カテゴリ:XL振興会( 205 )

XL振興会

永遠のロングセラーなんてない。
Radarlockはまだロングセラー中だが。
イヤーソックに関しては。
ホットピンクというカラーに至っては。
廃盤。
ディスコン。
モデル落ち。
キャタログ落ち。
注文できない。
そこにリスペクトはない。

c0093101_19131749.jpg
c0093101_19131742.jpg
c0093101_19131755.jpg
c0093101_19131741.jpg


すでに。
サイクリング用のサングラスとしては洋ナシのRadarlock。
まさにサイクリング向きであるRadarlock XLはとっくのとおにディスコンなのだから。
とはいえサイクリングだけが御用のサングラスではないRadarlock。
今やゴルフで松山はいつもコレだし。
野球でもRadar EVよりもRadarlockの方が多くないか?
そういうリスペクトもある。













.

by astronautics | 2019-02-05 23:55 | XL振興会

XL振興会

ついに手にした。
すごいな。
あんなに欲しかったものが。
まぁ入手先もなく諦め。
心の闇に葬り。
ほぼ忘れかけて。
ナンダ、今見るとちょっと古臭いか。
とか思い出しつつも。
思い出クラスのレヴェルで回想されるものだったのだけど。
こうして自分のモノになって目の前に来ることもあるとはな。
海外の骨董市場は並のレヴェルではない。
掘り出し物もあるもんだ。
さて、心配していた中古具合はというと、、、、。
70/100という具合だろうか。
プリントは落ちており。
まぁ、これはこのままでいいのかもアジとして。
左右のピンクとブルーはとても綺麗な状態で。
ベージュは塗装だった。
其の塗装がちょっと部分的にはパリパリとキテいるものの。
これ以上の崩壊はないものと考えたい。
なぜなら。

盆栽屋、物持ちの良いほうに付。


c0093101_19130319.jpg


分解して汚れを落としましょう。


c0093101_19134946.jpg


付属のRed Iridiumもまだまだ使えそうなレヴェル。
しかし、このフレームだとBlack Iridium、長江なんかが合いそう。
そしてJadeとかは破滅的に似合わなそう。


c0093101_19135046.jpg


クリアレンズも付いてきた。
これはかなり綺麗。


c0093101_19130600.jpg


コレは使いまくります。
モデル的には飾っていても良いレヴェルではありますが。

そこにリスペクトがある。












.

by astronautics | 2018-12-29 23:59 | XL振興会

XL振興会

いよいよか。
よかよか。
夢にまで見たXL。
奇跡が起きた。
そう云っても過言ではない模様。
2018の締めくくりとしては実に縁起の良いカタチになったのではないか。
そこにリスペクトがある。


c0093101_00473359.jpg
c0093101_00474560.jpg
c0093101_00474608.jpg


むかしのブログを見てみると。
来日したJ-POWから直接買おうとしていたようだ。
未遂。
ジャパンカップではないし。
そんな根性は到底ない。
そして、それほどの英語ができない。
そしてわたしが知る限り、きっとJ-POWに其のハナシを打ち明けてもきっと譲ってくれたりすることはなかっただろう。
なにせ、まだまだスポンサードが続いていた製品だったし。


c0093101_00474690.jpg
c0093101_00475334.jpg
c0093101_00473382.jpg


とまぁ。
いくつかの困難辛苦。
辛酸の海のいくつか。
あったのかは知らないが。
およそ6年の時を越えて。
まさに歪んだ時空が味方したのか。
わたしのXLへの一途な思いに神が微笑んでくれた、、、のかもしれない。
あーリスペクトあるなぁ。


c0093101_00483401.png


とはいえ。
まだ手にしていない。
画像で見えていた塗装の痛み。
これも妄想空間では、まぁアリかも。
なぁ〜んて思えるようになって来た。
さすがに汚れてる部分はちゃんと清掃するし、イヤーソック類も交換するけど。
早くこないかなぁ。
楽しみだ。











.

by astronautics | 2018-12-24 23:59 | XL振興会

XL振興会

サングラスのフレーム。
とくにスポーツようとなると色もまぁーいろいろあるわけだけど。
やはり基本は白?
もしくは黒?

個人的に、基本は白だと思っている。
やはりスポーツ用だから。
そして、いろいろに飽きてきたら黒。
そんな黒。
なんだかんだで出番が多い。
そこにリスペクトがある。


c0093101_20504634.jpg
c0093101_20505008.jpg
c0093101_20505259.jpg


どちらもつや消し。
しかもホワイトはフレームをヤスリで磨いただけの簡易つや消し。
これはなかなかのアイデア賞もんだなと自画自賛したもんだったけれど。
やはりというか、まぁツヤ消しの運命線で汚れやすい。
気がついたらうっすらグレーというか。
やや黄ばんでいるというか。
だからまた掃除。
其れができるのが自家磨きのポイントでもある。
サングラスにもメンテナンスが必要です。
スポーツ用なのでいつも新品のような風情が好ましいと思います。
イヤーソックも綺麗な状態でお願いしますね。












.

by astronautics | 2018-12-21 23:59 | XL振興会

XL振興会

これは買って良かった一本。
まぁ、運が良かったよねー。
そこにリスペクトがある。


c0093101_23555526.jpg
c0093101_23555450.jpg
c0093101_23560389.jpg
c0093101_23561384.jpg
c0093101_23561836.jpg











.

by astronautics | 2018-12-18 23:59 | XL振興会

XL振興会

そういえばこんなフロッグスキンもあったな。
懐かしい。

c0093101_17364254.jpg
c0093101_17364156.jpg
c0093101_17364282.jpg
c0093101_17364767.jpg
c0093101_17364825.jpg
c0093101_17364881.jpg


Rapha Focusチームは選手のポストカードを作ってました。
各レース会場で配ってたりしたのでしょうか。
これはいいですよね。
真似したいところですけど。
リスペクトがあります。










.

by astronautics | 2018-12-07 23:59 | XL振興会

XL振興会

時が来た。
ついに来た。
こういう時も来るもんだ。
まるでマボロシの野鳥が現れるのをずっと待っていた野鳥の会のヒトのような気分。
まさに出物。
掘り出し物。
参考画像を拡大表示すればすでに使用感のある痛みが確認できるけれど。
新品は無い。
こういう機会も無い。
そしたらどうする。
まさに特攻するほか無いだろう。
そこにリスペクトがある。


c0093101_15265117.jpg


Radarlock XLはオークリーの中でもかなり短命な位置付けであったモデル。
だけど、其の後リリースされるサングラスたちはほぼワイドレンズで展開されるという「XL化」の先鞭をつけた記念碑的モデルという位置付けで問題無いだろう。

そんな存在価値はあるけれど、不遇の扱いを受けたサングラス。
日本国内での取り扱いはなかったし。
限定モデルの存在もツールドフランスとこのRapha Focusモデルのみ。
しかも、このRapha Focusモデルは当時のチームに所属するアスリートと、関係者のみに供給されたのみで、販売はチャリテぃオークションで数本が現実世界に降りてきたのみ。
それくらいに激レアと云える。

c0093101_15272034.jpg


このサングラスはチームモデルだから、当時のチームに居たJ-Powなんかもかけていたわけだけど。
個人的にはこのサングラスはJulieのイメージがある。

Julieは今ではThe AthleticをパートナーのJDと一緒に経営をしており。
其のJDはXLを世界的に最も早くサイクリングシーンに使用したXL尊師としてXL界隈では崇め奉られているファッションリーダーでもある。
当時はまでJDはRaphaの社員でもあったので、この限定サングラスの実現にはJDのプッシュも少なからず影響していると思っていたのだが。


c0093101_15265902.jpg


買える機会、入手できる機会は少しだけあったけれど。
いろいろと断念や其の機会も活かせないまま時は過ぎて、アメリカ旅行の中でご本人たちに直接お会いできて。
其の短い時間のあいだでも、Julieが当時のチームサングラスを普段使いしてるのを見て、「オォ〜!」って個人的に思ったりして、同時に結構プリントが剥がれているのが見えて傷んでるんだなぁって思ったりして。
あれはみんなでお昼を食べに行った時だったなぁ。
懐かしい。
もう3年前。


c0093101_15265824.jpg
c0093101_15270769.jpg


そんなJulieとも今ではメールのやり取りがある関係に。
もちろんビジネスということなんですが。
其れでも、かつては画面を通して一方的に見ていたヒトと話したり、連絡を取り合ったり、さらにはコラボレーションしたりしてるのは、振り返るとまぁすごいなと考えさせられます。
これがリスペクトなんですね。
新しいコラボレーションソックスも出ますのでよろしくお願いします。
この冬のうちには出るはずです。


c0093101_15271709.jpg
c0093101_15272026.jpg


さて、サングラス。
一体誰が放出したのか。
多分、当時のレーサーのうちの一人なんじゃないかなと軽く予想してみるが。
まぁ、誰でもいいや。
そもそもゲットできるかもわからない。
もはや、別に強烈に欲しいと云うほどのもではないけれど。

衝動買いはしてないか?

過去に買い逃した。
というよりか、この製品は買うことすらできなかったというレヴェルに等しい。
其れがいよいよ買えるチャンス。
もうここで動かぬ盆栽屋は無しと云えるだろう。
そこにリスペクトがある。


c0093101_15272054.jpg











.

by astronautics | 2018-12-03 23:50 | XL振興会

XL振興会

さいきん、XL界隈もどんどんレンズの範囲が拡大してきて。
もうこれはXXLみたいな?
そういったサングラスも見受ける昨今。
例えばWind Jacket。
もともとは?
スキー用みたいですよ?
うーん、真偽のほどはどうか分かりませんけど。
スキー用だから自転車にはダメとか、自転車用だからスキーはダメとか。
そんなこと云い出す方が無粋ではありますね。
でもまぁ、ハードコアー界隈では出自も気になるというか。
フツーのメガネやら、サングラスして自転車に乗る向きもあるなかで。
そういったのは自由と云いますか。
安全性とか、風の巻き込みとか大丈夫かな?とか思いますけど。
まぁ自由ということで。


c0093101_17574651.jpg

このカモフラはいいかもと思いました。
カモフラを表現するにはやはりフレームの面積がそれなりに必要であるというお手本ですね。

c0093101_17574966.jpg
c0093101_17575272.jpg


そして、このピンク。
もしくはオレンジでもいいわけですが。
しばらく見ていると何かに似てるなと思いました。
c0093101_17575772.jpg
其れはナンだろう?




c0093101_17575916.jpg


あ、折り紙のカニか。


c0093101_17580291.jpg


それからもう。
カニに見えて仕方なくなってきました。


c0093101_17581212.jpg



このカスタムペイントもそんなつもりじゃなかろうに。
たまたまってことがあるんですね。


c0093101_17581479.jpg


あ、、、。


c0093101_17581634.jpg









.

by astronautics | 2018-11-13 23:50 | XL振興会

XL振興会

ここでデマールの色眼鏡に注目。
なかなか良い。
フランス人照り。
元フランスチャンピオンなだけに許される其れ。
トリコロールカラー。
革命の色。
フレーム面積が小さいRadar EVにはこういう塗り分け手法が効果的かと思ったりして。
そこにリスペクトがある。

c0093101_17022874.jpg
c0093101_17022877.png
c0093101_17022804.jpg
c0093101_17022883.jpg
c0093101_17022819.jpg










.

by astronautics | 2018-11-01 23:50 | XL振興会

XL振興会

カスタムサングラス。
其れは衝撃と共に訪れた。
あれはもう6-7年前のことだったろうか。
本当に衝撃を受けた。
其れと同時に、強く欲しいと思ったよ。
もちろん使うため。
置物にはしない。
そんなこのフレームは。
ごく少量だけがチャリティ目的のオークションにかけられた。
噂では$800くらいだったとか。
さすがに高いか。
其の後、時を経て流出したアメリカチャンピオンのフレームは市場に並んでいるのを見た。
もちろん高額。
そして、こうして過去に存在していたホットなアイテムたちを。
今の時代の目線で見ると。
やはり時の経過を感じて。
何か古く感じてしまうような。
そしてきっと、その時に手にしていても。
長くは使っていないモノにあっていたのではないだろうか。


c0093101_19253580.jpg


さて。
そんな未来人の判断は。
常に賢明なものだったのだろうか。
そこにリスペクトはない。











.

by astronautics | 2018-09-28 23:50 | XL振興会