カテゴリ:XL振興会( 176 )

XL振興会

XL。
もはや、わたしがこのメトロポリストーキョーの片隅から拡声器で怒鳴り散らすこともない。
そんなことは致さなくでも良いくらいに普及しているXL。
すでに、とある地域で振興されていたXL。
其れはプロのペロトンだ。
究極のエッジー。
そこにXLがある。
c0093101_1714314.jpg
ファッションサイクリスト、テイラー・フィニー氏はやはり使っていた。
TTに。
RADAR XL。
c0093101_1714823.jpg
クラシックに強いセバスチャン・ランゲウェルドも。
RADAR XL。
レンズはG26。
c0093101_1722049.jpg
XL業界の大エース。
XLの世界チャンピオンであるボーネンは数多くのXL持ちである。
ブルーにアイコンがホワイトのXL。
こんなスペヒャルなモノをすでに使用していたなんて…。
リスペクトがある。
c0093101_1722725.jpg

by astronautics | 2013-03-06 23:50 | XL振興会

XL振興会

Quick StepチームでXLが普及している。
チームぐるみのドープは過去に他のチームでも見受けられたものだが。
こういったチームぐるみでのXL使用は他では見られない。
あ。
シクロクロスではRapha Focusチームか。
けれどもロードのチームでは初めての現象である。
そこにリスペクトがある。
c0093101_18165889.jpg
c0093101_18171042.jpg
c0093101_18165937.jpg
c0093101_18165833.jpg






すべてを牽引しているのはチームエースのボーネンか?
すばらしいチームだ。
クラシックでも、もちろん応援している。
by astronautics | 2013-02-28 23:50 | XL振興会

XL振興会

アームストロング。
女子にも居るのはご存知だろうか?
いまや、盆栽屋のRADARは男性のみにとどまらず。
女性の世界も覗き見するという有様。
昨年の夏。
オリンピックを振り返ってみれば。
クリスティン・アームストロング。
アメリカ代表。
TTではRadarLock XLである。
この時点でRadarLock XLの登場とは…。
相当に早い段階。
もしかすると男子も抜いて一番ということにはならないだろうか。
c0093101_16331793.jpg
c0093101_16331968.jpg

ゴォォォォー。

c0093101_16332221.jpg
c0093101_16332428.jpg
金メダル。
其れはXL級の輝き。
リスペクトがあります。
by astronautics | 2013-02-22 23:50 | XL振興会

XL振興会

手に入れたいのはXLの視界。
それなのに日本の視野は無関心。
どうやら野球のペロトンを気にしているようだが。
リスペクトは無い。
こちとら自転車屋である。
かく云うわたしの視線はXLであるかと云えば。
そうではなくスポイトの先くらいに狭い世界。
自転車のペロトンを見ている。
日本ではシカトされ続けているXLであるが。
今、じわじわと熱量が上がっていることを過去のXLノートにも記してきた。
そんななか、独りのハードコアーが勇気をくれたのをわたしは忘れない。
ありがとう。
トム・ボーネン。
元世界チャンピオン。
ベルギーの英雄。
カレをXLのリーダーに任命しよう。
リスペクトがある。
c0093101_18344636.jpg
2012年の世界戦ではRADAR XLだった。
国内選手権でもRADAR XLを使用していた。
これからのクラシックシーズンでも使用が期待される。
ヘットホルクでも、ドワーズドアーでも、E3でも、サンレモでも、クールネでも、ヘントでも、デパンヌでも、フランドルでも、ルーベでも…。
そこにリスペクトがある。
c0093101_18343374.jpg
ロード界を代表するスーパースターであるボーネンがXLのユーザーであるということに勇気づけられる。
誇らしい。
相変わらず、日本には正規で上陸しないこのサングラス。
そんな閉口の事実に直面をしても。
なんてことない。
そう思わせてくれる。
ありがとう。
ボーネン。
これからもXLを広告しておくれ。
c0093101_18345266.jpg
c0093101_18343172.jpg
もちろん。
フツーのRADARLOCKも御使用されてます。
色はフツーじゃあないけれど。
c0093101_18342421.jpg
そして、2013シーズンもこのサングラスで。
其れは、RADARLOCK XL。
またしても色は特別なカラー。
そこにリスペクトがある。
c0093101_18345541.jpg
フレームはヴェンヂ。
またしてもスペヒャルなカラーです。
チャンピオンですから。
これがファッションサイクリストです。
by astronautics | 2013-02-20 23:50 | XL振興会

XL振興会

わたしは見ていた。
J-POW。
知っていた。
持っていていたRadarLock XLはRapha-Focusのチームカラー。
結局のところ、1日目も2日目も。
カレの瞳はファイヤーイリジウムだった。
c0093101_2126742.jpg

Photo by カスタマーS氏

c0093101_21261045.jpg
c0093101_21261379.jpg
c0093101_21261673.jpg
c0093101_21261985.jpg
わたしは知らなかった。
カレは体調不良だったらしい。
たしかに、あるときはハイテンションのJ-POWらしさを見せたと思ったら、テントに戻ると元気がなさそうだった。
それなのに優勝してしまうとは。
すばらしいセンスと根性。
リスペクトがある。
そして、結局のところ。
わたしはカレにサングラスをねだることはしなかった。
其れはあたらしいヒントを得たからである。
塗装行程は無限大。
やはりRadarLock的にはマルチカラーにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-02-14 23:50 | XL振興会

XL振興会

このあいだ。
NIKEのシューズを履く男で紹介したTEAM SKYのケノー。
忘れてはいけないことがあった。
そうそう。
ヒーの額には。
そうだ。
RADAR XL。
カレもXL振興会の一員だったというわけだ。
リスペクトがある。
c0093101_23403625.jpg
そういえば。
先日のRaphaのチャリティオークションのアイテムだったRapha-FocusモデルはフツーのRADARLOCKではなく。
RADARLOCK XLだったな。
やはり、リスペクトがある。
来日時にCEOのサイモン氏がかけていたのもコレ。
盆栽屋がサイモン氏に「ちょうだい」とねだったのもコレ。
c0093101_23404274.jpg
c0093101_2340432.jpg
なぜにRaphaが、Rapha-FocusチームがフツーのRADARLOCKではなく。
RADARLOCK XLをカスタムしたのか。
其の想いに考えをめぐらせると。
XLにたいする有形無形のリスペクトをたぐり寄せることができるのであろうに。
日本の扱いが無いという門前払い状態を見ると。
そんなことは極東の地ではどうでもいいんだなという。
また違う種類のリスペクトにたどり着くのである。
c0093101_23405286.jpg
世界的なひろがりを見せるXL。
其の存在は超コアである。
つまり、ハードコアーなのである。
決して売れ線では無いだろう。
其の幅的に。
使ってみれば良さがわかるってもんだけど。
其のチャンスも転がさないんじゃあ。
それはリスペクトがないと云わざるをえない。
by astronautics | 2013-02-11 23:50 | XL振興会

XL振興会

お台場のほうからナニヤラ臭う。
独立自尊の道においては。
五感の総てを。
さらには六感すらも研ぎすましておきたいところであるが。
この嗅覚はさらに磨いておきたい感覚である。
そこで。
XLの臭いに気付いた盆栽屋。
リスペクトがある。
c0093101_17101976.jpg
シクロクロス・トーキョー。
お台場。
今年はJ-POWが来るのか。
前アメリカチャンピオン。
Rapha-Focusチーム。
こういった外国人選手がシーズン末にやってくる興行では。
使っていた機材を販売して帰ることは珍しいことではない。
ジャパンカップで繰り返されている風景である。
さいきんではプロチームのオフィシャルサイトでも使い古しの払い下げ品を売っているくらいである。
c0093101_1710215.jpg
わたしは知っている。
J-POWがXLのユーザーであることを。
ヒーの影響かは定かではないが。
Rapha-FocusチームにはXLのユーザーが多い。
そして、エースであるJ-POWは最新のRadarlock XLのサングラスをいくつも所有するファッションサイクリスト。
c0093101_17103651.jpg
まだXLが発表されていなかった時期のクロスべガスではホワイトを。
さらには、トリコロールのアメリカチャンピオンカラー。
もちろん、Rapha-Focusチームカラーもお持ちである。
チャンピオンジャージを失う事になってしまったアメリカの国内選手権では販売されているオレンジを装着していたが。
他のカラーはオリジナルばかり。
酔狂である。
リスペクトでがある。
c0093101_1710297.jpg
c0093101_17111745.jpg
c0093101_17121790.jpg
さて。
お台場での初日。
SNSを眺めていれば現場の画像がパラパラと流れてきた。
J-POWはRapha-Focusモデルをしてホテルから出てきたようだ。
日本に持ってきているのはこの1個だけだろうか。
もしかしたら、売ってくれるのかしら。
直接確認しに行くべきなのだが。
リスペクトが問われる。
c0093101_17104238.jpg
さて。
ここまで悶々と考えて気付いたことがひとつ。
こういったスター愛用のアイテム。
万が一入手できたとしても。
使う事が出来るのだろうか。
本分としては後生大事に飾っておくのがリスペクトなのではないか。
わたしの場合はあくまで自分が使うために触手を伸ばそうという。
もしくは、猛禽類の瞳を輝かせようという。
そういったリスペクトに他ならないのである。
by astronautics | 2013-02-10 23:50 | XL振興会

XL振興会

時差は無い。
え。
どこ?
オーストラリアでの出来事。
あちらは夏である。
シーズンの真最中。
チャンピオンズレース。
テーテーもロードも二冠達成。
其れは誰?
ヒーイズ、ダーブリッジ。
リスペクトがある。
そして、ヒーは。
XLユーザーである。
c0093101_23534710.jpg
c0093101_23534751.jpg
c0093101_23534622.jpg
c0093101_23534529.jpg
さて。
XL。
こんなにも選手たちに愛されているにもかかわらず。
日本での正規品は入って来ないという状況。
人気が無いというのが理由らしいが。
どうだろうか?
時代は変わった。
プロトンのなかでは既に認められた存在。
XLにリスペクトがある。
遠く太平洋を越えた米国では。
RADAR XLは継続で販売されている。
RADARLOCK XLも新発売という状況。
今。
この瞬間。
再評価されていいはずである。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-01-30 23:50 | XL振興会

XL振興会

まさかここでも発見してしまうとは思わなかったぜ。
LAのサイクリストKelli。
RITTEチームにも居るカノジョ。
トラックを走る姿にサングラスはまぎれも無くXL。
ファッションサイクリストはやはり。
XLなのだろうか。
RADAR XL。
シーの場合は。
RADARLOCK XL。
そこにリスペクトがある。
c0093101_16164023.jpg
c0093101_16163891.jpg
c0093101_16163363.jpg
c0093101_17564923.jpg
c0093101_17564728.jpg

そんなKelliのムービーはコチラ ☞ http://vimeo.com/36472516

お仕事は理容師さんのようです。
by astronautics | 2013-01-28 23:50 | XL振興会

XL振興会

RADARLOCKが出ようとも。
RADARも現行。
いまだにM-Frameもラインナップにあるなか。
XLも同じ。
ラインナップ覗けば。
いまだに10ものレンズヴァリエーション
まあ、10という数は最小限とも云えなくもないか。
そこにリスペクトがある。
c0093101_2344244.jpg
c0093101_23442592.jpg
c0093101_23442551.jpg
c0093101_23442685.jpg
c0093101_23442666.jpg
さて。
盆栽屋。
すでにジョーボーン手元にない。
RADARに完全乗り換えを済ませた。
レンズもすでに5種類を揃えたが。
まだまだ必要だとカラダが要請している。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-01-27 23:40 | XL振興会