINみたいな拡張性や、カスタマイズができないのが決定的な致命傷になったと思うけど。
今思えばGARMINの現在のマウント方法はPolarのCSシリーズに似ている。
c0093101_23402649.jpg
GARMINは市場を作った。
其れは数多くあるアフターマーケットマウントたちに代表されるように。
数多くのマウントブランドが出現した。
主にGARMINのマウントばかりを作っているだけのメーカーが数多くできるなんて数年前には誰が予想できたことだろう。
そして、オリジナルのメーターを持たないパワーメーターの拠り所になった。
さらに、インターネット上のサービスもそうだろう。
メーター自体の無限の拡張性がもたらした恩恵と云える。
奥が深いメーターとも云える。
其れはGARMINというメーターを使いこなしているか、使いこなしていないかの永遠の議論になりがちだけれど。
個人的には誰にでもフィットしてしまう万能なメーターと云えるのではないかと思うわけ。
c0093101_2341579.jpg
現在GARMINの1強状態にある。
だからかもしれない。
GARMINは、ある意味での「反感?」も買った。
ネタになってるというわけだ。
NO GARMIN NO RULES
まぁ。
たしかに。
GARMINユーザーの一部には走る実験室になっている向きや、メーターの指示に従って走りを構築している向きが少なくない。
まるでメーターに支配されているかのように。
c0093101_2342024.png
さて。
edge820が売れるか売れないかはわからないけれど。
とりあえずメーターのみの設定も用意したほうがいいと思う。
そういう新作の話題は他所にしてもまだGARMINの1強状態は続きそうだ。
もしかすると、これから画期的なメーターが出るのかもしれない。
GARMINのように一世風靡をしてしまうかもしれない。
そんな出会いを楽しみにして、いまは手持ちのGARMINで遊び尽くそうと思う。
高価なモノほど使い切ることにリスペクトがあると思う。








.
by astronautics | 2016-09-16 23:50 | たまには考える男

Phirosophy Bikeが見せる自転車の未来

Nahbs2016での1台。
もしかすると。
これからのシーンを象徴する1台なのかもしれない。
其れはディスクであること。
太いタイヤを履くことができること。
フロントシングルであること。
フレームポンプを装備していること。
ボトルが3本装備できること。
ともするとレースを連想させないこと。

c0093101_1511663.jpg

c0093101_1511884.jpg

c0093101_15111177.jpg

c0093101_1511484.jpg


クルマでいうところのSUV。
ロードレーサーといえばスポーツカーのポジション。
極端なハナシ、其れはスーパーカーであり。
カブリオレでもある。
生活感が無い、走るためだけの自転車。
そして、競技仕様でもある。
レーサーに乗っていてレースに出ないオトナは少なくないと思うけど。
フルカスタムバイクを造るのであれば。
こういう選択肢があってもいいのではないかと。
思うわけである。









.
by astronautics | 2016-03-12 23:50 | たまには考える男