<   2018年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

サメはパーツを揃える 【BB】

BB。
規格乱立のBB業界。
ネクストフレームにはT47のスレッドになるということで。
BBも変えなきゃいかんのか。
まぁイオン発生を抑制するねじきりフィットは歓迎。
そこでちょうどいいのが出てた。
T47 ThresdFit 30X
そこにリスペクトがある。

c0093101_16094452.jpg
c0093101_15391085.jpg


以前までのBB。
PressFit 30に無理やりスレッドアダプターセットと比較すると。
おお、まぁまぁ重いか。
けれど真ん中のシャフトカバーを外せば同じ重量。
単なる黒い筒やんけ。
実はそうでもない。
ちゃんと意味があるパーツ。
無いなら無いでいいわけだけど。
せっかくだから今回は使う方向で調整しようかなぁ〜。


c0093101_15391090.jpg

BBの規格乱立。
なぜこうなってしまうのか。
メーカーの商売的な都合か。
剛性の高いクランクを使用できるようにするためか。
軽量化のためか。
BBに接合するパイプを太くしたいためか。
いろいろな意図を見抜く必要があるでしょう。
そこにリスペクトがある。


c0093101_15573490.jpg










.

by astronautics | 2018-09-30 23:50 | 自転車とヨシダ

ポーリーンのAETHER MIPS

はやくも導入の模様。

c0093101_18431782.jpg
c0093101_18431870.jpg
c0093101_18431708.jpg










.

by astronautics | 2018-09-29 23:50 | サイクルモードヨシダ

メーター問題

ここにきてメーター問題。
幾つかのモデルチェンジやら。
買い替えを経て。
結局はedge810に出戻りの盆栽屋。
現行品ではない。
いつ壊れてしまうかわからない。
そんなヤワなモノではないものの。
長くて3年くらい?
そんな810もむちゃくちゃお気に入りというわけでもなく。
何んとなく惰性の付き合いというか。
妥協の関係性が見える。
だからネクストレヴェルというか。
次のメーターを模索する盆栽屋。
そこでこれはどうだろうと思った。
ハンマーヘッド。
実は海外からの旅行者によって実機を見たことはある。
まるでスマホのような液晶。
そこにリスペクトがある。

c0093101_16080325.jpg


ただ、大きさがネック。
大きすぎ?
あと重すぎ?
今後の展開次第だろうけれど。
もっと簡素なモデルが登場してくれるといいのだが。
とりあえず要注目と云える。


c0093101_16080371.jpeg


さて、他方では。
STAGESで新しいメーターが登場予定の模様。
これはなかなか?良いかも。
なんか昔のカーナビみたいな形なんだけど。
面白いかもしれない。





c0093101_16372370.jpg









.


by astronautics | 2018-09-28 23:50 | 自転車とヨシダ

XL振興会

カスタムサングラス。
其れは衝撃と共に訪れた。
あれはもう6-7年前のことだったろうか。
本当に衝撃を受けた。
其れと同時に、強く欲しいと思ったよ。
もちろん使うため。
置物にはしない。
そんなこのフレームは。
ごく少量だけがチャリティ目的のオークションにかけられた。
噂では$800くらいだったとか。
さすがに高いか。
其の後、時を経て流出したアメリカチャンピオンのフレームは市場に並んでいるのを見た。
もちろん高額。
そして、こうして過去に存在していたホットなアイテムたちを。
今の時代の目線で見ると。
やはり時の経過を感じて。
何か古く感じてしまうような。
そしてきっと、その時に手にしていても。
長くは使っていないモノにあっていたのではないだろうか。


c0093101_19253580.jpg


さて。
そんな未来人の判断は。
常に賢明なものだったのだろうか。
そこにリスペクトはない。











.

by astronautics | 2018-09-28 23:50 | XL振興会

良いモノ

良いモノとは?
デザインや使い心地が優れて自分が気に入るモノで。
なおかつすぐに壊れてしまわないもの。
この壊れてしないものという意味で。
さいきんの製品は誤ったモノ選びをしない限りそういう点で失敗してしまうことが少なくなったと思う。
でも、たまにハズレを引いてしまうとすぐにダメになるものがあって驚く。
さいきんでも、数回使っただけでダメになってしまった製品が個人的にあった。


c0093101_19534276.jpg
c0093101_19534308.jpg
c0093101_19543495.jpg
c0093101_19543573.jpg
c0093101_19543928.jpg


そういった製品は。
デザインは良かったりして。
けれども。
良いモノとくらべて使ってみると使い心地が悪かったりするもので。
さらに消耗も早いと云う。
できればそういうモノには出会いたくないものだけれど。
そういうモノとの出会いが良いモノの価値を高めてくれるし、其の目利きのチカラを与えてくれると思うと無駄ではない気がしてくるのである。
そこにリスペクトがある。











.

by astronautics | 2018-09-27 23:50 | たまには考える男

つい先日は

つい先日のことだった。
有識者の意見を興味深く聴いたものだ。
其れは最近の競技レベルを危惧するものだった。
ナルホド。
トラックのタイムが機材の進化面でしか縮まっていないとか。
ローリングスタートの登りで落車が起きるとか。
レースの平均速度とか。
プロレヴェルやアマチュアレヴェルも含めて。
登りの落車はまぁ驚かされるわけなんだけど。
自分も最後に参加した2013年のオキナワが確かそういう感じで衝撃的な思い出だったよなと。
フンガワの登り序盤で落車が起きまくる集団。
きっとハスリで我慢するとか、集団走行のそういうスキル不足なんだと思うけれど。
実体験もあるからみょうに納得してみたりして。

c0093101_19430047.jpg
c0093101_19430781.jpg
c0093101_19431137.jpg
c0093101_19435243.jpg
c0093101_19431415.jpg
c0093101_19435385.jpg
c0093101_19435363.jpg
では。
この改善策はあるのだろうか。














.

by astronautics | 2018-09-25 23:50 | ヨーリーを探せ

サメはパーツを揃える 【ペダル】

リアルゴールド。
重過ぎ。
食肉みたいに重いほうが価値ある金属。
そういう意味ではレース機材には向かないのだが。
色気だけならいだだきストリート。
そこにリスペクトがある。


c0093101_18292656.jpg


行くなら。
東京の東側。
御徒町の宝飾問屋にて仕入れたブツ。
ブツブツブツ。
ゴールド。



c0093101_18293020.jpg


プレートとネジはチーナ製のモノで。
ちょっとこれ本当に大丈夫?
というくらい軽い。
もしかしてアルミ製だったりする?
そんな疑念すら抱かせる。
チーナ製品にイマイチ信頼が無い昭和脳の盆栽屋。
とはいえ、ドイツ製の
ドイツのマイスター信仰は、とりあえずこのペダルに関しては虚飾やね。



c0093101_18293333.jpg


そんな疑惑のネジも。
組み付けてみるとよくわかる。
あ、これはアルミネジでは無いな、と。
組み付けてみればすぐわかる。
では、耐久性はどうなのか?ということになるけれど。
こればっかりは使ってみないとわからない。
ビンディングをカチッとハメた瞬間にぽろっと折れたネジが路上に転がるかもね。


c0093101_18293646.jpg


ステンレスのノーマルペダルと比べても。
この重量差。
チタンシャフトペダルはキャタログスペックで164gらしいから。
其れでも比較すると17g軽いわけか。
今時流行らない軽量化。
とはいえ、シャフト長が短い純正チタンとは違って、これはステンレスと同じ長さ。
そこにリスペクトがあるんだな。


c0093101_18294104.jpg


ドイツ製のマイスターシャフトに。
チーナ製の嘘っぽいチタンプレート&チタンネジ。



c0093101_18294552.jpg


思えば。
こうしてペダルをカスタム出来るというのは。
もはやスピードプレイにしか許されていない遊びなのかもしれない。
シマノのデュラエースは玉当たり調節ができるけれど。
色気の部分は改造が効かない。
他のブランドに至っては何もいじるところがない。
そういう意味ではスピードプレイは楽しいね。
まさにリスペクトがある。


c0093101_18294718.jpg


今時は軽量化だけとなるとイマイチ需要が無いかもしれませんが。
こうしてカラーも変えられる。
色合いで嬉しい場合とそうでは無い場合があって。
基本的にはコテコテ方向にしか行かないカスタムなわけだけど。
わたしの場合はシャフトをゴールドにしないということで石油王化を避けてみたわけだ。
でも、所詮ペダルだしな。
カラーを変えたところでどうってこともない。
だったら軽量化にこそ価値があるのかも。
うーん。
まぁともかく。
辺境のお店、盆栽自転車店ではこういうカスタムも可能です。
ご興味のある方はご相談ください。









.

by astronautics | 2018-09-24 23:50 | 自転車とヨシダ

其れはレースか?ゲームか?

野球とかサッカー。
まぁ、バスケにバレー。
とにかく球技の類は何かとゲームって云いますよね。
云いますよね。
うん。
で、自転車はどうかというと。
レースって云います。
云いますよね。
他にはモータースポーツなんかはレースですよね、やはり。
そこで競泳や陸上はどうかというと。
まぁ、レースなんでしょうね。
競泳や陸上はともかく。
自転車レース。
とくにサイクルロードレースは其の戦術性をチェスに例えられたりして。
とにかく単細胞では済まされないのが特徴のひとつだと思います。
つまりゲーム性があるといいますか。
F-1などのモータースポーツでも、ピットストップなどで単純な競争からゲーム性を持たせるような仕組みがありますね。
サイクルロードレースもそう。
本来はゲーム性があるはず。
そういったゲームを心底理解して。
心底発揮できて。
心底楽しめる機会があると。
其れは其れはもう楽しいわけですが。
幾つかの条件が揃わないと其のゲーム性は発動されません。
個人的にもそんな境地を味わったのはほんの数回じゃないかなぁ、、、。
そもそも、一部のレーサーにおいては其のゲーム性すら理解されていないのでは?と思うほど。
其れは走る側も、見る側も。
其れくらいロードレースって難しいスポーツなのかもしれません。
ハマったときはむちゃくちゃ楽しいんだけどねぇ〜。


c0093101_19560738.jpg
c0093101_19560762.jpg
c0093101_19560877.jpg
c0093101_19560821.jpg
c0093101_19560808.jpg
c0093101_19560885.jpg
c0093101_19560905.jpg










.

by astronautics | 2018-09-23 23:50 | たまには考える男

続くメーター問題

次のメーターは?
ケータイみたいに決まりがない。
どれも可もなく不可もない状況。
むしろ不可が目立っているのかもしれない。
候補はいくつかあったほうがいいわけで。
いろいろリサーチをしているなかで。
新しいパイオニアがなかなか良さそう。
カラーになったおかげで地図の表示もよろしいようなのでこれはなかなか期待が大きいのではないでしょうか。


c0093101_01034429.jpg
c0093101_01034432.jpg
c0093101_01034484.png
c0093101_01034496.jpg







.


by astronautics | 2018-09-22 23:50 | 自転車とヨシダ

セリーナ!セリーナ!

いやぁ〜。
全米オープン女子決勝は見ごたえありました。
其れはリング上もとい、コート上のハナシではなく。
リングサイドというか。
インサイドワークで黒歴史になったんどえはないだろうか。
新チャンピオンの大阪ナオミは其れはもう大変な賞賛な訳だけど。
対戦したセリーナウィリアムズの暴れっぷりには本当に残念。
其のヒステリーはヒストリーに残るって。
駄洒落を云いたいわけじゃないんだけど。
まぁ酷かった。
男女差別のために戦っているとか?
同じことをやっても男子は反則を取られないとか。
謎。
全てはチャンピオンたる振る舞いではなかったということに集約されるだろうけど。
大阪ナオミは憧れの選手が目の前であんなに取り乱してショックだったんじゃないかなぁ。
幻滅っていうの?
まぁ其れでもしっかり勝利して。
本当にリスペクトですよ。


c0093101_19481968.jpg
c0093101_19481859.jpg
c0093101_19481978.jpg
c0093101_19481984.jpg
c0093101_19482698.jpeg











.

by astronautics | 2018-09-21 23:50 | 自転屋のスポーツ観戦